<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

職場の個人端末の換装

 2003年10月に支給されて、オフィスの私の机上で動き続けてくれた標準端末が、本日で使用が終わり、この土日で新しい PC に換装される。使い続けてきた PC は、2年程前から C ドライブの残容量が 1GB を切るようになり、スワップ・ファイルを D ドライブに移動させたり、C ドライブを圧縮したり、大きなディスク容量を必要とするソフトを削除したり等して、何とか 1GB 付近を維持してきた。これ以上の削減は困難だったので、助かったと思っている。

 今週は、時間のある時を使って、データを外付けHDD にコピーしたり、同じソフトを新端末に設定する時に必要になるライセンス・ファイルを探してコピーしたりして来た。数年おきに、このような作業をするのは、大きな負担である。もっと簡単に新端末に移行できないものかと思う。とは言え、以前に比べれば、PC 管理部署のお陰で、楽にはなってきている。来週の月曜日に私が受け取る新 PC の OS は、まだWindows Xp である。個人的には、Vista でなくて良かったと思っている。新しい OS の使用法を覚えるのは嫌だから。

 来週の月曜日に新 PC に触れるのは楽しみではあるが、5年振りにインストールし直すソフト群の設定作業を思うと憂鬱でもある。5年前の事は殆ど忘れている。
by utashima | 2009-01-30 23:26 | イベント | Trackback | Comments(6)

電気カミソリのニカド電池のリサイクル

 2004年に購入した SANYO のSV-M6 シェーバーを使ってきたが、ニカド電池が劣化してきたため、2,3日毎にコンセントで充電する状態だった。ニカド電池は交換できるようには作られていなかったので、近所の家電量販店で新しい電気カミソリを買ってきた。SANYO のSV-M6 は、5年間全く問題なく使えて来た。電気店で同じ製品を見つけたので、迷うことなく、SANYO のSV-M6 を購入した。

 電気カミソリの買換え履歴を、記録のある1989年以降の範囲で以下に記す。

1989年  2980円で購入(3年使用)
1992年  5129円で購入(1年使用)
1993年 16274円(ブラウン社製、6年使用)
1999年  7000円(日立製、4年使用)
2003年  1780円(中国製、2か月後に刃が破損。替刃が本体以上のコストのため、廃棄)
2004年  2700円(SANYO製SV-M6、5年間使用)
2009年  2780円(SANYO製SV-M6)

 5年以上使用できたシェーバーは、ブラウン社製の高いものだけ。2700円程度で5年使えれば、有難い。
c0011875_15381470.jpg
 古いシェーバーのニカド電池は、リサイクルの対象になっている。店の人に聞くと、シェーバー全体の引き取りは500円余り戴くが、ニカド電池単体の引き取りは10円で良いとの事だった。買ってきたシェーバーの取扱説明書にも「ニカド電池のリサイクルについて」というページがあり、ニカド電池の取り出し方が書かれていた。これに従ってニカド電池を取り出した。右の写真は、分解した時のもの。プラスねじ3本を外すだけで良い。但し、ニカド電池は基盤からの金具に半田付けされており、なかなか引き千切れなかったのでハサミで切り取った。切り取った電池の両端に切断面を持つ金具が付いており、手を切る恐れもある。刃の交換は可能だが、ニカド電池の交換も可能な設計になっていれば、廃棄する時もより安全にできると感じた。電気店に取り外したニカド電池を持参すると、無料で引き取ってくれた。
by utashima | 2009-01-18 15:25 | 省エネルギー | Trackback | Comments(0)

カテゴリ「省エネルギー」の追加

 このブログでは、設定済みのカテゴリに入れ難いものを全て、「最近考えている事」というカテゴリに放り込んで来た。今日、「省エネルギー」というカテゴリを追加し、「最近考えている事」の中から関係するものを移動する事にした。手作業で移動するので多少面倒だが、のんびり進めよう。
by utashima | 2009-01-16 21:02 | ブログ作成の経過 | Trackback | Comments(0)

