「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『維新の構想と展開(日本の歴史20)』(鈴木淳著)の第3章

第3章 士族の役割

 明治9年2月、弁理大臣黒田清隆は、朝鮮国の江華島に上陸。鎖国を続ける朝鮮に開国を迫った。その時、最新のガトリング砲4門を装備した儀仗兵を伴っていた。火縄銃段階の朝鮮に、文明の発展を示すためであった。ガトリング砲は1862年に米国で特許が取られている。1分間に200発程度の銃弾を発射できた。イギリス軍は明治2年にガトリング砲を採用し、明治7年に初めて実戦に使っている。日本の初使用は戊辰戦争の時であり、世界的に見ても早い方であった。

 黒田は明治9年2月27日に、日朝修好条規(江華条約)を締結し、朝鮮を開国させた。

-----[江華条約]ウィキペディアより-----
 1875年(明治8年)に起きた江華島事件の後、日朝間で結ばれた条約。条約そのものは全12款から成り、それとは別に具体的なことを定めた付属文書が全11款、貿易規則11則、及び公文がある。これら全てを含んで一体のものとされる。

 朝鮮が清朝の冊封から独立した国家主権を持つ独立国であることを明記したが、片務的領事裁判権の設定や関税自主権の喪失といった不平等条約的条項を内容とすることなどが、その特徴である。

 それまで世界とは限定的な国交しか持たなかった朝鮮が、開国する契機となった条約であるが、近代国際法に詳しい人材がいなかったため、朝鮮側に不利なものとなっている。その後朝鮮は似たような内容の条約を他の西洋諸国(アメリカ、イギリス、ドイツ、帝政ロシア、フランス)とも締結することとなった。そのため好む好まざるとに関わらず近代の資本主義が席巻する世界に巻き込まれていくことになる。
--------------------------------------

 黒田の粗暴な訪朝は、当時の欧米列強の外交姿勢に倣ったものであった。23年前に米国のペリーにされた事を、朝鮮に対して実行した。

 江華条約締結の前年に江華島事件が起きている。日本の軍艦「雲揚」が朝鮮から銃・砲撃を受けたとされる事件である。それが偶発事件なのか日本側の挑発によるものなのか議論がある。「雲揚」は、明治8年9月20日に測量や「諸事検捜」の目的で、首都ソウル近くの江華島の砲台近くにまでやってきた。そこで、朝鮮から発砲を受けた。人的被害はなかった。翌日、「雲揚」は砲台に向けて砲撃を開始。朝鮮の砲台も応戦したが届かなかった。日本側は、陸戦隊を揚陸して砲台を焼き払った。ほぼ一方的な結果であった。「雲揚」は245トンの小さい軍艦である。なお、1853年6月3日に浦賀にやってきたのは、サスケハナ号(2450トン)を旗艦とする4隻の艦隊であった。

 当時、朝鮮の防備の脆弱さを日本は把握しており、他国の侵略より前に日本の勢力下に置きたいという征韓の報告書が、「雲揚」の艦長井上良馨から提出されていた。

 現在の我々に理解し難い明治初年の動向の一つが、征韓論であった。新政府は天皇中心の政権成立を告げる国書を朝鮮に送ったが、明治2年2月、朝鮮は受け取りを拒否。日本が、「皇室」や「奉勅」の文字を使っている事が理由であった。「皇室」は中国皇帝にしか用いないという事らしい。明治3年には、対馬藩からの外交権の継承をめざして、外務省から朝鮮に使節を派遣したが、朝鮮は面会を拒否した。朝鮮は、欧米諸国からの開国要求も拒否して鎖国を継続した。

