「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『室町人の精神(日本の歴史12)』(桜井英治著)の第2章

第2章 「神慮」による政治

 1394年12月、足利義満は征夷大将軍を辞任して、9歳の嫡子義持に譲り、自身は太政大臣にのぼった。義満は、1393年の後円融上皇の死をきっかけに、上皇の待遇で迎えられるようになっていた。1395年、義満は太政大臣をやめ出家して道有と名乗った。父義詮の享年である38歳に達したから出家したようだ。12月に法名を道義に改め、洛中の室町亭から洛北の北山亭に移った。1400年の義持判始後も義満は北山亭で政務をとり続けた。

 義満は、日野業子(なりこ)、日野康子を大事にしたが、二人とも子供に恵まれず、義持・義教という二人の将軍の母であった藤原慶子(のりこ)は、寂しい晩年を送った。1399年に慶子が亡くなった時、死去の当日にも中陰仏事の日にも義満は姿を見せず、酒宴を開いて飲んだくれていた。若い義持は黙々と幸薄い母親の仏事に足を運んだ。

 義満の義持に対する愛情は日毎に薄れ、異母弟の義嗣が寵愛を一身に受け始める。義嗣は僧になるために山門梶井門跡に入室していたが、1408年、義嗣15歳の時、我が子に魅せられた義満は、門跡から取り返し、自分の手元に置いた。代わりに、義教(15歳、後の6代将軍)が出家させられた。誰もが、義持の廃嫡を確信したが、1408年5月に義満が51歳で急死した。義満は後継者を指名していなかったが、幕府の重鎮斯波義将(よしゆき)の判断で義持があらためて家督に決定した。義持23歳。なお、義持と義嗣は犬猿の仲であった。

 その後数年間は平穏な日々が続いた。義持と義嗣もしばしば連れ立って出かけたりもしていた。ところが、関東で勃発した上杉禅秀の乱が義嗣の運命を狂わす。関東では、1409年に足利満兼が没し、12歳の嫡子持氏が関東公方を継いだ。1416年10月、前関東管領上杉禅秀が、持氏の叔父や弟と結んで持氏を襲った。持氏から支援を求められた義持は、持氏支援を決めるが、その直後に、義嗣が出奔し、間も無く京都北西の高雄に潜んでいるところを発見された。幕府は、義嗣が上杉禅秀らと結んで義持の打倒を企てたと断じた。義持の近習富樫満成(みつしげ)らが、義嗣に従っていた者たちを拷問にかけた。その結果、義嗣の内通者として数人の大名の名前が挙げられた。禅秀の乱は1417年に終結したが、義嗣一党に対する追及は密かに続けられ、1418年に義持は富樫満成に命じて義嗣を殺害した。
 事件はこれで終わらず、畠山家の人々にも義嗣共謀の嫌疑が持ち上がった。京都は不穏な空気に包まれたが、1418年11月の富樫満成の失脚で幕切れを迎えた。満成は義持の命を受けた畠山満家によって謀殺された。

 この義嗣の事件は、謎に満ちたものであった。禅秀が義嗣を誘った可能性は極めて低いといえる。有力守護達は、幕府の安泰のために義嗣の抹殺を図り義嗣をそそのかしたのであろう。義持の内命があったかも知れない。ところが、富樫満成が必要以上に真実を穿り出してしまった。これが真相ではないかと著者は書いている。

 後小松上皇は、1412年8月に12歳の皇子(称光天皇)に譲位し、院政を開始した。称光天皇の行状は芳しくなかった。生来の武芸好きで太刀や弓を弄び、近臣や女官らが意に背こうものなら、弓で射る等の事を平気でする乱暴者であった。義持は、1416年に廷臣たちに終日天皇を監視させる体制を敷いた。

