<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『小林・益川理論の証明』(立花隆著)

 近所の書店で『小林・益川理論の証明』(立花隆著)を購入し読んだ。以下の三部構成になっている。

Ⅰ 小林・益川理論のノーベル賞受賞から何を学ぶべきか
Ⅱ 消えた反粒子の謎に迫る
Ⅲ 小林・益川理論を証明せよ!

 第Ⅰ部から読み始めたが、論調が普通の科学本とは違う。最初の節の見出しも、「マスコミ報道のレベルの低さ」となっており、小林・益川両氏のノーベル賞受賞時のマスコミ報道を批判している。更に読み進めるうちに、この本の全体構成が分かって来た。第Ⅱ部は、立花氏が2000年4月~12月に朝日新聞社の科学雑誌サイアスに書かれたものであった。サイアス誌は2000年を以って廃刊となった。第Ⅲ部は、ノーベル賞受賞後に行なわれた4人の科学者と立花氏との座談会の記録である。

 私は、サイアス誌を科学朝日の時代から読み続けていたので、KEKのBファクトリ(KEKB(pdf))は、2000年頃から知っていたが、KEKがBファクトリ建設に進むきっかけになったのは何かは知らなかった。当時アメリカのロックフェラー大学の準教授をしていた三田一郎博士が、「B中間子の観測をする事でCP対称性の破れを発見でき、小林・益川理論を検証できる」と、日、米、欧の研究機関を説得して回ったと第Ⅰ部に書かれている。サイアス誌を読んでいた頃は、KEKBは、まだアメリカのスタンフォード線形加速器センターのPEP-Ⅱと熾烈な競争をしていたが、廃刊後にKEKBはPEP-Ⅱを引き離して行く。その頃の事をリアルタイムの記事で読みたかったと思う。

 日本の素粒子加速器(KEKB)が、日本人研究者(三田一郎氏)の提案を受けて、日本人(小林・益川両氏)の科学理論を検証した事になる。
by utashima | 2009-02-24 17:05 | 読書 | Trackback | Comments(0)

『「日本」とは何か』(網野善彦著)

 近所の書店で講談社学術文庫の「日本の歴史」全26巻を見つけた。高校時代は日本史をしっかりとは勉強しなかったので、読んでみたいと思った。手始めに第00巻の『「日本」とは何か』(網野善彦著)を買って読んだ。

 最も印象に残ったのは、「百姓」という言葉の意味である。私も農業をしている人を百姓というものと思って来た。中国や韓国では、農業従事者を限定的に意味する言葉ではなく、一般民衆といった意味で使われている。ウィキペディアの「百姓」に概要がまとめられている。そこの最後の辺りに以下の記述がある。私たちの学んだ教科書だけでなく、日本の多くの歴史学者も、誤っていたようだ。
近年、歴史学者の網野善彦が中世社会、近世社会における百姓身分に属する者たちが農民、山民、漁民、職人、商人などの広範な生業の従事者であったことを明らかにし、「百姓=農民」と一概にまとめた従来の歴史観に対し批判を行った。


 私の生まれ育った広島県の向島が、中世において「歌島」と呼ばれていた事は、ネットを調べて知っていたが、書物に記載されているのを読んだのは、この本が初めて。以下のように書かれている。鎌倉時代には、既に「歌島」と呼ばれていたようだ。

・・・尾道の対岸の備後国歌島(現在の向島)の「在家人等」は嘉元四年(1306年)卯月、領家から酒を三十余貫も召されたのに、その値の米が秋に十五石しか下されないことを不当として訴えている。・・・
 
by utashima | 2009-02-22 17:47 | 読書 | Trackback | Comments(0)

墓石の完成

 家内の両親の墓石が完成したので、みんな(私、家内、家内の両親)で見に行って来た。墓地は、以前の記事に書いた所である。3か月ほど前と比べると、墓石の数が2~3倍に増えていた。お骨を入れる時にどのようにパーツを動かすかを、管理人が実演してくれた。2,3のパーツを持ち上げて動かすが、どれも石でできているため、とても重い。腰を入れて持たないと、若い人でも腰を痛めそうだ。墓石には、「倶会一処」(くえいっしょ、と読む)と書いた。
by utashima | 2009-02-22 17:40 | イベント | Trackback | Comments(0)