都市ガス化とecoジョーズ後のガス使用料金の変化

 我が家は、約1年前の 2008年1月末にプロパンガスから都市ガスに移行した。更に、2008年7月中に風呂給湯器をecoジョーズの機器に換装した。都市ガスに替えることで約20%の節約が期待でき、ecoジョーズにすることで約10~15%の省エネが期待できるという話だった。合わせると、30~35%となる。

 都市ガス化とecoジョーズ導入から約半年が過ぎた。ここまで、ガス使用料金は何割か減っている感じを持っている。ここで、毎年最もガス使用料金の多い1月の値を比較してみた。2009年1月の使用料金を 1 とすると、2005年~2008年の4回の1月の使用料金の平均は1.7。約40%少なくなっている。前節の予測通りの値が得られた。
by utashima | 2009-01-16 17:24 | 省エネルギー | Trackback | Comments(0)

Office2007へ

 Office2002(職場), 2003(家庭) を使っているが、大きな不満は特にない。小さい不満は沢山あるが。近い内に職場の個人端末が換装され、Office が 2007 に替わることが分かった。Office2007 は操作法が大きく変わっているという話を聞いているので、早めに慣れておくのが良かろうと思い、自宅の Xp マシンに Office2007 personal をインストールした。

 私が Office ソフトで最も頻繁に使っているのは、Word である。Excel は、電卓を使うには計算量が多いが、Fortran 等でプログラムを組むほどではない場合に使う程度なので、頻度は低い。PowerPoint は以前は全く使っていなかった。学会などでのプレゼン資料も Word で作っていた。Word で論文を書いてからプレゼン資料を作るので、Word との親和性が低い PowerPoint は使い辛かったので。しかし、「Word で論文を書いてから・・・」という前提がない場合、いきなりプレゼン資料を作る際は、PowerPoint は使い易い面もあることに最近気付いたので、時々使っている。しかし、personal 版には PowerPoint は含まれていない。従って、今回の試用は、Word2007 だけとした。

 Word でしばしば使用する機能は、
  (1)スタイル設定
  (2)数式エディタ 
  (3)図とテキスト・ボックスのグループ化
である。Word 2007 でのこれらの機能の使い方を実際に文書を作成しながら調べた。

(1)スタイル設定
 新たに最初から設定するのは嫌である。2002 などで作った文書を 2007 で読み込み、そこで使われているスタイル一式を、名前を付けて登録することができた。これで OK である。

(2)数式エディタ
 2002, 2003 では数式エディタ3.0 を使っている。この操作性はとても満足している。10年以上前に初めて数式エディタに触った時、マニュアルなどを見なくても、画面の表示を見るだけで的確に使えた。自宅では数年前から OpenOffice も使っているが、OpenOffice の数式エディタの操作性は、私から見ると使う気にならないほどの出来である。
 下に、Word 2007 の最上部の画面を示す。図をクリックすると、より綺麗に見える。
c0011875_117539.jpg

図の右端付近に「π数式」のボタンがある。ここを押すと数式入力ができる。従来の数式エディタ3.0 とほぼ同様なことができるが、(私には) 操作性が悪い。
 「π数式」ボタンの左下に「オブジェクト」があるので、それを押すと、「オブジェクトの挿入」というウィンドウが開き、その中の「Microsoft 数式 3.0」を選択すると、2003 までの数式エディタ 3.0 が使える。これで安心した。

(3)図とテキスト・ボックスのグループ化
 論文などで図やグラフを貼り付けた時、その下に「図2 軌道の変化」のようにテキスト・ボックスで説明を付ける。後の編集作業をやり易くするため、図やグラフとテキスト・ボックスをグループ化している。こうすると、1つのオブジェクトとして移動やコピーができて便利だから。
 2003 までは、図とテキスト・ボックスを、Shift キーを押しながらクリックする事で2つを選択でき、マウスの右クリックのメニューから「グループ化」を選べば良かった。ところが、2007 では、図とテキスト・ボックスの2つを Shift キーを押しても同時に選択できない。これではグループ化できない。どうするのかと思って、ヘルプを調べると、

・予め「新しい描画キャンパス」を画面に開いておき、そこに図とテキスト・ボックスを入れる。
・その後は、2003 までと同様に2つを選択してグループ化する。
・グループ化が終わると、それを「新しい描画キャンパス」から取り出して、画面の置きたい所に移す。
・そして「新しい描画キャンパス」は不要になったので消す。

