<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『蒙古襲来と徳政令(日本の歴史10)』(筧 雅博著)の第1章

第1章 13世紀半ばの鎌倉

 150年余り続いた鎌倉時代の頂点は、執権北条時頼が出家した年の1256年頃である。由比ヶ浜は強い西風のために難渋する船が相次いだが、半世紀余りの間、港を作る試みはなされなかった。資材や金は用意できても、作業人が集まらなかったらしい。和賀江の津の生みの親は、鎮西からやって来た旅の僧であった。往阿弥陀仏(おうあみだぶつ)と呼ばれている。往阿弥陀仏のもとに技術者をはじめとする人々が集まった。往阿弥陀仏の申請に対し、執権泰時は歓喜して協力した。和賀江の津は、幕府の用意した資材と、由比ヶ浜を往反する何万という人々の自発的な働きにより成ったとある。鎌倉大仏の建立も、全く同じ形をとって為された。施主は名越北条氏であるが、いっさいの作業は、勧進聖 浄光を中心として行なわれた。北条氏と勧進上人の組み合わせは、その後も日本各地で発生した。

 1257年8月、大地震が発生。若宮大路のいたるところが裂け、水が湧き出した。青い火焔が地中から噴き出した所もあった。火災も多かった。若宮から前浜に至る民屋が全て灰燼に帰す大火災が、鎌倉中後期に4~5回発生している。

 平安時代末から日本に大量の銅銭が中国から齎された。鎌倉では、銅銭を鋳つぶして鐘や大仏を作る事が行なわれた。人の手から手へ渡ってゆく銅銭が、鐘や仏像に形を変える事に、鎌倉の人々は大きな意味を見ていた。

 北条時頼には5人の男子がいた。長子の宝寿丸(後の式部大夫時輔)が1248年に生まれた。時輔の母は将軍家に仕える女房の讃岐局である。しかし、時頼は連署重時の婿になっており、重時の娘の生む子が北条嫡流家の次の当主になる事が誰の目にも明らかであった。時輔の誕生は必ずしも祝福されなかった。1251年、重時の娘が男子を生んだ。正寿丸(後の時宗)である。時輔は、1272年に時宗の命により討たれた。

 この頃の様子は、2001年に放送された大河ドラマ『北条時宗』を見ていたので、映像として覚えている。
by utashima | 2010-03-28 17:04 | 読書 | Trackback | Comments(0)

ワンセグ初受信

c0011875_17331431.jpg
 2週間前に自分用の携帯電話を初めて購入した。私の書斎で GPS 機能を使って位置を調べてみると、2軒隣の番地が表示された。正常に動作している。ワンセグはこの辺りでは受信困難と聞いており、実際にも受信に成功していない。

 今日は天気も良かったので、久し振りに筑波山に行き、ワンセグ受信を試みた。筑波山まで行けば、水戸局からの電波を受信できると予想し、水戸局を設定して出かけた。もしかしたら、10年位、筑波山には行っていないかも知れない。ロープウェイ駅のあるつつじヶ丘駐車場に入った。以前は、駐車料金は無料だったが、有料になっていた。4時間までで400円。10分以内に出れば無料。リンク先によれば、2006年4月から有料になっているらしい。

 つつじヶ丘駐車場で携帯電話を操作すると、水戸局でなく東京局に変更するようにメッセージが表示された。東京局(東京タワー)を設定すると、ワンセグを受信できた。ここに来ても水戸局の電波を受信できなかったのには驚いた。最初の写真は、この携帯電話のカメラで撮影した今日のつつじヶ丘駐車場。
by utashima | 2010-03-27 17:33 | イベント | Trackback | Comments(0)

『頼朝の天下草創(日本の歴史09)』(山本幸司著)の第5~7章

第5章 幕府の確立と武家社会
 1224年、執権北条義時が62歳で世を去り、子の泰時(42歳)が執権を継ぐ。泰時は、謹厳実直で謙虚な人柄であったらしい。頼朝も泰時に期待をかけていた。泰時は、幕府を安定した組織に作り上げるのに適材だった。1225年、政子が世を去る。69歳であった。

