「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

『Bad Girls』

 西部劇『Bad Girls』(1994年)を地デジ録画で観た。『チャーリーズ・エンジェル』の西部劇版といった内容。4人の美女が主人公。そのボス的存在の役を演じている「マデリーン・ストウ」を見て、何かの映画で観た気がした。

 ウィキペディアで調べると、1987年の映画『Stakeout (張り込み)』に出演していた。「あっ、そうだ」と思い出し、懐かしくなった。彼女が出演した最初の映画らしい。『Stakeout』 は、1986年~1987年に JPL に滞在した時に映画館で観たただ一つの映画であり、帰国後に TV 放映された時も、観ている。『Stakeout』 での彼女の役は、刑事が張り込む対象だった。
by utashima | 2012-06-30 10:19 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

『文明としての江戸システム(日本の歴史19)』(鬼頭 宏著)の第2章

第2章 江戸時代の村に生きた人々

 1671年から全国的に「宗門人別改め」が実施され、毎年、町村毎に、世帯毎の構成員の名前・年齢・続柄が「宗門人別改帳」に記載された。毎年の記録を繋ぐ事で、詳細な個人追跡調査を行なう事も可能になる。明治5年に近代的な戸籍制度が始まるまで、宗門人別改帳は200年間にわたって住民基本台帳の役割を果たした。このような記名式の記録が毎年のように作られたのは、江戸時代の日本だけと言って良い。

 ヨーロッパで歴史人口学が誕生し、キリスト教会が作った教区簿冊を用いて過去の人口が研究されて来た。教区簿冊は、信徒の洗礼・婚礼・埋葬の儀礼を記録したもの。イギリスでは1538年から、フランスでは1667年から、作成されている。しかし、教区簿冊からだけでは、人口変化のメカニズム等について詳細は分からない。そのため、フランスのルイ・アンリ氏らは1950年代後半に、教区簿冊を用いた家族復元法を発明した。一人一人の洗礼・結婚・埋葬の記録から、日付と名前を手掛かりにして、その人の一生を復元する方法である。この方法で、詳細な人口統計を作る事が可能になったが、教区簿冊からは信徒の移動や村落の人口全体に関する情報を得る事は困難。

 それに対して、毎年作成された宗門改帳を使えば、家族の復元と言う手間の掛かる作業をする事無く、村全体の人口を把握でき、強力な人口史料と言える。但し、人口の1割を占めた武士は、宗門改帳には記載されていないという問題はある。

 1600年の全国人口を1500万人、1720年に3200万人、1870年に3300万人とすると(江戸時代の前半で人口は倍になり、その後はほぼフラット)、江戸時代を生きた人々の数は、およそ2億7000万人となる。農村部の平均的な結婚継続期間は20数年であった。都市部の結婚継続期間は、離婚が多いために短かった。当時の特徴として、離婚は結婚初期に集中しており、結婚20年以上の熟年離婚は殆ど見い出せない。夫婦いずれかが再婚であるケースは5割以上にのぼった。再婚は普通の出来事であった。
by utashima | 2012-06-29 18:48 | 読書 | Trackback | Comments(0)

手の薬指に内出血

 4,5日前に夕食後の皿洗いをしている時、右手薬指に痛みを感じた。すぐに手を見たが、出血は無かった。しかし、その後、薬指の第二関節と根元の間が赤黒い色になり、多少膨れた印象になった。手に痛みは無く、使用に不便はなかった。皿洗いの時に感じた痛みとその後の赤黒い色から、内出血していると思った。

 実は、この指は、30年位前にかなり酷い突き指を経験している。ソフトボールの投手をしていて、ピッチャー・ライナーを受けようとして、グラブをはめていない右手が咄嗟に出た。掴む事が出来ず、薬指の指先でボールを受け止める結果になった。その日の内から薬指が腫れ始め、これは放置できないと思ったので、近所の接骨院に行った。それから半年間通い、ほぼ元に戻った。ほぼと言うのは、拳を作った時、薬指の第一関節の曲りが少し不十分なのである。

 そのため、問題ないかなと思いつつも、気になるので、腰痛の時にお世話になった整形外科に行った。やはり毛細血管の内出血であった。体のあちこちで内出血していれば問題だが、この指だけなので放置して良いとの事。
by utashima | 2012-06-29 11:51 | イベント | Trackback | Comments(0)