 1416年、崇光法王の皇子で、後円融天皇と皇位を争った栄仁(よしひと)親王が世を去った。栄仁の生涯は苦渋に満ちたものだった。父の崇光法王が1398年に没した時、義満は、その遺領をことごとく栄仁から奪って後小松天皇に与えた上、栄仁を出家させて皇位の望みを断った。栄仁親王のあとを継いだのは、治仁王であった。弟に貞成(さだふさ)王がいたが、二人は同母兄弟ながら仲が悪かった。貞成は素行不良の兄を相当憎んでいた。1417年に治仁王が急死した。貞成と二人きりになった時に急に苦しみだし、絶命した。そして、貞成の継嗣が確定した。貞成46歳。貞成による毒殺の嫌疑がかかったが、事件の真相は今日もベールに包まれている。義持は後小松上皇という人間を評価しておらず、義持は貞成と親密の度を深めていく。

 後小松・称光父子に関するエピソードはあげればきりがないが、いずれも芳しいものではなく、歴代天皇の中でこれほど凶暴性をあらわにした親子というのも珍しい。

 1423年3月、義持は38歳で将軍職を嫡子義量に譲り、自身は出家した。しかし、義量は1425年に19歳の若さで没した。

 1419年6月20日、1万7千余の朝鮮軍が対馬を急襲した。朝鮮軍は民家約2000戸を焼き払い、100名以上の島民を殺害した。朝鮮軍も100名以上の兵を失い、約2週間後に撤兵した。この事件を、応永の外寇と呼んでいる。朝鮮側の目的は、対馬を本拠地とする倭寇の殲滅にあった。

 義持は、自分の後継者の決定も神慮に委ねた。1428年正月7日、義持は風呂場で尻のおできを掻き破り、それが悪化して起居もままならぬ状態に陥った。義持には実子がなく、4人の兄弟がいた。義持は誰に継がせるか指名しない。結局、4人の兄弟の中から籤で決める事になった。ただし、義持は、籤の実施は、自分の死後にせよとの条件を付けた。義持は1428年正月18日に亡くなった。籤に当たった青蓮院義円が1429年3月に将軍宣下を受けて、義教(よしのり)と改名した。

 1428年7月、称光天皇が重体に陥った。南朝の小倉宮が皇位奪還を狙って伊勢に出奔、伊勢国司の北畠満雅と合流した。関東公方と伊勢国司が通謀しているとの噂もあり、義教は最大の危機を迎えた。当面の課題は皇位継承を円滑に運ぶことであり、貞成親王の子の彦仁王を選び、践祚する事で事なきを得た。後花園天皇である。
by utashima | 2010-08-30 20:51 | 読書 | Trackback | Comments(0)

おサイフケータイ(iD)の使い初め

 1万円分の家電エコポイントが近々手に入る。書斎の古い14インチTV (アナログ) の買い替えとして、先日、東芝の REGZA 19RE1 を購入したが、そのポイントである。一緒に I-O DATA のポータブル HD (320GB) を購入し、REGZA に接続して録画している。地デジは綺麗だ。

 家電エコポイントの殆どは、商品券にする予定であるが、600円分の端数が残る。Edy で貰えば無駄にならない。私が持っている Edy 機能付きカードは、ホンダで貰ったカードのみ。ホンダとは今後も長い付き合いと思うので、Honda C-card に入れる事にした。

 携帯電話には、おサイフケータイ機能を設定でき、Edy も使える。しかし、docomo のメインの おサイフケータイ は DCMX カードと接続した iD と思ったので、Edy は上記のように Honda C-card を使い、DCMX を支払いカードとする iD を おサイフケータイ として設定する事にした。

 DCMX カードは、自分の携帯電話を購入した時に加入し、携帯電話料金の支払いカードとしていた。早速、携帯電話を使って おサイフケータイ 設定を開始したが、上手く行かない。何度か試みたが諦めて、docomoに電話した。その結果、DCMX カード作成時にリンクされていた携帯電話は、私のではなく、二男のものである事が分かった。私が携帯電話を買う前は、家族の主回線を二男の番号としていた。私の携帯電話を買う時、主回線番号の変更もしたかったが、余分な書類が必要だったので放置していた。その影響だった。
 そこで、DCMX カードとリンクする番号を私の番号に変更して貰うと、順調におサイフケータイ機能の設定ができた。近所のサンクスで試し買いをして確認した。

 世の中の早い変化(進歩かどうか?)に遅れながら追従している。
by utashima | 2010-08-21 16:13 | イベント | Trackback | Comments(0)