『告発のとき』

 レンタル DVD 店で、偶々『告発のとき』という映画を見つけた。最近、日本のテレビ CM でも良く見かけるトミー・リー・ジョーンズと2007年に「最もセクシーな女性」に選ばれたシャーリーズ・セロンが主演の映画である。軍人を父(トミー・リー・ジョーンズ)に持つ若者がイラク戦争に志願し、精神的に異常になり、帰国直後に行方不明になるところから話が始まる。トミー・リー・ジョーンズは、『逃亡者』の刑事役を観てから好きになった。シャーリーズ・セロンは刑事である。これは、実話を映画化したものらしい。戦争の悲惨さを訴えている。
by utashima | 2009-02-17 23:26 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

自転車の後輪の取り換え

 自転車の後輪がパンクしたので、近所の自転車屋に持って行った。タイヤの表がかなり擦り減っていて、所々に穴があいている状態だった。パンク修理でなく、後輪全体を交換して貰った。3800円。この自転車はかなり古く、調べてみると、1989年の購入だった。約20年経っている。使用者は私だけで、時々会社に乗って行ったり、ちょっと離れた所への買い物に使っている。1989年に購入した時の値段は、3万8000円。新車の約1割の修理費で今後10年は使えるだろう。このように古い自転車は盗まれる事も少なく、安心して使える。

 自転車屋で交換作業を見ていると、何年か前に同じ店で前輪の交換をしてもらった事を思い出した。さすがに店のご主人は覚えておられなかったが、帰宅して調べると、2004年に前輪を交換していた。
by utashima | 2009-02-14 12:32 | 省エネルギー | Trackback | Comments(0)

宇宙機軌道要素の座標系

 宇宙機の軌道要素(例えば、ケプラー軌道要素など)は、Epoch と、基準とする座標系を明示する必要がある。地球周回の宇宙機の場合、赤道面座標系が使われる。しかし、赤道面は、太陽や月からの潮汐力により変化しており、基準方向として使用される春分点方向(赤道面と黄道面の交線方向)も、変化している。これらの変化の主なものは、歳差と章動である。これについては、こちらのサイトを参照して下さい。従って、いつの時点の赤道面か等を指定しないと座標系が定まらない。私が NASDA の追跡部門にいた頃は、1950年mean と称した座標系が慣性座標系として使われていた。これは名前の通り1950年の赤道面を基準とした座標系である。現在は、これに代わって、Mean of J2000.0 赤道面座標系(2000年における平均赤道面,平均春分点を基準とする座標系)が使われている。これを以下では、J2000系と記す。ここの平均の意味は、歳差は考慮しているが、周期の短い変動である章動は考慮していないという事である。こちらのサイトも参照。

 では、慣性系である J2000系だけで良いかというとそうではない。運動方程式の積分に際し、慣性系が必要なため、J2000系などが使われるが、あるミッション宇宙機の軌道を設計し、その軌道の傾斜角は95.5度である等という時、その基準座標系は J2000系のような過去の時点の慣性系ではなく、その軌道の実現を想定する日時における赤道面座標系であるのが自然である。この座標系を True of Date 座標系と呼んでいる。その時点の歳差と章動を考慮している。従って、私が追跡部門にいた頃、1950年meanは普段は表に出る事はなく、True of Date系での軌道要素が基本であった。最近、天文関係で、国際天球座標系というものが制定されている。これは、赤道面などを基準にしたものでなく、銀河系外の電波星を基準としたもの。その赤道面及び赤経の原点は、J2000系の平均赤道面及び平均春分点とほぼ一致している。これは、従来の慣性系の定義を赤道に依存しないで決定しようというもので、自然な流れと考えられるが、これを基準に地球周回の宇宙機の軌道要素を表現しても、不便である。

