「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『オーロラの彼方へ』を11年振りに鑑賞

 2002年にレンタルで観た『オーロラの彼方へ』を再び観たくなり、DMM.comで借りて11年振りに鑑賞した。私は2000年代初め頃から映画を良く見るようになったが、その切っ掛けになった印象深い作品の1つである。このような作品は所有したいが、中古品でも4000円近くするので、今のところ諦めている。地デジTV で放映してくれると録画できるのだが。

 2002年に観た時も4回ほど繰り返し観て、話の因果関係を掴んだ。ところが今回1回観た後、新たな疑問が生じ、もう1回観て、すっきりした。
by utashima | 2013-03-31 22:00 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

Sleipnir 4.0 を試用中

 以前の記事に書いたように、自宅のWindows7(64bits)で使っているブラウザ Lunascape6.8.2 が不安定で苦労している。安定ならば操作性が異なっても仕方ないと考えて、IE10(Windows7用)を使い始めていた。しかし、IE10も長時間のスリープ・モードの後での表示ができない事が続いた。同様に不安定ならば、使い慣れた方が良いと思って、再びLunascape6.8.2 を使っていた。

 数日前、Sleipnir 4.0 が公開されたとのニュースを見た。実は、Sleipnir は2003年頃から使っていた。タブ式ブラウザの便利さを知った最初のブラウザである。しかし、PC終了時にSleipnir 1.66が反応しなくなる現象が出始めたので、2006年末にLunascape4に乗り換えた。それ以降、版を重ねて Lunascape を使い続けた。

 という事で、原点に戻る形で、Sleipnir 4.0 を使ってみようと考え、試用している。Sleipnir 4.0 は内部エンジンはWebKit (Google Chromeのエンジン、但しオリジナルに手を加えているようだ)がデフォルトであり、Trident (IEのエンジン)も使える設計になっている。Sleipnir 4.0 が安定して動作してくれると嬉しい。

[経過1](2013年3月31日12時)
 Qosmio AV Center で録画番組を鑑賞中に用事が発生したので一時停止にして2時間程度PCから離れた。PC に戻ってみると、Sleipnir 4.0 がダウンしていた。残念な結果である。でも、1日に何回もダウンしていた Lunascape 6.8.2 よりは、ここまでの所は症状は軽いように見える。
by utashima | 2013-03-29 16:37 | パソコン | Trackback | Comments(0)

『明治の脚気』(岡本拓司著)---数理科学の2013年2月号

 数理科学(2013年2月号)の「科学と社会」第10回に、岡本拓司氏による『明治の脚気』と題した記事があった。以下に、簡単に紹介する。

 脚気はビタミンB1の欠乏症であり、むくみ、手足の知覚麻痺、歩行困難などを惹き起こし、重篤な場合には心臓麻痺(脚気衝心)から死に至る。ビタミンB1は豚肉、小豆、麦、玄米の糠(ぬか)などに含まれるが、糠を取り去った白米には殆ど含まれない。

 日本では古代から脚気は発生していたが、白米食が行き渡った元禄年間(1688年~1704年)頃から各地で流行した。18世紀前半頃から小豆・麦などが有効である事は理解されていた。将軍家定と家茂の死因は、脚気衝心であったと考えられている。治療に当たった漢方医は脚気と診断したが、洋方医はリュウマチ・胃腸炎・心臓内膜炎と診断した。西洋には、パンと肉中心の食事のため脚気は存在せず、研究の蓄積がなかった。

 幕末から明治にかけて、精米法が革新され、糠がほぼ完全に除去されるようになったために、日清・日露の戦争では、脚気が大発生した。西洋医学の影響を受けて、脚気は細菌が惹き起こすという説が主流だった。森鴎外もその説を支持していた。

 1889年(明治22年)にエイクマンは、白米のみ与えた鶏に脚気に似た症状が現われるが、米糠の中にそれを治す物質がある事を発見し発表した。ウィキペディアで調べてみると、彼は、1929年にフレデリック・ホプキンズと共にノーベル生理学・医学賞を受賞している。

 東京帝大農科大学が米糠研究で大成功を収めた。明治37年以来、古在由直(*)らが脚気研究を行なっていた。明治39年に欧州から帰国した鈴木梅太郎がその研究に参加した。鈴木は糠から脚気有効成分(オリザニン)を分離する事に成功した。オリザニンは脚気に極めて効果があったが、医学界の主流は認めなかった。医学界において脚気の微量栄養欠乏説が定着するのは、1920年代後半以降である。

(*)古在由直
 この人は、天文学者である古在由秀氏の祖父である。古在由秀氏には、日本の宇宙開発の初期に、JAXAの前身のNASDA(宇宙開発事業団)などに衛星の軌道決定などに必要な軌道力学を指導して頂いた。
by utashima | 2013-03-19 23:57 | 読書 | Trackback | Comments(2)

