<   2009年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

『武士の成長と院政(日本の歴史07)』(下向井龍彦著) 第4章(2)

第4章 武家の棟梁の形成(その2)

 本記事では、前九年の役の概要を記す。

前九年の役(1055-1063年)

 1055年冬、頼義は最後の府務(鎮守府管内の官物収納)を無事済ませ国府への帰路についた。途中、阿久利(あくと)河付近で、藤原光貞の従者が何者かに殺傷された。安倍時頼の長男貞任が、光貞の妹を嫁に欲しいと申し出た時、光貞が「妹を俘囚に嫁がせる事はできない」と断った事があった。これを恨んでの仕業に違いないとして、頼義は貞任の引き渡しを要求。頼時はこれを拒否し、衣川関を封鎖する。これが、前九年の役の発端である。この事件の真相は、陸奥守を重任したい頼義が、陸奥国に逗留し続ける口実に仕組んだ謀略だったらしい。更に4年間、陸奥守を務めて稼ぎたかったようだ。

 政府は、1056年8月、頼義に頼時追討宣旨を下した。衣川関を攻める頼義軍の中に頼時の娘婿の藤原経清もいた。この経清は奥州藤原氏の祖である。しかし、頼義軍の内部分裂(経清は頼時側に逃れた)から追討を一旦停止した。12月、頼義が陸奥守に重任される。頼義の目的は達成されたが、その後、泥沼の長期戦・殺戮戦にエスカレートする。

 1057年7月、頼義は政府に再び頼時追討宣旨を要請。頼義は今回は下北半島の夷狄の主で頼時とは同族の安倍富忠に協力を求めた。それを知った頼時は、富忠に頼義への加勢を思いとどませるために富忠のもとに向かう途中に富忠側の流れ矢で死去。貞任ら頼時の子達は衣川関で頼義に抗戦する。

 頼義は、今度は貞任追討官符を要請、それを得て11月に坂東武士を動員して衣川関に挑む。しかし、風雪の中、寒さと飢えに苦しんだ征討軍は、多くの戦死者を出して逃げ帰る。この合戦に大勝した安倍氏は、頼義の陸奥守の任期を終える頃まで、陸奥を支配した。

 1062年、頼義は、出羽山北三郡の俘囚の主、清原光頼とその弟武則の協力を取り付ける。その結果、頼義側は、殆どが清原氏の軍勢となり、清原氏による、安倍氏打倒・奥6郡の乗っ取りに変わった。征討軍は安倍氏を破り、藤原経清、安倍貞任は捕えられて処刑された。1063年2月、清原武則は俘囚の主としては異例の鎮守府将軍に任命された。

 前九年の役は、頼義が、安倍氏による奥6郡の支配を解体しようと挑発して始めた侵略戦争であった。しかし、途中で清原氏の援助を仰がざるを得ない事態になり、清原氏が安倍王国を吸収して更に巨大な自治支配が奥羽に登場する。頼義は、上洛後、郎等たちの恩賞獲得に奔走し、坂東武士に棟梁として仰がれる。
by utashima | 2009-10-31 17:19 | 読書 | Trackback | Comments(0)

『武士の成長と院政(日本の歴史07)』(下向井龍彦著) 第4章(1)

第4章 武家の棟梁の形成(その1)
 
 第4章では、平忠常の乱、前九年の役、後三年の役、この三つの反乱の鎮圧を通して、頼信・頼義・義家の河内源氏三代が、王朝国家の軍事指揮権を媒介に東国武士との間に軍事的主従関係を形成し、「武家の棟梁」と仰がれるようになる事が述べられている。後三年の役の後、平泉に奥州藤原氏の繁栄の時代が訪れる。ここでは、前九年の役が始まるまでの概要を記す。

 個人的な話になるが、私は九州大学1年生の春休みに、まだ雪の残る東北地方を一人旅した。高校時代からの文通相手の住む山形県酒田市を初めて訪れ、数日間泊めて戴き、近くを案内して貰った。その後、立石寺に立ち寄って、平泉に。平泉では、中尊寺、毛越寺を訪れた。雪の毛越寺は印象に残っている。この旅行の影響からか、奥州藤原氏に関心を持っていた。今回、この本を読み、奥州藤原氏の事をより深く知る事ができた。