 1225年末に泰時は評定衆を設置した。11名の長老格が合議によって幕府運営に当たる制度である。1232年には御成敗式目51ヶ条が公布された。

第6章 北条時頼の登場
 承久の乱後、即位した後堀河は、1232年に2歳の四条天皇に譲位する。譲位の直接の理由は、2年前から連々と起きた天変地異であった。1232年9月には彗星も現れた。この譲位の背後には、四条天皇の母方の九条家が外戚として勢力を回復する意図があった。
 しかし、四条天皇は、1242年に突然の事故で世を去る。12歳であった。後継を誰にするかが問題となった。二人の候補の対立となり、北条泰時が一方を選んで後嵯峨天皇が誕生した。承久の乱の戦後処理と並んで、武士が天皇位の決定権を握った事件である。

 後嵯峨への譲位が決まった数ヵ月後、執権泰時が没する。泰時の子時氏は早世していたので、時氏の長子の経時が執権となった。経時は1245年に黄疸を患って以来体調がすぐれない。翌1246年、執権を弟の時頼に譲り、経時は23歳で死去した。

 1247年、三浦勢と時頼は合戦(宝治合戦、又は三浦氏の乱)となり、三浦勢は泰村以下500人余りが自殺して果てた。これは、経時の執権就任以来顕在化した将軍側近勢力と北条得宗家勢力との対立が、最終的に清算された事件である。その結果、将軍側近勢力は一掃された。

 時頼の代に、後に「得宗専制」と称される北条得宗の専制的政治体制の萌芽と見られる現象が生まれる。評定衆の構成員に北条一門の比率が増加した事などに現れている。また、評定会議の権限が形骸化し、得宗の私邸における会議が実質的な権限を持つようになる。将軍職の形骸化の進展と見合う形で、北条得宗による幕府権力の私物化が本格化する。

 北条泰時以後、彼の子孫の男系をたどり、自然死を遂げた人々の没年を調べると、短命の感が強く、祟りと言われても納得できそうと著者は記している。祟りとは、治承・寿永の乱で西海に没した安徳天皇をはじめ平氏の人々の怨霊、奥州で殺された義経や奥州藤原氏の怨霊、承久の乱で隠岐に配流されて1239年に没した後鳥羽の怨霊などによるものである。

北条氏男子の没年一覧
 時氏:28歳 経時:23歳 時頼:37歳 宗政:29歳 宗頼:20代前半? 時宗:34歳 貞時:41歳 兼時:32歳

第7章 新時代の息吹
 この章では、鎌倉の都市としての成立、女性の地位、鎌倉仏教の性格について述べられている。

 1181年頃、大倉に新邸が完成し御所と呼ばれた。以後源氏三代の将軍がここで政務を執った。そのため後世「大倉幕府」とも呼ばれた。1181年に鶴岡八幡宮の社殿の営作が始まり、1182年には八幡宮社頭から由比の浦まで直線で結ぶ若宮大路が開かれた。政子が懐妊したことにより、安産の祈りとして作られたもの。

 鎌倉は、11世紀中頃には相模国の実質的な中心地であった可能性が指摘されている。頼朝以前から鎌倉には都市的な性格が備わっていたとも考えられる。頼朝代に造られた大倉幕府は、政子が死んだ数ヶ月後に、宇都宮辻子(うつのみやずし)に面した場所に新幕府が造られた。若宮大路の地域である。

 1233年には、材木座海岸に人工島の和賀江島(わかえじま)が作られ、大船の出入りにも便利になった。この島は、米・材木や中国からの輸入品の陸揚げ港として繁栄した。当時の鎌倉の人口についてはっきりした事を知る手掛かりは無いが、14世紀前半の人口が6.4万人~10.1万人と推定されている。

 この時代の女性が男性に伍して活躍したり、夫の去就に決定的な影響を与えたりした例が幾つかあり、政子だけが例外的に強かったのではない。合戦において、男系の縁ではなく妻の実家の縁に従って加勢している事例も少なくない。北条氏と将軍との関係は、女系による結合という面があるが、これは一般にも広く見られた現象らしい。
by utashima | 2010-03-20 12:19 | 読書 | Trackback | Comments(0)

『頼朝の天下草創(日本の歴史09)』(山本幸司著)の第4章

第4章 京都朝廷と承久の乱

 安徳天皇と弟の守貞親王が平氏に伴われて西国に脱出した後、空位になった天皇位について後白河を中心に議論され、高倉院の第4皇子が選ばれ、後鳥羽天皇となる。当時4歳。1183年の事。後鳥羽は、天皇による理想的な政治の復活を目指すが、実際には武力の充実が行なわれた。その代表策が西面(さいめん)の新設。従来の北面に加えて西面にも、在京の鎌倉御家人らが院の直属兵力として配置された。後鳥羽は、将来の倒幕を意識していた。