弘前のアパート探し

 二男が10月1日から弘前大学医学部に編入となり、アパート探しのために、8月18日~19日に二男と二人で弘前市に出かけた。1泊2日の強行軍。前日までつくば市は最高気温が35度前後の猛暑。18日の13時頃に弘前に着いたが、気温は30度位あったが、筑波よりは湿度が低くしのぎ易かった。朝夕は夏の終わり頃の印象。

 到着してすぐに地元の銀行に行き、授業料引き落とし口座の開設を行なった。
 それからすぐに、翌日の15時頃まで、大学生協をはじめ、数ヶ所の不動産屋をタクシーで回り、それぞれの不動産屋で数個の物件を実際に見せて貰った。弘前は第二次世界大戦では空襲を受けなかった(とタクシーの運転手に聞いた)という事で、昔からの曲がりくねった道が多い。今回の調査でピックアップした中から最適と思われる物件を選んで不動産屋に連絡し、契約を進める予定。

青森市の空襲は、1945年7月28日。青森の市街地は火の海に包まれ、40km も離れた弘前市から、真赤に染まった空が確認できたらしい。


 振り返ると、2000年3月、長男が山形大学医学部に合格した時、月末に入学手続きとアパート探しのために山形市に長男と二人で出かけた。この時も1泊2日だったが、大学生協だけで探した物件からすぐに契約した。6年間住んだ長男に聞くと、余り良い物件ではなかったらしい。今回は、10年前の反省もあり、より広い範囲で調査した。我が家は2000年3月末にインターネットが使えるようになったが、山形市でのアパート探しの時点では未開通だった事も影響している。

 二男は、受験時に弘前に何度か行っているが、私は弘前市はもちろん、青森県に行くのは初めて。新幹線で行ったが、つくば市から約6時間。新幹線は現在八戸まで達しているが、今年の12月には、新青森まで開通する。すると、5時間30分程度になるのであろうか。上記のタクシーの運転手に聞くと、「弘前まで新幹線が延びる事は、一生無い」との事。この人は、弘前が一番住み易いと言われていた。八戸から弘前には特急「つがる」に乗ったが、青森駅を出る時は、逆行するので驚いた。

 昔は弘前に県庁があった事もこの運転手から聞いた。ウィキペディアによると、明治4年に県庁移転が行なわれている。以下、一部を掲載した。
県庁移転について、当時県内で突出した都市だった弘前から一港町に過ぎなかった青森に移転されたものであるが、野田が県大参事に任命された折、大蔵省に対し21項目に及ぶ伺をたてており、その1項目目にある県庁の位置についての意見が結果的に採用されたもの。その内容は、6県合併(弘前県(弘前藩)、黒石県(黒石藩)、斗南県(斗南藩)、七戸県(七戸藩)、八戸県(八戸藩)、北海道渡島半島に成立していた館県(館藩))による県土は現在の青森県域に北海道渡島半島の一部と岩手県二戸地方が含まれたものであり弘前県庁では地理的位置が偏っていること、弘前県庁では旧藩の古い慣習にとらわれてしまうこと、青森の港湾の将来性が見込まれること、となっている。これは、野田が戊辰戦争時に当地に半年近く滞在しており地勢に明るかったことから、着任早々にもかかわらずこれだけの見解を持っていたと言われている。


 下は、泊まったホテルからの眺め。正面の山が岩木山。その手前の木々の茂っているエリアが弘前城のある弘前公園。今回は、弘前公園を楽しむ時間はなかった。
c0011875_11595886.jpg

 次の写真は、弘前大学医学部附属病院。
c0011875_123514.jpg
 
by utashima | 2010-08-20 11:25 | イベント | Trackback | Comments(0)