1755年リスボン大震災

 録画していた2012年6月24日(日)の 『THE 世界遺産「大航海時代を告げた街」~リスボン』を、今日、鑑賞した。胡椒を求めて、バスコ・ダ・ガマが喜望峰を廻ってインドに行った事、胡椒は同じ重さの金並みの価値があった事などの話が続く。その後、1755年にマグニチュード9クラスの大地震がリスボン沖で発生した話があった。15mの津波も襲った。東日本大震災と同程度の大震災だったようだ。1755年リスボン大震災である。これを機に、国力が衰退し、スペインやイギリスの後塵を拝するようになった。
by utashima | 2012-06-26 13:55 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

特別展「日本橋」に出かけた

 今日、家内と江戸東京博物館に行った。今開催中の特別展「日本橋」を見るため。大江戸線の両国駅の隣に江戸東京博物館がある。今年度末で開館から20年であるが、私は初めて訪れた。7階まである大規模な博物館である。土産物を売っているショップや喫茶店、レストランもある。
 博物館の入り口に傘立てがあるが、外国人が珍しそうにビデオカメラを近づけて撮影していた。

 午前中は1Fで開催中の特別展「日本橋」を見た。1774年に出版された解体新書も展示されていた。広い会場に沢山の展示物があり、疲れた。何度か、展示場内の椅子で休憩した。特別展「日本橋」は撮影禁止だった。

 昼食は、7Fのレストランで私は蕎麦を食べた。日本橋から、すぐに蕎麦を連想し、食べたくなったので。

 午後は、6Fと5Fの常設展示を見た。6Fには日本橋の半分を、当時と同じケヤキとヒノキを使って実物大で復元していた。中央部が盛り上がったアーチ状である。明治になると、馬車などの通行に便利なように、平らな橋に変更された。明治の終わりの1911年に今の石造りの日本橋ができた。
 江戸城本丸大手門の前に建てられた越前福井藩主・松平伊予守忠昌(まつだいらいよのかみただまさ)(1597~1645)の上屋敷が史料をもとに30分の1の縮尺で復元されていた。忠臣蔵で有名な松の廊下も復元されていた。下の写真である。
c0011875_223279.jpg

 三井越後屋の店も10分の1の縮尺で再現されていた。
c0011875_22324479.jpg

 明治~昭和の生活環境の展示もあった。鹿鳴館も25分の1で復元し、透明な強化ガラスの下に埋め込まれていた。庭の様子も上からの眺めで良く分かる。ウィンナ・ワルツの調べとともに屋根が後ろにスライドして、2階舞踏室での舞踏会の様子も見る事が出来た。重さを再現した1000両箱が置かれており、触る事が出来る。持ち上げる事はできるが、不用意に持ち上げると、腰痛になる恐れがある。岡山県津山藩の大名の籠を実物大に再現したものが有り、乗る事が出来る。私(身長171cm)は足をちょうど伸ばす事が出来た。
 
 ゆっくり見ると、1日ではとても足りない展示物の量である。中学生の団体や外国人の姿も多かった。疲れたが、楽しい1日だった。
by utashima | 2012-06-22 22:17 | イベント | Trackback | Comments(0)

『文明としての江戸システム(日本の歴史19)』(鬼頭 宏著)の第1章

第1章 日本文明史における近世

 著者は、最初に以下のように記している。

-----------------------------------------
 「江戸システム」がどのような特質を持ち、現代社会システムとどう異なり、どんな点で優れているのか、どんな点に限界があったのかを、人口・環境・産業・市場・生活といった側面から具体的にみていきたい。
-----------------------------------------