頼朝の死後の政治情勢は、後鳥羽に倒幕の実現可能性を信じさせるようなものであった。1200年頃は、毎年のように謀叛事件が起きている。京都周辺での事件が多く、朝廷による承認を期待しての蜂起と考えられている。そして、後鳥羽は1221年に倒幕の挙兵に踏み切った。承久の乱である。後鳥羽は、藤原秀康に、北条義時を討つ謀を命じる。秀康は、在京の三浦胤義を引き入れた。三浦胤義は積極的であった。1221年4月28日、伏見で流鏑馬揃えがあると称して各地の武士を集めた。手始めに、京都守護の伊賀光季の宿所を襲った。後鳥羽は義時追討の院宣を発する。後鳥羽側の胤義は、幕府に味方する人数は千人にも満たないだろうと考えていた。

 5月19日、鎌倉に情報が届く。胤義の兄の義村は、胤義の使いを追い返し、義時のもとに赴いて鎌倉方への忠誠を示した。後鳥羽側の判断は甘かった。この時、政子は、集まった諸将に頼朝の恩義を説き聞かせ、団結して京方に立ち向かう様求める。諸将もこれを受け入れた。そして、一刻も早く京へ軍兵を差し向ける事に決する。5月25日までに、北陸道、東山道、東海道の3ルートから総勢19万騎が京に向かった。兵力は幕府側が圧倒していたが、東国勢にとって容易な勝利ではなかったようだ。京側の最後の防衛線の宇治川の渡河で苦労した。

 敗れた後鳥羽は、「今度の合戦は後鳥羽の考えから起こしたものではなく、謀臣らが行なった事である。」と言っている。義時追討の院宣を発した責任者として断罪された葉室光親は、実は後鳥羽の企てを止めようとしたが容れられず、やむなく加担した。その事の分かる数10通の状が御所に残されていたのを知った北条泰時は、後悔したとの話も伝わっている。

 後鳥羽は隠岐、土御門は土佐、順徳は佐渡へ配流された。西国から無事に帰京していた守貞親王の子の茂仁親王が1221年7月、幕府の意向で皇位についた。後堀河天皇である。後鳥羽は、1206~1210年頃から倒幕を考えていたらしい。

 後鳥羽は承久の乱において、平氏・義仲・義経らの請うに任せて院宣を乱発した後白河と同様の行動をしており、最早、天皇と朝廷は、政治的責任を担い得る主体ではない事を世人に痛感させる大きな一歩となった。乱の後、京都守護の機能を強化するため、六波羅に留まっていた泰時・時房を引き続き常駐させた。これは幕府の西国統治の中心機関となる六波羅探題の始まりである。東国の武士達が新恩として西国に所領を与えられ、その一族が新たな所領の現地に赴く例も見られ、東西の人的交流も活発化した。

 乱の後、京都は荒廃した。強盗・群盗の横行、山僧の横暴、貴族たちの奢侈・腐敗・愚行・奇行など。当時の歌人藤原定家が日記『明月記』に克明に記している。武器を帯びた山僧同士の争いも目立った。1228年、幕府は諸寺諸山の僧徒の兵具を禁制とした。しかし、取り締まりの実行のほどは疑問であった。

 1200年代前半の大きな事件として、不作・飢饉がある。源平合戦頃の1181年の飢饉から半世紀を経て、再び全国的な飢饉が起きた。1230年に起きた「寛喜の大飢饉」である。人々の苦しみにも拘わらず、京都の貴族は、普段と変わらぬ自分たちの生活を維持し続けた。朝廷よりは幕府の方が実効のある政策を行なった。
by utashima | 2010-03-16 22:37 | 読書 | Trackback | Comments(0)

ネット生活10年経過(3代目のCATVモデム)

 私が自宅でインターネットを使い始めたのが2000年3月なので、現時点で10年間経過した事になる。ネットがない生活は、考えられないほど。今朝、パソコンの電源を入れてもネットに繋がらない。CATVモデムのリセット・ボタンを押してみたり、電源ケーブルを刺し直したりしてみても、ダメ。