平忠常の乱(1028-1031年)

 1028年5月、上総権介平忠常が安房守惟忠(これただ)の館を襲撃して惟忠を焼き殺し、上総国でも受領の館を占拠して受領を軟禁した。この事件は、在庁官人や田堵負名層(たとふみょうそう)が参加した凶党蜂起であった。
 政府は、検非違使の平直方を追討使に任命した。直方は合戦らしい合戦もせず歳月を費やしたため、1030年7月、政府は直方の追討使を解任する。坂東諸国の有力武士は追討官符に応じず、忠常と連絡を取り合っていたらしい。直方らは、追討官符により付与された兵粮米徴収権にかこつけて、強引な収奪を行なったらしい。

 1030年9月、源頼信が新たに追討使に任じられた。頼信は粘り強く忠常を説得し、降伏させた。忠常を説得して無血投降させ、長期にわたる追討軍の収奪に終止符を打って平和を回復した頼信は、坂東諸国で英雄となる。

 頼信の子の頼義、孫の義家は、陸奥守・鎮守府将軍となるが、政府の意図を超えて、俘囚(ふしゅう)世界に対して二代に亘って侵略戦争を企てた。この戦闘を通じて、東国武士との主従関係の絆を強化した。俘囚世界は、2度の侵略に耐え、安倍氏から清原氏、奥州藤原三代へと発展していく。2度の侵略とは、前九年の役と後三年の役である。なお、1991年に青森県十三湖畔の福島城(10世紀中頃に築城)で城柵様遺構が発見された事をきっかけに、北緯40度線を挟んで分布する防御性集落が注目を集めている。この研究成果も前九年の役と後三年の役の理解に寄与している。

 802年、鎮守府が多賀城から、坂上田村麻呂によって築かれた更に北の胆沢城に移された。これは、蝦夷勢力との間でなされた政治的妥協の結果であった。衣川関以北の新たな版図の奥5郡には、俘囚首長が郡司・村長として任命された。

 10世紀になると、鎮守府の管轄が、奥5郡から奥6郡に拡大する。岩手郡が追加された。俘囚の帰還政策と関連しているかも知れない。鎮守府将軍には有力な武士が任じられるようになった。10世紀中頃に胆沢城が廃絶され、将軍の館が鎮守府となり、武威を背景に奥6郡を支配するようになった。この頃、北緯40度付近に、鎮守府側及び北方夷狄(いてき)側の双方に防御性集落が登場する。

奥6郡司安倍氏の登場
 陸奥国司は1053年までの26年間、鎮守府将軍を置かなかった。それまでの将軍が略奪的な支配を行なったからである。その代わり、有力俘囚首長の一人である安倍忠良を奥6郡司に起用した。1036年の事。しかし、忠良の子の頼良は国衙に官物を納めず雑役も負担しなかった。

 1051年、陸奥守藤原登任(なりとう)は安倍頼良を攻めたが、敗れて逃げ帰った。そこで政府は、同年、源頼義を陸奥守兼鎮守府将軍とした。頼義の武名によって安倍頼良をおとなしくさせようと考えた。その頃彰子の病悩による大赦があり、安倍頼良の罪も赦免された。頼良は頼義に臣従を誓うと共に、名前が頼義と同音であることを憚って名を頼時に改めた。こうして頼義は、安倍氏を手なずけ、無事に4年の任期を終えようとしていた。これから、前九年の役が始まる。

by utashima | 2009-10-29 20:31 | 読書 | Trackback | Comments(0)

『武士の成長と院政(日本の歴史07)』(下向井龍彦著) 第3章

第3章 摂関期の武士と国家軍制

 中世武士の多くは、天慶の乱で勲功を挙げた英雄達を祖と仰いでいる。源経基を始祖とする清和源氏、平高望を始祖と仰ぐ桓武平氏、藤原秀郷を始祖とする秀郷流藤原氏(奥州藤原氏に繋がる)など。なお、源・平の姓は、皇族が臣下に下る際に貰う姓であり、源の方が格が上と言われている。