 このような朝鮮の対応は新政府の威信を傷つけるものであるとして、これを討つべしという議論に進んだ。征韓論は、明治元年から2年にかけて、木戸孝允によって唱えられたのが最初である。しかし、明治6年において木戸は、当時、諸藩が持っていた軍隊を朝廷直轄の軍隊にしたいと考えており、征韓論は国内の反対勢力を抑える方便だったと説明している。
 明治6年10月に征韓論政変が起き、西郷隆盛・江藤新平・板垣退助・後藤象二郎らが職を辞した。政府に残った大隈重信・西郷従道(つぐみち、隆盛の弟)らは、台湾出兵には積極的だった。大隈らは征韓論には反対したが、士族たちの不満を吸収するための軍事行動は必要と考えていた。

 2年ほど遡る明治4年11月、琉球の宮古島から本島(沖縄)へ年貢を運ぶ船が、帰路に遭難して台湾南部の東海岸に漂着、54名が現地人に殺害される事件が起きた。この知らせが、明治5年7月に鹿児島に届く。これを聞いた鹿児島県参事たちは、東京で出兵運動を行なった。琉球は、江戸時代から、清国と徳川家の双方に対して従属的な関係を持ってきた。新政府は廃藩置県後も鹿児島藩から琉球についての事務を回収していなかった。明治5年9月、新政府は、琉球国王尚泰を琉球藩王として華族に列する手続きを取り、琉球を鹿児島県から分離した上で、琉球が日本領土である事を宣言した。台湾出兵は、先送りした。

 しかし、明治7年4月、台湾に出兵。主にマラリアにより、600名以上の死者が出た。清国と講和を結んで撤退した。植民地(台湾)獲得と不平士族対策の両立という構想は挫折し、新政府は、前述のように軍艦で朝鮮国に迫る形を取った。江華島事件を経て朝鮮を開国させ、士族一般を用いずに「征韓」を達成したため、征韓で戦功をあげたいと考えていた士族の不満は、新政府に向かう事になる。

 廃藩置県後、華族・士族は政府から禄を与えられていた。明治5年~7年の政府歳出総額の約3割を、その秩禄(ちつろく)が占めていた。新政府は、財政上、これを打ち切りたかった。版籍奉還で藩の仕事もなくなり、徴兵令で兵役の義務も平民と同じになったので、士族に禄を給する理由はなかった。一方、士族の軍事力は脅威であったから、彼らの不満を抑えるため、生計の道を配慮しなければならなかった。

 明治6年から部分的に秩禄処分が行なわれたが、江華島事件の緊張を契機に、松方正義が全面的な秩禄処分を計画。明治9年に31万人余りの華士族に金禄公債を交付し、家禄の支給を打ち切る事を決めた。金禄公債の総額は、明治9年度の歳出総額の約3倍であった。多くの士族は、従来通り家禄を受けていても生活を支えられず、公債化によって一時的に資金余裕が生じ、事業資金や子弟の学費として、転身の資本となった。

 新政府は、金禄公債証書の価値を保ち、それを経済活動の活発化に繋げるために、国立銀行条例(明治5年制定)の改定を行なった。改定前は、金との交換を約束した兌換銀行券を発行する義務があった。そのため、設置は4行に留まっていた。改定により、金との交換に応じる義務がなくなり、銀行の設立・経営が容易になった。ここでいう国立銀行は、この条例に準拠する民間銀行である。

 全国各地で士族たちは政府の意図通り、熱心に銀行設置活動を行なった。明治13年までに153の国立銀行が開業し、3211万円の銀行紙幣が発行された。今でも、百十四銀行や第四銀行などが存在している。第一銀行は、第一勧業銀行を経てみずほ銀行に、第二銀行は合併されて横浜銀行となっている。私は、何十年も前から、何故百十四銀行などという名前なのか、不思議に思っていた。今回、この歴史を知って、すっきりした。

 多数の国立銀行が設立された事は、士族の救済にとどまらず、産業化の進展に貢献した。明治15年に日本銀行が設立され、18年から兌換銀行券を発行して発券銀行としての機能を本格化したが、当初は改定条例による国立銀行体制を維持する役割を担っていた。
by utashima | 2012-12-30 09:40 | 読書 | Trackback | Comments(0)

