近所に蕎麦屋がオープン

 私は近所にある丸亀製麺に週に1回程度は訪れてうどんを食べている。最近は、「牛すきかけ」(かけうどんに牛肉が入っている)が気に入っている。でも時には蕎麦を食べたいと思う事がある。車で数十分走ると蕎麦屋は色々あるが、できれば歩いて行けるのが希望。数か月前に、土浦野田線を挟んで丸亀製麺の対面付近の空き地に店ができそうと分かった。その空き地には、数年前まで、私がいつも利用していたガソリンスタンドがあった。数週間前に常陸秋そば店(日東農場)ができる事が分かった。数日前から開業していたようだが、私は今日の昼に初めて利用した。

 入ってみて驚いたが、蕎麦だけでなく、うどんもメニューにあった。今日はそばを食べたが、次はうどんを食べてみよう。今日食べたのは、ざる蕎麦に海老天となす天を追加したもので、560円。料理の提供の仕方は、丸亀製麺と似ていた。料金も同じ程度。一つ気になったのは、テーブルに紙ナプキンが無い事。丸亀製麺には有る。自分でティッシューを持っていれば良いが、忘れる事もあるので。

 車でのアクセスは問題ないが、私の様に歩いて行く人は、交通量の多い土浦野田線を横切らなければならない問題がある。この店付近の信号付き横断歩道の間隔は540メートル。そのほぼ中間付近に店がある。私は、普段から運動も兼ねて、極力信号付き横断歩道を渡るようにしているが、この店へのアクセスでは、通行車両が途絶えるのを待って横断する事もある。

 

by utashima | 2017-12-01 14:21 | つくば近傍探訪記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://utashima.exblog.jp/tb/28427962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< カズオ・イシグロ氏の『日の名残... Win10のスタートボタンが一... >>