 天慶の乱の原因の一つが、それ以前の乱の勲功者に現地居住を認めた事であると考えた政府は、勲功者達を在京勤務させる方針に転換する。一方、将門・純友の惨めな末路に軍事的抗議の無意味さを悟った武士たちは、検非違使(けびいし)や受領(ずりょう)に任じられて在京武士となる道を志向する。

 検非違使庁や国衙(こくが)による刑罰は、むち打ち、過料(罰金)、禁獄、追放、流刑であり、平安時代には死刑は無かった。しかし、武士の内部秩序は、死刑や手足の切断などの厳しい規律によって維持されていた。

 「平安時代には国家の力は衰え、地方の治安は乱れ、受領は収奪することしか考えなかった、だからこそ有力農民は自分が開発した所領を自分の手で守らねばならず、そのために武装して武士になった---これが古典的な武士成立のイメージであった。今でも小学校から高校までの教科書の記述は、大筋ではこのようになっている。」が、著者は、所領を守るために武士が登場したというのは幻想であると言っている。武士は、国家の支え、天下の固めとして反乱鎮圧のための戦士だったとしている。

 10~12世紀において、全ての反乱に対し、政府は追討宣旨・追捕官符(ついぶかんぷ)を発給することによって鎮圧した。追捕官符は以下の権限を国衙や追討使に与えた。

①発兵権 ②兵糧米や兵船の徴用 ③犯人の刑事上の特権を無効にする ④抵抗する凶党勢力に対する殺害の公認 ⑤勲功者に勲功賞を約束した ⑥動員拒否者や敵前逃亡者に対する処罰権

 この時期、追捕官符が国衙に下されて鎮圧された事件は非常に多い。その多くは、国内支配を委任された受領の厳しい徴税に反発した田堵負名層が結集して、受領などを襲撃・殺害した反受領闘争であった。
 999年8月に大和国城下郡東郷で早米徴収にあたっていた受領(源孝道)の郎等(藤原良信)が凶党数十人によって殺害された事件が起きている。この時の資料が偶然に残されており、この事件及び手続の詳細が分かった。一般に、このような資料は、用が済んだら廃棄され、残される事はまずない。この事件の場合に残ったのは、公卿藤原公任が『北山抄』の自筆草稿の用紙として、その裏を使ったからであった。紙が貴重だったからである。

 追捕官符で追捕を命じられた押領使・追捕使が、どのようにして武士たちを動員したかは、10~11世紀の例は残っていない。12世紀末の例が残っている。1184年に平氏追討使の源義経が一ノ谷攻略を前に摂津国御家人を動員した時である。廻文(めぐらしぶみ)を使った。廻という文字で始まり、動員する武士たちの名前が列挙され、その後に、合戦場所・目的、指揮官名、集合日時・場所、動員拒否者に対する処罰の予告、勲功者に対する恩賞の約束が記されていた。廻文は発信者から名簿順に回覧され、受け取った武士は出陣するか辞退するかの意志表示を書き込み、次の武士に回す。国衙は、国内武士の名簿を作っていた。
by utashima | 2009-10-24 18:32 | 読書 | Trackback | Comments(0)

『武士の成長と院政(日本の歴史07)』(下向井龍彦著) 第2章

第2章 武士たちの英雄時代
 将門の乱と純友の乱を総称して、「承平(じょうへい)・天慶(てんぎょう)の乱」と呼ばれてきた。承平元年は931年、天慶元年は938年である。しかし、承平年間の坂東での戦いは、将門と叔父たちとの私闘であり、政府は将門の平和維持活動に期待さえしていた。将門が国家に敵対する事になったのは、常陸国衙を占領した天慶2年(939年)11月であった。
 純友は、瀬戸内海の承平南海賊(931年)では平定側の立役者であり、彼が反逆するのは天慶2年11月の備前介藤原子高(さねたか)を摂津国須岐駅(すきえき、現在の芦屋市)に襲った時であった。