『室町人の精神(日本の歴史12)』(桜井英治著)の第1章

第1章 神々の戦い

 北朝の後円融上皇は、1383年2月、妻の三条厳子の部屋に乱入し、剣の峰で厳子をしたたか打ちのめした。翌日、後円融上皇は母親になだめられてようやく平静を取り戻す。事件は義満の耳にも入り、義満の処罰を恐れた後円融は持仏堂に立て籠もって切腹すると騒ぎ出した。義満の説得で自殺を思いとどまった。
 この上皇の錯乱の背景には、義満と上皇の愛妾との密通の噂があったらしい。人妻好きで実弟の妻さえ平気で奪う義満であれば、この噂も本当だったと思われる。マザコンで暴力夫という現代にもありそうな後円融上皇は、この事件以降、殆ど目立った行動をみせていない。そして1393年4月、36歳の若さで他界した。

 1368年に11歳で将軍宣下を受けた義満は、その4年後に判始(はんはじめ)を行なう。判始は、将軍が初めて政務文書に花押(判)をすえる儀式である。15歳に行われるのが普通であった。そして、次第に細川頼之の補佐を脱していく。頼之は、1379年に起きた康暦の政変でライバル斯波義将によって政界から追放され四国に逼塞する。 この政変の結果、細川一門はもとより、九州探題 今川了俊をはじめとする細川与党の大名たちも勢力を失い、代わって土岐頼康、山名時義、大内広世などの斯波与党が躍進する。

 1389年、義満は、恩人である細川頼之を討伐の対象とした事を悔やんだらしく、頼之との関係修復のために厳島参詣を行ない、その途上、頼之との対面を果たした。その後まもなく、義満は、斯波与党の山名一族を滅ぼした。明徳の乱と呼ばれる。

 1392年、南北朝の合体が実現するが、義満には南朝との講和条件を守ろうという気は更々なかった。義満とその後の幕府の不誠実さは、南朝旧臣の大きな反発を買い、南北朝合体後も後南朝と呼ばれる残党勢力を度々蜂起させる結果を招いた。後南朝は、80年近くにわたって幕府を攪乱し続けた。

 明徳の乱後、最も大きな躍進を遂げたのは、大内義弘であった。ところが、1399年10月、義弘が義満の上洛命令を拒否し義満への謀反を決意した。そして、応永の乱の勃発となる。義弘は鎌倉の関東公方足利満兼と内通していた。西の大内と東の関東公方という二大勢力を結びつけたのは、今川了俊と言われている。了俊は、1402年に『難太平記』を著している。『太平記』批判の書として有名である。その中で、自分を九州探題解任に追い込んだ斯波・渋川両氏への憎しみと、恩を仇で返した甥の今川泰範への恨み、それら全ての根源である義満の失政に対する批判が記されている。応永の乱は義弘が畠山満家に討たれて終結したが、この乱も明徳の乱などと同様に、斯波与党への粛清としての性格を持っていた。

 関東公方の謀反は未遂に終わったが、京都の将軍が道を誤った時、いつでも次期将軍としての関東公方が現れる事になり、京都の幕府にとって、関東公方が最大の脅威となり得た。
by utashima | 2010-08-15 12:01 | 読書 | Trackback | Comments(0)

『太平記の時代(日本の歴史11)』(新田一郎著)の第6章

第6章 北山殿源道義
 1367年11月、足利義詮は政務を10歳の義満に譲り、その補佐役として細川頼之を管領の職に任じた。その翌月、義詮は38歳で没した。その後当分の間は、管領細川頼之が政務を総攬した。南朝はなお吉野山中にあって正統性を主張していたが、天下の大勢は北朝・幕府を求心点とした均衡を見出しつつあった。
 しかし、幕府内部において、細川氏と斯波(しば)氏との対抗関係が不安定要素となっていた。1379年、義満は、諸将の要求を受け入れて細川頼之を罷免し四国へ帰らせた。これを「康暦(こうりゃく)の政変」という。頼之は年末には赦免された。その後、義満は、斯波家と細川家の両家を交互に管領に任じる等して、両者の対立を利用し、互いに牽制させて過度の強大化を防いだ。

