<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

真鍋先生の業績

 先日の7月18日に、九州大学工学部航空工学科の教授だった難波先生の同門会に出席させて戴いた。その時に、真鍋先生も少し話題になった。私が航空工学科2年(1971年)の時、助教授だったと思う。航空機の周期運動の講義を受講したような記憶がある。真鍋先生は、目が不自由なため、いつも杖を持って歩いておられた。真鍋先生の事は、1つの講義を受講した以外は殆ど何も知らなかった。

 同門会の後、ネットで調べれば何か分かるかも知れないと思い、Google 検索してみた。比較的すぐに見つかった(ウィキペディア)。ウィキペディアには、以下の業績が書かれていた。

[業績1]屋久杉の樹齢を推定(1978年)
 屋久島に自生する最大級の屋久杉を、過去に伐採された周辺の屋久杉のデータと気候データなどをもとに、樹齢を7,200年と推定したため、以後「縄文杉」と呼ばれるようになった。

[業績2]古代九州の地形図の発表(1980年)
 九州各地のボ-リングでのハイガイ化石調査による放射性炭素年代測定を元に、以下のような古代九州の詳細な地形図を発表。
 (1)博多湾と有明海は太宰府付近を瀬戸にしてつながっていた(真鍋はこれを「針摺瀬戸」と命名)。
 (2)福岡平野,筑紫平野は海底にあり、福岡地方は群島だった。
 (3)島原半島は雲仙岳をいただく大きな島だった。

[業績3]雲による地震の震源捕捉法の考案

・・・など。


 業績2の(1)は、私の以前からの疑問を解消するものであった。その疑問とは、「何故昔から大宰府が重要視されて来たのか」というもの。ネットを調べると、このサイトが見つかった。大宰府は、博多湾と有明海の分水嶺であり、標高は僅か40mらしい。下の今の地図(Google Maps)を見ても、この事が良く分かる。
c0011875_2120464.jpg


 ウィキペディアを見ると、真鍋先生は、16年前の1993年に亡くなられている。ご冥福をお祈りします。
by utashima | 2009-07-28 20:57 | イベント | Trackback | Comments(0)

難波研究室同門会に参加

 2009年7月18日(土)17時30分から、水道橋駅近くのホテル・メトロポリタン・エドモントで、難波研究室同門会が開催された。難波昌伸先生は、私が九州大学工学部航空工学科4年生の時に、卒論を指導して戴いた先生である。難波先生の略歴を以下に記す。今年で崇城大学を退職され、関東の自宅に戻られた機会を捉えて、この会が開かれた。

1964年    東京大学博士課程終了(博士号取得)
1964-1968 東京大学助手(宇宙航空研究所)
1968-1979 九州大学助教授(工学部航空工学科)
1971-1973 ケンブリッジ大学客員研究員(英国王立協会招聘)
1979-1999 九州大学教授(工学部航空工学科)
1995年    ケンブリッジ大学客員教授
1999-2009 崇城大学教授(工学部宇宙航空システム工学科) 九州大学名誉教授

 今回の同門会には、1999年までの九州大学の教え子達60数名が集まった。

 私が九州大学で勉強した期間は、1970年4月~1974年3月である。私が教養学部から箱崎の工学部に進学した時(1971年10月)、先生は既にケンブリッジ大学に行かれた後であり、1973年に日本に戻られてから指導して戴いた。実は、先生が日本に戻られた時期を、正確には記憶していない。上記の先生の略歴は、あるサイトからコピーしたもの。

 先生から戴いた卒論のテーマは、超音速流の平板への衝突問題であった。実験では、当時助手の納富さんに大変お世話になった。実験ばかりでなく、近くの焼肉屋に同期の藤氏と一緒に何度も連れて行って戴いた。実験の後は、当時出始めたばかりの電卓のカシオ・ミニやシャープ LC メイトを使って、実験データの整理をした。理論解析では、航空教室の近くにあった大型計算機センターの FACOM230-60 を使って、衝突衝撃波の形状を計算した。

 卒業後も九州大学の大学院に進もうと考えていたが、先輩から東京大学の大学院に挑戦してみないかと誘われ、その気になった。まさか合格するとは思っていなかったが、折角受かったのだから東京へ行こうと気軽に考えて東京大学に進んだ。私は元来、出不精で引っ込み思案の性格であり、生活環境の変化を好まない性格である。今から思えば、良く決心したなと感じている。

 この同門会で先生にお会いしたのは、卒業以来の35年振りであった。先生は、35年前と変わらないピンと背筋の伸びた立ち姿であった。35年前に戻れた楽しいひと時であった。会を企画された方々に、感謝します。
by utashima | 2009-07-19 15:20 | イベント | Trackback | Comments(0)

Google Maps を正常に使えない

 自宅の PC (Windows XP, IE8+Lunascape5) において、数週間前から、Google Maps を正常に使えない事が多い。Google Maps のサイトにアクセスしても、以下のエラーメッセージが表示される。

読み込みに時間がかかりますか? トラブルシューティング ガイドまたは基本 HTML を使用してください。

メッセージ内容に従っても、できる事は、インターネットの一時ファイルを削除する事位。手のうち様がない。日本の歴史を勉強しながら、遺跡/史跡を Google Maps で調べてマイマップを作成しているので、非常に困る。

[追加情報(2009年7月11日)]
 ネットで調べていると、IE8のバクで Google Maps が正常に使えない不具合が発生しているらしい事を知った。

[追加情報(2009年7月16日)]
 Google Chrome なら問題ないだろうと考えて install してみたが、IE8+Lunascape5 の場合と同じ現象が発生した。原因は、ネットワーク関係だろうと考え始めている。

[追加情報(2009年07月21日)]
 今日の夕方から、Google Maps は全く正常に戻ったようだ。私の PC には何も手を加えていない。元に戻ったなら、今までの約3週間の異常の原因は何だろう。何も手を加えていないとは言っても、ウイルスセキュリティ・ゼロの定期的な更新は行なわれており、Google 側に原因があるとも言えないだろう。
by utashima | 2009-07-10 21:13 | パソコン | Trackback | Comments(0)