 「承平・天慶の乱」という呼び方では、承平年間から彼らが反逆者であったかの印象を与える。従って、2つの乱を総称する時、「天慶の乱」と呼ぶべきである。天慶の乱は、受領(政府側)と田堵負名層(たとふみょうそう)の間の闘争が背景にある。田堵負名層とは、10世紀頃、朝廷は律令制に由来する人別支配体制を放棄し、土地課税に基礎をおく支配体制(王朝国家体制)へとシフトしたが、その時に土地の経営を請け負った有力百姓層のこと。
by utashima | 2009-10-24 18:13 | 読書 | Trackback | Comments(0)

オリオン座流星群

 2009年10月21日1時20分頃、オリオン座流星群の一つを見た。下図の(A)である。淡い光が1~2秒間図のように流れた。今まで、流星群を観察した事は無いが、これはオリオン座流星群の一つと確信した。

 実は、その直前に、下図の(B)の軌跡も見た。こちらは、(A)よりはずっとゆっくりと下に進んだ。明るさも、(A)よりは何倍も明るかった。観た時、本当に流星だろうかと疑問に思った。しかし、他の原因に思い至らず、(B)は(A)よりも私の方に向かって来た流星であろうと考えている。しかし、このサイトを見ると、「速度の遅いものは、オリオン座流星群ではないと判断して良いでしょう」と書かれている。

 新聞などで今回の流星群の事を知り、月明かりもなく時間帯も手頃なので挑戦してみた。と言っても、10分程度、自宅の2階のベランダから東の空を眺めただけである。
c0011875_158212.jpg

by utashima | 2009-10-21 01:58 | イベント | Trackback | Comments(0)

『武士の成長と院政(日本の歴史07)』(下向井龍彦著) 第1章

 本書は、著者の大学での講義ノートを基に書かれたもの。他の巻も恐らく同様であろう。高校の歴史のテキスト程度では物足りないが、日本史の最先端の論文は難し過ぎる。大学での講義レベルがちょうど良いので、良いシリーズに出会えたと思う。

第1章 武士以前

 学会では、平将門はまだ武士とは呼ばれず「兵(つわもの)」と呼ばれている。11世紀中頃以降の源頼義・義家辺りから「武士」と呼ばれている。「武士」であるには、在地領主でなければならない。

 日本の古代国家は、ごく一時期を除いて「城」を築かなかった。日本は島国であり、周りの海が天然の万里の長城だった。朝鮮半島が日本にとって軍事的脅威になるのは、韓民族が大陸の超大国に制圧され、自立を奪われた時だけである。例えば、13世紀の元寇がそうである。日本古代国家は、一貫して朝鮮諸国の弱みに付け込み、安全保障を約束することを口実に服従・朝貢を強要し続けた。

 8世紀の奈良時代は、農民である公民1戸から1人を徴兵する軍隊を保持していた。全国総戸数約20万であり、総兵力は約20万人に達した。なお、人口は600万~700万人と推定されている。大陸での安禄山の乱(755年~763年)の後、唐の力が低下し、780年に日本は新羅に対する朝貢要求を放棄し、大規模な軍縮を行なった。20万の軍隊は一度も本格的な対外戦争に投入される事は無かった。但し軍縮後も、奥羽と大宰府の軍団は保持された。

 軍縮の結果、厳格な人民統制の必要性が小さくなり、8世紀以降は、編戸制・班田制という人民統制システムを形骸化させる規制緩和政策を取った。その結果、有力農民による田地集積が進み、富裕層が誕生する。国はこのような富裕層を課税対象としていった。

 9世紀になり、新たな軍事問題として、群盗海賊が登場。地方から京への調・庸の運送(運京という)において、運京責任者(綱領という)による調・庸の着服が横行。受領(国司四等官のうち、現地に赴任して行政責任を負う筆頭者)の苛政に対して富裕層などが共謀して受領を襲撃する事件も多発している。群盗海賊は富裕層などの党的結合による反受領闘争と言える。律令国家、受領側は、これに対して新たな軍事的対応を迫られた。
 この群盗海賊に対し、受領側は、勇敢富裕層+俘囚(ふしゅう)で対抗した。勇敢富裕層は、受領の子弟たちが先頭に立った、富裕層の中で乗馬が巧みで武芸に優れていた人々から成る集団であった。俘囚とは、国内に強制移住させられた帰服蝦夷の事。8世紀から9世紀にかけての蝦夷征服戦争の過程で発生した大量の帰服蝦夷を俘囚として国内各地に強制移住させた。政府は俘囚に米・塩・燃料などを支給して生存を保証したが、一般公民から隔離された辺鄙な土地を俘囚郷とした。
 俘囚は騎馬個人戦術を得意とし、公民兵士が数十人束になっても敵わなかった。俘囚の戦術が、中世武士に継承された。