 江戸システムの懐胎は14世紀頃であり、その死がはっきり意識されたのは、大正から昭和戦前期にかけてであった。

 現在の日本の歴史教育では普通、原始・古代・中世・近世・近代・現代という6つの時代区分が行なわれている。近世には、政治史では安土桃山時代と江戸時代が含まれる。

私は、ここで、桃山とは何を指すのか、疑問に思った。安土は安土城から来ているが、桃山城というのは聞いた事がない。ウィキペディアには、以下のように説明されていた。
-----------------ウィキペディアの「安土桃山時代」より-------------------
 織田信長の居城であった安土城、豊臣秀吉の居城であった伏見城(桃山)から、このように呼ばれる。特に、豊臣家が全国支配を担った後半を桃山時代といい、この時代を中心に栄えた文化を桃山文化と呼ぶ。ただし、桃山の名称は江戸時代になって廃城された伏見城の跡地に桃の木が植えられたことから名付けられたもので、桃山城と呼ばれる城が存在したわけではない。
 そのため、歴史的経緯を尊重するなら「伏見時代」の方が適切な呼称となるが、そもそも、安土城は完成からわずか3年余りしか存在しておらず、伏見城(木幡山)も完成から2年後に秀吉が死去するなど、それぞれ在城は短期間であり、これらを時代の呼称に用いること自体が適切ではないという主張もある。そのため、近年は織豊(しょくほう)時代という呼び方も広まっており、安土大坂時代や天正時代、大坂時代の呼称を提案する識者もいる。
------------------------------------------------------------------------

 一方、世界史の教科書では、特別に近世の章を設ける事は無い。近世を世界史と関連付ける時(英語に翻訳する時)は、近代前期(early modern)という語が使われる。西ヨーロッパの近代前期と日本の近世を比較すると、日本が海外への進出を断念(鎖国)した事を除けば、共通する現象が多い。社会変動の底流にあったのは、市場の発展である。
by utashima | 2012-06-19 10:52 | 読書 | Trackback | Comments(0)

日本棋院サイトで棋譜変換機能を発見

 WWGo/PandaNet で対局した後に保存される棋譜(ugf 形式)を国際標準の sgf 形式に変換するツールを以前から探していた。特に置き碁にも対応した変換ツールが欲しかった。

 昨日、再び探していて、適当なツールを日本棋院のサイトで見つけた。こちらのサイトからダウンロードできる。「Kiin Editor」 というソフトである。棋譜変換専用ツールではないが、ugf 形式の棋譜を読み込ませて、sgf 形式で保存すれば良い。
by utashima | 2012-06-17 11:43 | 囲碁 | Trackback | Comments(0)

『開国と幕末変革(日本の歴史18)』(井上勝生著)の第6章

第6章 動乱の幕末

 この章の話は変化が激しいため、本を読んでいて混乱する事もあった。従って、ある程度、時間軸を明記して記述してみた。

1858年:日米修好通商条約が締結される。
 箱館・神奈川・長崎・新潟・兵庫の開港が決まった。横浜は、1859年の貿易開始まで、百軒足らずの沼地の多い一寒村に過ぎなかった。幕府は、町割りを定めて、半ば強制的に、江戸から三井などの大商人に支店を出させた。一方、開港場で商売を希望する者も全国から募った。
 1860年からの5年間で、輸出は4倍、輸入は9倍、貿易総額は5倍になった。
 1861年から1864年まで続いたアメリカの南北戦争の影響で、日本の綿花が、アメリカ綿花の代わりに大量に輸出され、国内の綿花価格が暴騰。しかし、日本の綿花は繊維の長さがエジプト綿やアメリカ綿の1/2以下であったため、機械織りに不向きであり、綿花の輸出は一時的であった。
 貿易相手国は、イギリスが第一位であった。
 日本の通商条約では、天津条約(1858年)下の中国と違い、外国人が居留地以外て゛商行為をする事は一切認められなかった。この事は、日本の一種の「民族的防壁」になったと評価されている。

1863年4月:幕府は、攘夷決行の期限を5月10日とする事を朝廷に伝達。

1863年5月:長州藩は、下関通航のアメリカ商船を砲撃した。

1863年7月:薩英戦争が起きる。
 薩摩藩が生麦事件の犯人引き渡しを拒否したため、6月にイギリス艦隊7隻が鹿児島湾に入った。薩摩藩の発砲により、7月2日に戦争に突入。砲撃戦は2日間続いた。イギリス側は戦死者13名を出して去った。薩摩藩は死傷者は少なかったが、最新のアームストロング砲の砲撃による市街の焼失など、被害は甚大だった。10月に和睦が成立。イギリス兵士たちは艦隊の退去に不満だったが、イギリス艦隊の提督は、これ以上は日本と開戦するに等しく、イギリスには十分な軍事力が無いとの判断だった。
 中国と違い、日本では、情報伝達が速く、ある地点での戦争がすぐ全国化すると、イギリスは判断していた。イギリス本国では、市街砲撃が非人道的であると議会で追及されている。