 義満は又、外様守護の勢力を削減するために、一族内部の対立を惹起してこれを討つ方法をしばしば用いている。その対象となったのが、美濃・尾張・伊勢の守護であった土岐氏、但馬・紀伊・出雲・備後など11ヵ国の守護であった山名氏、瀬戸内西部と堺を掌握していた大内氏である。大内氏は1392年に建国した李氏朝鮮との間に独自の通行関係を持つ事があった。このようにして、外様大守護勢力の脅威は、東国と九州を除いてはほぼ解消され、室町幕府の支配が及ぶ領域が固まった。

 遡ると、義満は1378年3月、父義詮から継承した三条坊門第(さんじょうぼうもんてい)から、北小路室町に造営中の新邸に移った。義満の公家社会への本格的な参入を画する。1381年に造作を終えたこの邸宅は、「室町殿」と呼ばれた。室町幕府という呼び方は、この邸宅の呼称に由来する。壮麗な「室町殿」は、「花の御所」とも美称された。

 義満は祖父尊氏が没した1358年に誕生し、伊勢氏のもとで養育された。京都の社会で、京都文化に囲まれて成長し、若くして足利の家督を継いだ。彼を単純に武家の棟梁とのみ評価するのは適切ではない。1373年には参議左中将となって公卿に列した。1381年には内大臣となった。義満は、尊氏・義詮とは異なり、公卿としての実質的な職務にも携わっている。1394年には太政大臣に昇って官を極める。義満は、母方をたどれば順徳天皇の五代の孫である。

 京都の社会が義満の主導の下で均衡を見出してゆき、南朝の処理が第一の課題となる。南朝の後亀山天皇が践祚した1383年までには、南朝側の重要人物の多くが世を去ったり、活動の跡を絶ってしまっている。1392年になってから、南北合一に向けた折衝が再開された。その年の10月には合一の条件について合意がほぼ固まった。主な条件は、

 (1)南朝の後亀山天皇を正統と認め、後亀山天皇からの譲位によって北朝の後小松天皇に正統性が付与される。
 (2)後小松天皇の次は南朝側から天皇を出し、以後、交互に天皇を出す。

というものだった。この合意に際し、北朝は局外に置かれていた節がある。義満は、南朝方に受諾可能な条件を提示して合一にこぎつけたが、後から双方の顔を立て辻褄を合せるのに苦心するところがあったらしい。

 義満が没して2年程後の1410年、後亀山上皇は義満の後継者の義持を訪ね、暫く後に吉野に出奔した。後小松天皇の次は南朝側から天皇を出すという約束を破る動きが顕わになったためと思われる。6年後に後亀山上皇は京都に戻るが、その時には既に北朝側の後小松天皇の皇子の践祚・即位が実現していた。

 義満は、1394年に将軍職を子の義持に譲り、太政大臣となる。37歳にして廷臣の最高位を極めた。しかし、翌年6月には太政大臣を辞し、出家して道義(どうぎ)と名乗った。1397年には室町殿を義持に譲り、もとは西園寺家の山荘であった京都北西の北山第(きたやまてい)に移った。現在は金閣寺の通称で知られる鹿苑寺となっている。義満は、以後、「北山殿」と呼ばれる。
 義満は、引退した訳では全くない。北山殿は、公家武家の区別なく、国政全般を支配した。北山の地は、土御門内裏や室町殿を中心とした上京とは別の政治の中心となった。ここに、室町前期の文化、北山文化が形成された。観阿弥・世阿弥父子によって大成された能楽等の技芸が、専門の芸能者によって観客の観覧に供される事が京都社会に根付いた。猿楽・能・相撲などの勧進興業(寺社道橋の修造などの費用を募るチャリティ興業)が行なわれた。
 義満は1403年に明の政変で即位した永楽帝に使節を送り、明から日本国王の称号を得た。義満は、以後、毎年のように使節を明に派遣した。

 1408年5月、義満が急死。義持が跡を継いだ。義持の後見役であった斯波義将は、1410年に没するまでの間に、義満の政策を次々に覆す。義満晩年の守護人事は撤回され、対明通交も停止された。北山の地には、北山院(義満の妻)が残るのみとなった。1419年に北山院が没すると、建物の一部は解体されて建仁寺・南禅寺などに移築され、跡地は鹿苑寺と称した。
by utashima | 2010-08-01 12:10 | 読書 | Trackback | Comments(0)