超低高度衛星技術試験機(SLATS)が無事に打ち上げられた

 今日(2017年12月23日10時26分22秒)、H2AロケットによりGCOM-C/SLATSが無事に打ち上げられた。今回の打上げは、JAXAのライブ中継で見守った。
 
 私は、2006年秋にSLATSの検討が開始された時から参加してきた。11年を経て、やっと軌道に投入された。
 SLATSは超低高度衛星の技術試験機であり、できるだけ早期に打ち上げて技術を実証し、その後の実用衛星に繋げるという方針であった。そのため、検討開始から3年程度後には打ち上げたいなというのが、検討チームの考えであった。ところが、JAXA内外の色々な問題のため、延び延びとなった。私は2012年に定年退職であり、2006年から6年間あるので、その頃までには上がっているだろうと想像していた。しかし、定年退職後の5年間の再雇用の期間を過ぎても、まだ打ち上がっていなかった。

 こちらの記事に書いたように、5年間の再雇用の後もSLATSの共同研究に参加できる事になり、感謝している。SLATSの運用は、これから2年程度続く。

by utashima | 2017-12-23 14:42 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://utashima.exblog.jp/tb/28718965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017年最後のウイスキー 楽天ブックスの買い物かごの表示 >>