 今朝早朝に ACCS センター設備の増強工事が行なわれた事は知っていた。9時に ACCS に電話した。工事が既に終わっているか等の調査をして戴き、私の CATV モデムの問題と判断された様で、今日(3月16日)の夕方、自宅に来て戴く事になった。

 CATV モデムを同じ型式の新しいものに交換して貰った。これで復旧した。約5年前の2005年6月に1度モデムを交換して貰っている。寿命は5年位なのだろうか。私が思っている PC の寿命5年と一致する。
by utashima | 2010-03-16 18:06 | イベント | Trackback | Comments(0)

初の私用携帯電話

c0011875_1628067.jpg 昨日、ドコモ・ショップで、私用の初の携帯電話を購入した。先月に発売されたSH-03B である。右の写真の中央のブラックを選択した。職場で使っている PHS がホワイトなので区別する意味で。

 個人的な用事で出かける時に、通信手段が必要になる場合が偶にあるので、携帯電話を持つ事にした。職場で PHS を使って来た経験も後押しした。

 SH-03B を選択する時に設定した要求事項は、以下の物。
  (1) PC のようなキーボードを持つ。
  (2)ワンセグを受信できる。
  (3)GPS機能を持つ。
(1)は職場の PHS でスケジュール等を日本語入力する時に、操作性の悪さを味わったため。PC での日本語入力は、かな漢字変換を昔から使っているが、SH-03B はローマ字漢字変換だけ。でも、従来の携帯変換方式よりはずっと楽。

(2)のワンセグは、筑波では受信できない事が購入時にドコモ・ショップで分かったが、新東京タワーができれば、もしかしたら受信可能になるかも、と期待して買った。

(3)も遊び心から。本格的に使うと、地図データの通信料がかさむ様だ。しかし、本当に必要な時には、お金を気にせずに使えるように、パケ・ホーダイ・ダブルも契約した。上限が4000円余りに抑えられるので。

 昨日からマニュアル読みと携帯の操作をしたため、首から肩が凝って来た。530万画素のカメラも付いており、ウォーキングの時は、携帯する事にしている。撮影した画像を PC に取り込むための USB ケーブルも購入した。携帯の画像データを PC にコピーする試験も完了。これらの事をしている時、名刺のスキャニング機能も有る事を知った。名刺をカメラで撮影すると、スキャニングした文字データを電話帳に自動的に入力してくれる。

 歩数計の機能も持っている。しかし、自宅の中では携帯電話は机上スタンドに置いているため、正確な歩数は測れない。ベルトに付ける歩数計は今後も使う。

 今まで、我が家の携帯電話契約の主回線は二男であった。今回、私も契約するので、私の回線を主にしようと思っていたが、以前と同じ口座からの支払いにも拘わらず、持参していなかった通帳や印鑑が必要となるとの事で諦めた。私の回線は副回線となった。
by utashima | 2010-03-14 16:28 | イベント | Trackback | Comments(0)

『頼朝の天下草創(日本の歴史09)』(山本幸司著)の第3章

第3章 頼家・実朝と政子

 1199年1月13日、頼朝は数え53歳で世を去る。相模川に新造された橋の供養に頼朝も列席し、その帰り道で頼朝は落馬。その後暫くして亡くなった。落馬が事故なのか、急病だったのか、或いは背後に暗い事情があったのか、不明。尋常でない死であった故か、頼朝の死は彼によって滅ぼされた人々の怨霊の祟りだとする見方も行なわれた。
 頼朝の死により、長子の頼家が後を継ぐ。数え18歳。家督継承直後の4月、人々の訴えを頼家が直に裁断する事が停止され、有力御家人達10数名が話し合って決定する事とされた。この唐突の感のある決定の理由も、不明。その後、頼家は、安達景盛の妾を奪う。景盛がその事を恨んでいるという讒言によって、逆に景盛を討とうと企てるが、政子によって制止された。無道ぶりを露呈する事件である。頼家の将軍としての不適格性を物語る挿話が『吾妻鏡』の中に沢山ある。その中でも特に問題視されたのが、祭・神事を疎かにした事。祭祀は将軍にとって重要な任務であった。頼家は1203年7月に俄かに大病になり、地頭職・惣守護職を譲る。その直前の5月、謀叛の疑いで阿野全成(頼朝の異母弟)が捕えられ、6月に誅殺された。7月には京都にいた全成の子息も討たれた。果たして全成が本当に謀叛を企てたのかも分かっていない。
 1203年8月、頼家は、関西38ヶ国の地頭職を弟の千幡(後の実朝)に、関東28ヶ国の地頭職と惣守護職を子息の一幡に譲る。