家内の携帯電話をスマートフォンに買換え

c0011875_1622586.png 家内の携帯電話(P704 iμ)のバッテリ切れの間隔が短くなり、頻繁に充電していた。調べてみると、2007年9月に購入しており、5年を超えていた。そこで、買い換える事にした。今までと同じ FOMA 携帯電話を買うという選択肢もあったが、本人の希望もあり、スマートフォンにした。シャープの IGZO という最新の液晶ディスプレイが消費電力が少なくバッテリが長持ちするというので、シャープ製のAQUOS PHONE ZETA SH-02E を買った。

 実は、今私が買うとしたら欲しい機種が、これである。シャープ(株)は、今までも素晴らしい液晶を世に出しており、今後も頑張って欲しいという気持ちである。私の携帯電話は、同じくシャープ製の SH-03B であり、ワンセグ画面もとても綺麗である。購入してからまだ2年9ヶ月であり、今後も2~3年は使い続ける予定なので、スマートフォンは暫くお預けである。
by utashima | 2012-12-22 16:24 | イベント | Trackback | Comments(0)

『維新の構想と展開(日本の歴史20)』(鈴木淳著)の第2章

第2章 戸長たちの維新

 1868年4月の太政官札発行の布告以来、明治初めには太政官札に関する法令が次々に達せられた。太政官札は幕府発行の金銀貨に比べて価値が劣り、その取扱いに関して次々に矛盾する御触れが出された。1689年に大隈重信が財政を担当すると、府藩県に対し1万石当たり2500両の太政官札を交付し、交換に同額の正金(幕府発行の金銀貨)を取立てた。これによって、太政官札は全国的に流通するようになった。

 明治4年7月の廃藩置県により3府302県となり、11月には3府72県に、明治9年8月には3府35県に整理された。明治4年11月の県治条例で、県令(県の長官)が定められ、雄藩出身者や討幕運動の功労者などが多く当てられた。かつての藩は、独自に租税を集め、その用途を決める単位であったのに対し、県は租税の大半を国家に送る機関であった。県令の仕事は、徴税代理人のようにしか思われなかった。

 明治4年12月に司法省東京裁判所が設置され、翌年4月から各地に司法省管轄の裁判所が設置されていった。江戸時代以来、行政と司法の一体化に慣れた地方官の中には、司法の分離に不満を述べたものもいた。明治9年には県令などの地方官による裁判は全廃された。この年に司法省法学校の第一期生10名が司法省に就職しており、これ以前には、正規の法学教育を受けた司法官はいなかった。

 明治5年に戸籍の編成が開始され、地所永代売買の禁令が解除され、地券が発行された。明治5年8月、学制が発布され全国に小学校が設置されることになる。明治5年11月には、徴兵告諭が発せられ、明治7年には全国で徴兵が実施された。明治5年7月に郵便制度が全国実施された。

 県令が住民の納得を得ながら政策を行なう時、県と住民を繋ぐ機構が必要となる。そのため、戸籍法によって戸長が置かれた。全国を身分毎でなく地理的に区画して戸籍区とし、それぞれに責任者(戸長・副戸長)を置いて戸籍を作成させ管理した。

 明治5年に発布された学制では、国家のためではなく個人のための学問が強調された。それは、義務教育制度を住民の負担で実現するためであった。

 明治6年の最初の徴兵令では、徴兵対象者の選定にあたり、戸長たちにかなりの発言権が与えられていた。当初の徴兵制では、対象者に広範な免役規定が置かれていた。以下の者は兵役を免除された。

   ①身長が5尺1寸(約154.5cm)未満の者
   ②戸主、嗣子、在役者の兄弟
   ③罪人
   ④官吏
   ⑤官公立学校の生徒
   ⑥免役料270円(現在の価値で凡そ500万円程度)の納入者

 ①は明治8年に5尺未満に変更されたが、35%程度は5尺未満で免役だった。戸籍と身長とから、徴兵の対象者は1/8程度に絞られていた。この最初の徴兵令には、徴兵した軍隊は所属鎮台の管轄範囲を守ると書かれており、海外出兵など出来ない内容だった。しかし、この条項は、明治8年11月の徴兵令改訂時に削除されている。