 幕末の「植民地化の危機」に大きな影響を与えた事件に、ロシア軍艦対馬占領事件がある。1861年2月、ロシア軍艦ポサドニック号が対馬の芋崎浦に来航し、兵舎等の施設を設営して芋崎を占拠した。これは、箱館ロシア領事も知らなかった海軍の独走であり、明白な条約違反行為であった。
 イギリス公使オールコックの1861年6月の報告に、この事件に関した部分があり、イギリスが日本の領土を占領する意図を持っていたと『維新史』に記されている。しかし、対馬藩を研究した韓国の玄明喆(ヒョン ミョンチョル)がイギリス議会史料原文を再検討した結果、真実は異なる事を学位論文で明らかにしている。
 真実は、以下の様である。オールコック公使がイギリス艦隊司令官のホープ提督と協議した時、ホープ提督は対馬をイギリス領とする考えは持っておらず、それは「負担と災厄」に過ぎないと断言していた。オールコック自身は対馬所有が望ましいと考えていたが、ホープ提督の考えを専門家の重要な見解として報告していた。『維新史』の翻訳はオールコック報告を甚だしく不正確に紹介したものであり、日本領土獲得の意欲を誇大に強調した誤訳であった。
 一般論として、植民地化の危機が無かったとはとても言えない。しかし、危機は、日本が条約を締結して通商を始めてからは、小さかった。

1863年8月:8月18日の政変が起きる。
 京都で1863年8月中旬に攘夷親征、大和行幸の方針が出された。京都の攘夷運動は最大の盛り上がりを迎えた。
 7月に薩英戦争を戦った薩摩藩は、講和に向けてイギリスと接触を始めると共に、軍艦購入の申し込みをしている。薩英戦争でイギリスの軍事力を目の当たりにし、軍制改革を目指す開国路線を確立した。そして、公武合体派となった薩摩藩等は、京都の長州藩や攘夷激派と対立した。

 8月18日深夜、公武合体派の兵力が守る中で、朝議が開かれ、攘夷親征延期が決定された。長州藩と尊攘激派は京都から追放され、三条実美ら7名の尊攘派公家は長州へ敗走した。これが8月18日の政変である。朝廷から、一橋慶喜、松平容保、松平慶永、山内豊信、伊達宗城、島津久光の6名に政治参予が命じられ、1864年1月、参内が始まる。武家の朝政参予は前例のない変革だった。しかし、参予会議は2ヶ月で壊れた。

1864年6月:新撰組が尊攘激派を襲撃し、「池田屋の変」を起こす。

1864年7月:「禁門の変」(蛤御門の変)がおきる。
 御所西側の禁門周辺で長州藩と薩摩・会津藩が戦い、長州藩は撃退された。京都の2万8千軒が焼失した。幕府は長州征討を命じた。第一次長州征討の開始。
 薩摩藩の西郷隆盛は、参予会議が解散した後、沖永良部島から戻され、禁門の変や征長軍を指揮していた。

1864年8月:四国連合艦隊下関砲撃事件がおきる。
 1863年5月の長州藩によるアメリカ商船砲撃に対して、イギリス・フランス・オランダ・アメリカの四ヶ国は、軍艦17隻、砲288門、兵員5014人の大連合艦隊で下関に集結。イギリス艦隊の最新鋭のアームストロング砲(後装式施条砲)が長州藩の砲台を沈黙させ、上陸した2600人により大砲が破壊された。

 薩英戦争と四国連合艦隊下関砲撃事件は、幕末史の転換点をなした出来事であった。

1865年5月:徳川家茂が再度の征長のために江戸を発つ。
 この二度目の征長を契機に、薩摩藩は幕府から離れて長州藩に近づく。薩摩藩は、朝廷に対しても「暴威」をもって言を貫き通し、「寸歩」も退かない慶喜の政治力を認め、幕府への危機感を強めた。そして微力の朝廷に手がかりを求める限界を見て、長州藩に近づいた。

