人気ブログランキング |

2015年 02月 08日 ( 1 )

掃除機の買い換え

c0011875_1224818.jpg 1週間ほど前に掃除機を買い換えた。私は毎週日曜日に、自宅の二階を掃除機で掃除している。2月1日(日)に掃除した時、本体に大きな割れ目があるのに気付いた。この掃除機は購入の記録を取っていなかったので正確な使用期間は分からないが、15年位は使ったと思う。本体の重さ3.7kgの紙パック式のもの。

 その日の午後に、家内と一緒にヤマダ電機に行き、パナソニック製MC-JP500Gという紙パック式の最軽量の掃除機を購入した。店に行く前に各メーカーのサイトをざっと調べたが、なかなか決められない。全く使った事のないサイクロン方式の掃除機も出ている。店で話を聞きながら決めようという事になり、購入機種を決めずに出かけた。

 MC-JP500Gに決めた最大の理由は、本体質量が世界最小の2kgという点。只、今まで使っていた掃除機の吸引力が530Wなのに対し、MC-JP500Gは300Wという点が気にはなったが。サイクロン方式のものを選択しなかったのは、吸い込んだゴミを直接取り出す点に違和感を持ったから。紙パック式では捨てる時はゴミは紙パックに収まっており、触れる事はない。吸引力300Wの点は、実際に使ってみて、問題ないと感じた。

 私が感じたMC-JP500Gの利点は、以下の所。
  ①軽い事。
  ②ノズル部にLED照明が付いていて、暗くてもゴミが良く分かる。
  ③子ノズルへの変更も足で簡単にできる。
  ④ハウス・ダストの有無が赤ランプの点灯で分かる。
by utashima | 2015-02-08 12:17 | 省エネルギー | Trackback | Comments(0)