 明治11年の府県会規則により、民選の府県会が設置された。
by utashima | 2012-12-18 16:48 | 読書 | Trackback | Comments(0)

D732/T7 の録画の問題点

2012年10月初めから、東芝製D732/T7 を書斎において 「PC + TV + 録画機」として使用している。PC + TV の機能においては問題ない。しかし、録画機の機能には、大いに不満を感じている。以下に不満足な点を掲げる。

(1)予約録画に時々失敗する。
 1週間に30番組程度、予約録画を設定している。そして、1週間当たり、1~3程度の録画失敗が発生している。東芝に、原因や対策を問い合わせているが、長い間回答がない。

(2)毎週録画設定の番組タイトルが変わらない。
 2週目以降に録画された番組タイトルが、最初の週のタイトルのままである。完全に手抜きの仕様である。

(3)毎週録画設定の開始終了時刻が固定されている。
 直前にスポーツ番組がある場合、開始時刻が遅れる事はしばしばあるが、その場合でも、録画開始終了時刻は設定時のままである。同じ番組であっても、週によって、開始時刻・終了時刻が多少変わる事は良くある。その場合も、最初に設定した時刻で動作してしまう。これも手抜きの仕様である。

(4)追っかけ再生できない。
 予約録画の設定はしていても、実時間で見る事が出来る場合、追っかけ再生で観たい。途中で電話が掛かってきたり席を外す必要があった場合には、一時停止ボタンを押して番組進行を止める事が出来るから。しかし、D732/T7 では録画中の番組の再生は全くできない。
by utashima | 2012-12-09 14:47 | パソコン | Trackback | Comments(0)

私のフィットで初事故

 2012年11月24日(土)に、私の FIT が初めての事故に遭遇した。私を除く家族3人が乗っていて、家内が運転していた。郊外のアウトレットで買い物をし、駐車場から出ようと出口に向かっていた。前に、同じ方向に進む車があった。その車は出るのではなく、駐車場所を探していた風だった。前の車が停車したので、FIT も止まった。その直後、前の車の後退灯が点灯。FIT に乗っている家族は、えっと驚く。家内はクラクションを押すが間に合わず、前の車が後退して来て FIT と衝突した。幸いにも人的被害は全くなかったが、私の FIT の前部バンパーが少し損傷した。

 本題からそれるが、前の車の後退灯は、左側しか点灯しなかった。後で持ち主に聞くと、そのような仕様との事。外車の中には、そのような仕様の車がある事を初めて知った。その車の最近のバージョンでは、両側が点灯するように改良されているとの事。

 数時間後に、所轄の警察署の人達に現場検証をして貰い、後は、両者の保険会社の対応となった。相手側に100%の責任がある事で決着し、今日の午前中に、FIT の前部バンパーの交換を済ませた。私の保険からの出費は無く、来年以降の保険料がこの事故のために上昇する事は無い。

 この事故に関して、もう一つ書きたいことがある。現場検証が終わった後、FIT の損傷の程度を見て貰うために、翌日の日曜日にホンダカーズ店に向かった。幹線道路に面した入口の他に、裏からの入り口もあり、私はいつもこちらを利用している。その入口に向かう時、別のホンダ車が私の FIT の前を同じ方向に走っていた。ホンダカーズ店の敷地に入る所で前車は止まり、更に進むかどうか躊躇している様子が窺えた。前車と FIT の間には、10m位の距離があった。家内の事故の事が頭をよぎった。案の定、その車はバックを始めた。私はすぐにクラクションを数回鳴らした。前車は私の FIT に気付き、後退を止めて前進した。

 悪い事は続くことがあるのを、再認識した。当たり前の事ですが、「バックする前に、必ず後方確認を。」
by utashima | 2012-12-01 12:37 | イベント | Trackback | Comments(2)