『維新の構想と展開(日本の歴史20)』(鈴木淳著)の第6章

第6章 憲法発布

 明治22年2月11日、江戸城あらため宮城で憲法発布の儀式が行なわれた。江戸城西の丸の宮殿は明治6年に火災で焼失し、その後天皇は赤坂の現在の迎賓館を仮皇居とした。新たな宮殿は明治21年10月に落成し、名称は「宮城(きゅうじょう)」と定められた。
[私の記憶]
 私が九州大学を卒業し、東京大学大学院に進学した時(1974年)、4月に私の両親が東京見物を兼ねて東京に出てきた。電車で皇居の近くを走っていた時、父は「きゅうじょう」という言葉を使った。私の世代は「皇居」が一般的であり、その時は後楽園球場の事を言っているのかと思った記憶がある。戦前の教育を受けた人は、「宮城」と言ったようだ。

 式典の後、鳳凰の間で枢密院議長の伊藤博文に旭日桐花大綬章を親授し、夜の宴会では、枢密院書記官井上毅、伊東巳代治、金子堅太郎に憲法取調委員として特別の御沙汰があった。憲法は、伊藤博文を中心に彼らが作った。伊藤は、明治15年に憲法調査のためにヨーロッパに赴き、ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世から話を聞き、法学者グナイスト等から講義を受けている。

 伊藤は明治16年に帰国すると、宮中改革と華族制度の整備に取り組んだ。明治17年に伊藤は宮内卿となり、宮中で欽定憲法の調査を進める体制を作った。伊藤は、公・侯・伯・子・男の5つの爵位からなる華族制度を設けた。

 続いて、行政の体制強化が検討され、明治18年12月に伊藤を内閣総理大臣とする内閣制度が発足した。内閣制度は、皇室と行政部の分離を徹底するものであり、政治上の責任が天皇に及ばないようにする一方、天皇の意向に反してでも行政部の決定で国政を運営できるようにした。

明治22年2月5日、憲法、皇室典範、議院法、衆議院議員選挙法、貴族院令が確定された。但し、沖縄県への衆議院議員選挙法の適用は明治45年から、この時除外された宮古、八重山への適用は大正8年からであった。

 北海道は札幌、函館、根室の三県が置かれていたが、明治19年に三県を廃して北海道庁が置かれた。北海道から代議士が選出されるのは明治33年の選挙法改正で札幌・小樽・函館の三区に議席が与えられてからである。

 地方制度としては、明治21年に市制町村制が公布され、明治22年に施行された。これにより全国の町村を約7万から1.3万に集約した。戦後の昭和30年前後に3千数百の町村に再編され、平成の大合併に至る。

 明治21年の警察官吏配置及勤務概則により、全国1万以上の行政村に1つずつの駐在所が置かれた。

 憲法発布を記念して、大赦が行なわれた。540名の政治犯が釈放された。公民権も回復され、翌年の総選挙で議員に当選する者も多かった。

 伊藤博文は、1862年に山尾庸三と共に、幕府の和学講談所御用掛の塙忠宝を暗殺している。塙は著名な国学者の塙保己一の四男であり、当時廃帝の故事を調べていたとの噂があった。1868年1月の明治天皇の元服を祝賀する大赦で、伊藤の罪は消えた。
by utashima | 2013-03-08 17:13 | 読書 | Trackback | Comments(0)

Lunascape6.8.2の使用を中止し、IE10を使う

 2006年末からLunascapeをブラウザとして、自宅でも職場でも使ってきた。ブラウザ起動時に、事前に設定した複数のサイトを各タブに読み込むことができる事(今まで20個程度設定している)、内部のエンジンをTrident(IEのエンジン)、Gecko(Firefoxのエンジン)、Webkit(Google Chromeのエンジン)のどれにでもタブ毎に変更できる事、が最大の売りであろう。

 Windows Xp(32ビット)での使用では全く問題なかったが、2012年10月に自宅のPCをWindows7(64ビット)に変えてからは、1日に数回落ちることが続いている。職場でも2013年1月にWindows7(32ビット)のマシンに変わったが、こちらはLunascapeで従来と同じように問題なく動作している。

 先日、Lunascapeが6.8.2にバージョンアップしたので早速設定してみたが、自宅のPCでの問題点は解消しない。更に、先日、マイクロソフトがWindows7用のIE10をリリースした。これも自宅のPCに入れてみたが、Lunascape6.8.2の異常は変わらない。今日も、Lunascape6.8.2は数回も落ちた。

 忍耐強い私も、我慢の限界である。Lunascapeの使用を当分中止する事に決めた。Lunascapeを使っている時は、エンジンとしてTridentを使っていたので、今後はIE10を使う事にした。この記事もIE10で書いている。IE10は起動時にタブに読み込むサイト数は、8が上限である。しかし、お気に入りバーというメニューの下の行に10個程度のサイトを登録できるので、大きな支障はないと思っている。

 なお、職場のPCでは問題なくLunascape6.8.2を使えているので、そのまま使用する。すると、バージョンアップが行われるとすぐに分かるので、自宅のPCで試して、安定になったかどうか確認したい。
by utashima | 2013-03-04 13:15 | パソコン | Trackback | Comments(0)