[比企氏の乱]
 一幡の外祖父である比企能員(よしかず)は、実朝と北条氏に不満を抱き、頼家を巻き込んで北条氏追討の謀議を巡らす。これが事前に露顕し、能員は誅戮(ちゅうりく)され、一幡の一族も滅亡した。

 病気が持ち直した頼家は、北条時政を討とうと画策するが、これも露顕して失敗。政子の命により、出家するが、翌1204年に亡くなる。病死ではなく、殺された事はほぼ明らからしい。一見愚行を繰り返していたように見えた頼家であるが、将軍権力の強化を目指していたのかも知れない。北条氏を始めとする東国御家人達がそれを望まなかった可能性がある。

 頼朝の側近として活躍していた梶原景時は、頼朝の死によって活動の場を狭められ、果ては政権の中枢から追放され、頼朝の1周忌明け直後に孤立無援の形で一族もろとも追滅された。景時は、頼家に代わる源氏の血を引く人物を擁立しようとしたらしい。頼家は、頼朝と違って景時の讒言を巧く取捨できなかったのも、原因であろう。将軍権力の強化という点において、景時と頼家は協力しなければならない立場にありながら、頼家がその事を理解していなかった事に、景時の悲劇及び頼家自身の悲劇の原因があったと言える。

 頼家の出家後、弟の千幡が将軍職に就き、第三代将軍実朝となった(1203年)。実朝は12歳。源氏最後の将軍である。しかし、実朝の治世も波乱の出発であり、陰謀・謀叛事件が続いた。
 実朝について、これまで和歌や蹴鞠といった貴族的教養の持ち主という側面が強調され、将軍としての側面では低い評価しか与えられて来なかった。しかし、実朝は、頼家と違い、その死に至るまで、自身の裁決権を奪われる事は無かった。幾つかの記録から、実朝には治者としての自覚があり、公平性に対する感覚も備わっていたと言える。
 実朝の治世における最大の事件は、1213年の和田合戦である。2年ほど前から、頼家の子を将軍にしようという陰謀があり、それが発覚して関係者の処分が行なわれた。その中に、古参の御家人である和田義盛の子や甥など、和田一族の人間が多く含まれていた。義盛は子息達の赦免を訴えたが、認められず、これが原因で義盛の軍勢が蜂起した。反乱軍は数千騎に上り、一時は勝敗の行方も分からないほどの激戦であったが、幕府側の勝利に終わった。
 実朝は、1219年、右大臣に任命された礼の儀式に鶴岡八幡宮に赴いた時、頼家の子の公暁(くぎょう)により殺された。公暁は、1211年に落飾して京都に赴き、1217年に鎌倉に戻っている。政子の意思だったのかも知れない。政子は、子供のいない実朝に何かがあった場合の控えとして、公暁の将軍襲職を考えていた可能性がある。公暁は、政子が自分を将軍として認めてくれる事を期待していたのかも知れない。著者は、実朝は公暁による暗殺を予知していたのかも知れないと書いている。

 実朝の死後、政子が実質的に将軍の地位に立つ。政子は、1197年に大姫を、1199年に夫頼朝を、同1199年に乙姫を、1204年に頼家、1219年に実朝と、次々と子供と夫を失う。政子は、平家の侍である山木兼隆の嫁になる約束になっており、兼隆のもとに行くが、頼朝を思う政子は、一夜も明かさず兼隆のところから逃げ出し、深い山路を超えて頼朝のもとへ行く。1177年の事らしい。

 北条氏は、実朝亡き後の将軍候補として、後鳥羽の皇子を要請したが実現せず、代わりに藤原道家の子の頼経が1219年に鎌倉に来る。その時、2歳。1226年に第4代将軍になる。頼経は父方からいえば藤原兼実の曾孫であり、母方においては頼朝の妹の曾孫に当たる。2代将軍頼家の娘の竹御所は、政子の命で実朝の猶子(ゆうし)となり、1230年に第4代将軍頼経と結婚する。頼経13歳、竹御所28歳であった。この後、将軍家の系譜が続けば、北条氏にとって願ってもない状況が生まれたであろう。しかし、竹御所は1234年に死産の後、世を去った。
by utashima | 2010-03-06 11:24 | 読書 | Trackback | Comments(0)