 以上が、地球周回の宇宙機軌道要素に対する私の理解である。以前から STK 等の市販のソフトを使っているが、最近気になる事がある。STK の Orbit Wizard で軌道設計し、軌道要素画面を表示してみると、デフォルトの座標系が J2000系となっている事に、恥ずかしながら最近気付いた。 現在は2009年で J2000系の年から9年程度しか経ていないが、太陽同期軌道で J2000系と True of Date系で軌道傾斜角を比較すると、約0.03度の違いがある。概念設計レベルでは、この違いは大きな影響を与えないが、小数点以下2桁目で違うのは気になる。なお、STK でのこの画面では、True of Date 系の選択はできず、それに近い TEME of Date というものが選択できる。これは、基準面は True of Date系に一致するが、基準方向は章動を考慮していないものである(STK のヘルプに記述がある)。

 では、オープンソースで GSFC 等が開発を進めている GMAT ではどうなっているかを調べると、J2000系、黄道面座標系、地球固定系の3つしか選択できない。GMAT の数学ドキュメントには、True of Date系の事も記されており、今のβ版から正式版に進むまでに、True of Date系も選択できる事、というより、それがデフォルトになる事を期待したい。

 以上、STK と GMAT を例に、宇宙機の軌道要素表示画面における基準座標系について議論してきたが、このようなソフトの軌道要素表示のための座標系は True of Date系がベストと思って来た私は、間違っているのだろうか。
by utashima | 2009-02-11 11:19 | 宇宙機の軌道設計/ 解析 | Trackback | Comments(0)

Word2007 へ綺麗にグラフを貼り付ける方法

 2009年2月2日(月)から、5年振りに換装された端末を職場で使用している。Core2Duo(2.4GHz)、メモリ1GB、内蔵HDD 75GBの デスクトップ型 PC である。

 旧 PC からのデータ引き継ぎ、アプリケーション・ソフト群のインストール、バックアップ環境の設定(BunBackupを使用)等は、約2日で完了した。予想外に早く終えた。

 最初の2,3日は新PC の性能を実感できなかったが、暫く使っている内に高性能になっている事を感じつつある。ウイルス検索に要する時間が、旧PCの半分程度に短縮されていたのには驚いた。昼休みにウイルス検索させているが、2つのCPUが分担して動作しているのであろう。1つバグらしい現象がある。メール・ソフトの Thunderbird 2.0 の動作である。不要なメールを削除する時 Del キーを押すが、1日に1,2回程度の頻度で、Del キーを押しても削除できない事がある。その時は、Thunderbird を一旦終了し、再び起動すれば、削除できる。

 以前の私の記事で、Office2007 における図等のグループ化の事を書いた。「追記」として、以前の Word より解像度が悪いと書いた。実際に仕事の資料を作っていて、この解像度の悪さは我慢できなくなった。そこで、私が最も使用する「グラフとキャプションのグループ化」を解像度を落とさずにする方法を検討し見出したので、ここに紹介する。グラフを、Excel 2007 で作成する場合と、Sma4Win というグラフ作成ツールで作成する場合について記す。Sma4Win は、グラフをメタファイルとしてクリップボードに出力する。拡張メタファイルとして出力する機能もあるが、Word2007 に貼り付けるには適さなかった。

[Excel 2007 グラフを Word 2007 に張り付ける方法]
 (1)Excel でグラフを選択し、コピーボタンを押す。
 (2)Word 2007 で「形式を選択して貼り付け・・・」を使い、メニュー中の「Excel グラフ オブジェクト」を選択する。他を選択しても上手く行かない。グラフが Word に貼り付く。
 (3)テキスト・ボックスでキャプションを作成して、グラフの下側に置く。Word の「ホーム」→「選択」→「オブジェクトの選択」と押す。
 (4)グラフとキャプションをマウスで囲い、右クリックして、グループ化を選択する。
これで、新しい描画キャンパスを使わずに、グループ化できる。解像度も落ちない。