1866年1月:薩長同盟が合意された。
 坂本竜馬の仲介の下、木戸孝允と西郷隆盛が薩摩藩邸で会見し薩長同盟に合意する。合意は、討幕でなく、幕府の攻撃に対する防衛協定であった。しかし、討幕の問題も議論された筈である。
 後に朝廷側から討幕に参加する岩倉具視は、岩倉村に隠棲し、公家の殆どが赦免されても「奸物」と誹謗され、赦免されない逆境に居た。大久保や竜馬が岩倉に接近するのは、1866年の末である。

1866年6月:第二次幕長戦争が始まる。
 長州藩の参謀は、高杉晋作、大村益次郎、山形有朋ら。徳川家茂が21歳で大坂城において病没、8月初めに小倉城も落城、9月19日、徳川宗家を継いだ慶喜が撤兵を命じた。
 長州藩の歩兵は、小銃と弾丸以外は持たない「軽装歩兵」であった。「軽装歩兵」は、ヨーロッパにおいて露営と現地補給を行なったナポレオン軍以後、はじめて歴史に登場した。
 四国連合艦隊下関砲撃事件で奇兵隊が使ったのはゲベール銃であるが、それは滑腔銃(施条されていない銃)であり、球形の弾丸が回転せずに発射されるため、弾道が空気抵抗で安定しなかった。野球のフォークボールと同じ原理である。そのため、命中する事は稀であった。この時、イギリス軍が使ったのはミニエー小銃であり、円筒形の弾丸が銃身内に切られたラセン(ライフル)で回転が与えられ、ジャイロ効果で弾道が安定していた。幕長戦争では、長州藩は奇兵隊などにイギリス製ミニエー小銃数千挺を投入した。

1866年12月5日:慶喜、将軍職に就任。
 慶喜は、孝明天皇の信任も受けて将軍職に就任した。そして幕政改革を行なう。ツーロン軍港をモデルに、大規模な横須賀製鉄所の建設を始めた。幕府の崩壊までに小型蒸気船2隻を建造した。

1866年12月25日:孝明天皇急死。
 孝明天皇は天然痘にかかり、一時小康状態の後、急死する。最後に激症を呈したと記されており、死因として2説ある。
 1つは医師の報告通り、激性の出血性痘瘡説。もう一つは砒素中毒説。つまり毒殺。毒殺説では、岩倉具視下手人説が流布しており、今日でも研究者の論争が展開されている。慶喜の将軍宣下の1週間後に天然痘を発病し、25日に急死している。
 孝明天皇が健在であったら、岩倉と薩長が連携しても、宮廷クーデターはとうてい無理であった。毒殺説は当時からささやかれた。
 1867年1月、新天皇(明治天皇)が即位する。16歳。岩倉などの公家たちが赦免された。

1867年3月:慶喜は兵庫開港を12月7日に実行すると宣言。
 兵庫開港は、最後まで承認を保留されていた。薩摩藩は、慶喜が兵庫開港を強行すれば朝廷の支持を失うだろうと見通していた。
 戦前の『維新史』ではフランスが幕府に近づき、イギリスは幕府を見限って薩長両藩と親しくなったと叙述しているが、最近の研究では、『維新史』の記述に懐疑的である。イギリス外務省は、日本へのいかなる形の内政干渉も厳重に禁じていた。イギリス公使パークスも外務省の方針に異存が無かった。
 5月、慶喜は朝議を完全に掌握し、兵庫開港は承認された。薩摩藩は朝議によって幕府に抵抗する道を失った。6月、薩長は、武力討幕で合意する。西郷が討幕派の責任者となる。

1867年6月:薩土盟約が締結された。
 幕府が大政奉還する事で、武力に依らない国家構想を謳ったもの。この後、10月の土佐藩の手になる大政奉還建白書に受け継がれる。薩土盟約の構想は、坂本竜馬による「船中八策」を基にしている。