 しかし897年、政府は、全国の俘囚を陸奥に還住させる事にした。俘囚が群盗化する事態になったためである。陸奥国に、租税免除の特典と経営基盤を与え、辺境防衛と荒田開発にあたらせた。山口県の見島にあるジーコンボ古墳群は、俘囚集団の墓地と言われている。この古墳群に10世紀初頭以降のものは無い。
by utashima | 2009-10-18 21:42 | 読書 | Trackback | Comments(1)

GS・7-11跡に寺島薬局がオープン

 10月15日、我が家の近くに寺島薬局つくば東店がオープンした。地図を以下に示す。リスのマークの場所である。この場所に以前には、ガソリン・スタンドとセブンイレブンがあった。
c0011875_17372985.jpg

 お酒も扱っていたので、好きなサントリー角(700ml)を求めて、初めて店に入った。嬉しい事に、角を特別に安売りしていて、1000円だった。秋の夜長を角で楽しみたい。
by utashima | 2009-10-17 17:37 | つくば近傍探訪記 | Trackback | Comments(0)

歩数計の紛失と発見

 昨日、職場の飲み会が、つくば西武デパート6階の八角で行なわれ、私も参加した。18時30分から22時頃まで続き、楽しい会であった。店員からの「エレベータの運行が間もなく止まります。」という知らせで、帰路に就いた次第。

 帰宅してその日の歩数を確認しようとした時、歩数計を紛失している事に気付いた。八角で飲んでいた時に落とした可能性が高い。今朝の開店前にお店に電話してみた。お店の人が見つけて確保してくれていた。昼前に、運動がてら自転車で八角に行き、歩数計を受け取って来た。お店の方に感謝します。
by utashima | 2009-10-17 17:21 | イベント | Trackback | Comments(0)

タッチ・CROSS ROAD ~風のゆくえ

 先日、DVD へのダビングを忘れていた VHS テープを20本ほど見つけた。1日に1本程度のスピードで DVD へのダビングを再開。その中に、『タッチ・CROSS ROAD ~風のゆくえ』の録画があった。2001年2月9日(金)に放映されたものだった。
 ダビングの確認のために再生して見たところ、私はまだ観た事のない『タッチ』である事が分かった。
 達也が渡米してマイナーリーグのチームに参加し、活躍する話。優勝決定戦の最後の抑えに達也が登板し、相手の強打者をフォーク・ボールで抑えて優勝する。急にその試合の撮影を命じられたカメラマン見習いの南が、達也のマウンド姿をカメラに収める。見逃さないで良かった。
by utashima | 2009-10-13 21:54 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

祖父81歳のお祝い

 家内の父の81歳の誕生日を、つくば西武デパート6階の天津飯店での昼食で祝った。誕生日は10月21日であるが、次男も偶々帰省していたので本日の開催となった。14年目に入ったオデッセイに5人で乗って出かけた。行きは私が運転した。西武デパートの北側に広い駐車場をイメージしていた。家族と話をしていて、そのイメージは、かなり昔の状況であった事を思い出さされた。私が駐車場と思っていた場所に、「つくばクレオスクエアQ't」がかなり前に出来ていた。
 「北1」駐車場に車を置いて、西武デパート6階に向かった。今年7月に完成したばかりの三井住友銀行つくば支店の大きなビルが目に入る。
c0011875_1453266.jpg

 天津飯店では、コース料理(3人分)と中華御膳(2人分)を頼んだ。午前中に電話で予約していたので、眺めの良い窓際のテーブルだった。下は、そこから筑波山の方向の眺め。バス・ターミナルの工事が進められている。2010年3月に竣工予定らしい。
c0011875_1459980.jpg

by utashima | 2009-10-12 14:53 | イベント | Trackback | Comments(0)