[追記 2009年2月12日]
 上記は、Excel2003 のファイル(グラフを含む)を Excel2007 で開いた場合の話であった。最初から Excel2007 で作ったグラフは、上記の方法ではグループ化できない。訂正します。Excel2007 のグラフも、次の方法を使う事になる。

[Sma4Win のグラフを Word 2007 に張り付ける方法] 
 この場合、新しい描画キャンパスが必須である。それも、初めに新しい描画キャンパスを開いておき、その中に直接「形式を選択して貼り付け・・・」において「Windows メタファイル」を選択する必要がある。
 (1)Sma4Win でグラフをメタファイル形式でクリップボードに入れる。
 (2)Word 2007 で新しい描画キャンパスを開く。
 (3)「形式を選択して貼り付け・・・」において「Windows メタファイル」を選択する。
 (4)テキスト・ボックスでキャプションを作り、新しい描画キャンパス内に入れる。
 (5)グラフとキャプションをシフト・キーを押しながら選択した後、右クリックでグループ化を選択する。
 (6)グループ化したグラフを適切な場所に移動させてから、新しい描画キャンパスを削除する。
これで、解像度が落ちることなく、グループ化された状態でグラフとキャプションが貼り付けられる。なお、(1)の後、Word 2007 の新しい描画キャンパス以外の所に貼り付けた後、それを新しい描画キャンパスに貼り付けると、解像度が落ちる。

 以上で、Office 2003 の時と同じ事が出来るようになった。

[追記 2009年2月12日]
 新しい描画キャンパスを使わずに、グラフとキャプションを一まとめにする(グループ化ではない)簡単な方法を、職場の若手から教わった。Word2007 でテキスト・ボックスを開いておき、その中に、クリップボードに保存したグラフを貼り付ける。形式は Windowsメタファイルで良い。その次に、テキストでキャプションを入力する。テキスト・ボックスを適切な大きさに調節し、適切な場所に移動させる。
 この方法は、最後には不要になる描画キャンパス等を作る必要がなく、手数が少ない。解像度も落ちない。教えてくれた人によると、テキスト・ボックスにグラフ等を入れる事は、かなり前のバージョンから可能だったとの事。私は、テキスト・ボックスはテキストを入れ、グラフなどはレイアウト枠に入れるものと思い込んでいた。

by utashima | 2009-02-11 10:07 | パソコン | Trackback | Comments(0)

ugf から sgf への変換

 新WWGo で囲碁のネット対局をしている。対局結果の棋譜は、ugf 形式のテキスト・ファイルとして保存され、いつでも再現できる。しかし、私は、銀星囲碁ソフトで棋譜を検討する事が多い。銀星囲碁ソフトは、ugf 形式を読めず、sgf 形式に変換する必要がある。何故、棋譜に複数の形式があるのか、その歴史は知らないが、ugf 形式は日本棋院が採用していて、sgf 形式はほぼ世界標準になっている、という事はネットでちょっと調べると分かった。

 という事で、新WWGo の利用を始めてすぐに、ここのサイトにある 『 UGF ==> SGF データ変換ツール 』を使って sgf 形式に変換して使っていた。

 私は、置き碁が嫌いなので、置いたり置かせたりしなくて良い相手と対戦するようにしている。昨日、初めて相手に2子置かせて対戦した。幸い勝ったが、序盤でどう打って良いか迷った場所があった。そこを検討しようと、棋譜を sgf 形式に変換した。しかし、正しく変換できなかった。前節に書いた変換ソフトは、明記されていないが、置き碁には対応していないようだ。

 そこで、ネットで別の変換ソフトを探した。ここのサイトの「あまがえる」を使うと、置き碁の棋譜も sgf 形式に変換できた。別に、ブラウザ上で変換してくれるサイトもあった。

 日本棋院が使っている ugf 形式が、PC 世界における昔の NEC 9800 シリーズのように思えて、気になっている。
by utashima | 2009-02-01 12:14 | 囲碁 | Trackback | Comments(0)