確定申告の書式が一部変更に

 今日、土浦税務署から、『平成29年分 確定申告のお知らせ』という葉書が届いた。それに依ると、医療費控除に際しては領収書の提出が不要になった。その代わりに、『医療費控除の明細書』の添付が必要になった。なお、領収書は5年間は保存する事と書いてある。

 今までも、私は『医療費控除の明細書』を提出していたので、どういう事だろうと思って、国税庁のサイトを見た。それを見ると、新しい『医療費控除の明細書』は、簡略化されると共に、控除額を計算するための表も追加されていた。このフォームをダウンロードして手書き入力する事もできるが、手書きが面倒なので、EXCELでフォームを作った。

 簡略化されたというのは、医療機関や薬局の住所欄がなくなり、医療内容の欄もなくなった。同じ医療機関や薬局の利用であれば、医療内容が異なっていても、まとめて良いらしい。

 まだ、一つ源泉徴収票が届いていないものがあって確定申告作業は行なっていないので、詳細は分からないが、国税庁サイトに入って行なう作業にも一部変更があるのかも知れない。

[追記(2018年2月6日)]
 1月31日に国税庁のサイトで確定申告の資料を作成した。例年と比べて違いは無かった。Excelで作った『医療費控除の明細書』も印刷して他の資料と合わせて、税務署に郵送した。

by utashima | 2018-01-22 19:17 | パソコン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://utashima.exblog.jp/tb/29174542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 長女が無事に出産 2018年の初詣 >>