1867年10月:慶喜、大政奉還の要請書を朝廷に提出。
 大政奉還と同時に、「討幕の密勅」が岩倉具視から薩摩藩と長州藩に密かに渡された。これは天皇による日付や裁可の記入が無く、岩倉らが勝手に造った「偽勅」であった。この「密勅」の存在が知られるようになったのは1880年代。実物が写真という形で公表されたのは1936年である。

1867年11月15日:竜馬、暗殺される。

1867年12月9日:王政復古のクーデターが実行される。
 兵庫開港の2日後、岩倉具視が王政復古発令の文書を持って御所に入り、幼帝を擁して王政復古を宣言した。西郷は、討幕派と土佐藩らの公議政体派の藩兵を指揮して御所を軍事制圧した。このクーデター計画の詳細を知っていたのは、西郷、大久保、木戸、岩倉ほか僅か数名だけであった。新しく作られた臨時政府は、大政奉還では満足できない「家来」の手で作られたと言える。
 臨時政府の次の目標は、幕府の軍事力と対決し、解体させる事であった。翌年に、鳥羽・伏見の戦い、戊辰戦争が起きる。
by utashima | 2012-06-10 15:31 | 読書 | Trackback | Comments(0)

置き碁の棋譜変換

 先日、ネットで知り合った人とWWGo(パンダネット)で対局した。相手は私より3ランク上。WWGo の対局ルールに則って、3子で対局して貰った。緩い手を打つとすぐにひっくり返されるが、かと言って攻め過ぎると墓穴を掘る事になる。どの対局でも気を付けねばならない事であるが、いつも以上に、攻めと守りのバランスを気にしながら対戦した。その甲斐あってか、中押し勝ちできた。この記事の本題は、これから。

 中押し勝ちとなったが、その後、最善を尽くしたら、どのような結果になるのか、気になった。そこで、自動的に保存されている棋譜(ugf 形式)を銀星囲碁12でも扱える sgf 形式に、フリーソフトの UgfToSgf.exe で変換した。それを銀星囲碁12で読み、銀星囲碁12を白石として対局を継続してみようという訳である。しかし、変換後の sgf ファイルにエラーがあり、読み込めなかった。以前の私の記事に書いてあるが(すっかり忘れていた)、UgfToSgf.exe では置き碁の棋譜は、変換できなかったのだ。そこで、ネットを探したが置き碁も変換できる適当なツールは見つからなかった。棋譜をテキスト・データとして貼り付ければ変換してくれるサイトは見つかった。そのサイトで変換し、銀星囲碁12で対戦してみた。

 パンダネットで変換できるようにするか、銀星囲碁に変換機能を持たせるか、どちらかが対応してくれればユーザーは便利になるのだが。棋譜の形式は、早く一本化して欲しい。
by utashima | 2012-06-04 21:38 | 囲碁 | Trackback | Comments(0)

電気カミソリの買い換え

c0011875_12223351.jpg 昨日、電気カミソリで髭を剃ろうとして、電気カミソリを落としてしまった。蓋、外刃などが外れた状態になってしまったが、組み立てると動作した。しかし、外刃の端が破損していた。そのまま使うと、怪我をする恐れがある。この電気カミソリを購入した時の記事がこちら。2009年1月の事。それ以来3.5年間使って来た。最近はバッテリの充電間隔が短くなっていたが、落とす事が無ければ、更に1年程度は使えたと思うので残念。

 ネットで同じ型番の電気カミソリ(SV-M6)を探したが、既に製造終了になっていた。2011年(平成23年)にPanasonicの完全子会社となった時に決まったのだろうか。今もこの製品が製造されていれば、迷うことなく購入したであろう。

 今日、購入してきたのは、右図のPanasonic製ES4820P(希望小売価格5513円)である。ヤマダ電機では4250円で販売されていた。SV-M6に比べて良くなっているのは、2枚刃であること位のようだ。5年以上の寿命を達成できるか。

[補足(2012年6月2日19時)]
 ニッカド電池の容量は、SV-M6が350mAhであるのに対し、ES4820Pは600mAhであり、約1.7倍。しかし、充電時間はSV-M6の1時間に対し、ES4820Pは8時間。充電速度はSV-M6の方が速い。
by utashima | 2012-06-02 12:27 | 省エネルギー | Trackback | Comments(0)