という手順でできた。「新しい描画キャンパス」というユーザーから見れば不要な物を介して操作する事を要求している。プログラムが完成まで行っていないのではないか、と思わせる。Word 2008 位で改善しようと思っているのだろうか。

[追記](2009年1月11日22時)
 上記の手順で、図とテキスト・ボックスのグループ化を行なった結果を、Word2003で同じ事をした結果と比較してみた。Word2003の結果の方が幾分綺麗である。Word2007の方は、文字や線が僅かに滲んでいる印象である。「新しい描画キャンパス」に一旦入れたため、余分なフィルターを通して見ているような感じ。もっと良い方法が見つかるまで、上記の方法を使わざるを得ないだろう。


 一部操作性の悪くなった点もあるが、従来から行っている操作を 2007 で行なう方法は分かった。
by utashima | 2009-01-11 10:50 | パソコン | Trackback | Comments(4)

銀行ATMから「ゆうちょ銀行」口座への振込

 2009年1月10日、次男の「ゆうちょ銀行」の口座に、常陽銀行のATMから初めて振り込んだ。事前に「ゆうちょ銀行」口座の支店名や口座番号を知っておく必要がある。郵便局の窓口に通帳を持参すればスタンプを押してくれるが、「ゆうちょ銀行」のこのサイトにアクセスすれば自分で知ることもできる。私は、後者で口座の情報を得た。

 銀行のATMにおいて特に戸惑うことはなかったが、得た支店番号と口座番号が、本当に正しいものかどうかの確認ができるのは、全ての入力が終わって表示される確認画面においてである。その時点まで入力していない次男の名前が画面に表示されたことで、正しいと確認できた。

 私は土日に振り込むことが多いが、その場合、実際に振り込まれるのは、次の営業日となる。以前のように銀行から現金を下ろし、それを持って「ゆうちょ銀行」に出向いて入金すれば、相手にはすぐに届く。しかし、現金(大した額ではないが)を持って移動するよりは、銀行のATMから振り込めれば安全であろう。

 私は、銀行での処理が終わった後、その他の「ゆうちょ銀行」の通帳の記帳のために、「ゆうちょ銀行」に出向くので、私の移動距離に変化はない。

[追記] 振込にすると手数料525円がかかる事を忘れていた。家内に指摘された。525円は大きい。次回からは、以前のように現金を下ろしてから「ゆうちょ銀行」に入金する。
by utashima | 2009-01-10 13:04 | イベント | Trackback | Comments(0)

Windows Search 4.0 の OpenOffice文書検索能力

 今まで Google Desktop を使ってきた。色々なファイルから高速に検索してくれるので気に入っていた。でも、OpenOffice の文書ファイルは検索対象外であった。私の知っている限り、現在もそうである。OpenOffice を自宅ではかなり使用しているので、それらが対象外というのでは、高速検索ツールとして価値が減る。

 先日、MS Office 2007 をインストールする必要が生じ、その時、Windows Search という高速検索ツールを知った。ネットで調べてみると、かなり前から公開されており、現在は ver.4.0 となっている。このツールの検索対象ファイルの中に、OpenOffice のファイルもあったので、Google Desktop をアンインストールし、Windows Search をインストールした。

 確かに、OpenOffice が作成する odt や ods という拡張子のファイルも一部は検索された。しかし、何故か検索されない odt ファイルも沢山ある。日々の記録を記している odt ファイルも検索されないので、殆どメリットがないが、現在はこれを使うしかないのは残念。
by utashima | 2009-01-07 23:49 | パソコン | Trackback | Comments(0)

2009年の初詣

 2009年は暮れから晴天続きの正月である。但し、風が少し強い。2日に初詣に出かけた。昨年に引き続き、千勝神社に。長男は大晦日に新しい勤務地に移動し、長女は2日からアルバイトなので、祖母を含めて5人での初詣。

 昨年よりは、人出が多かった。下の駐車場が一杯で待ち状態。ダメ元で上の駐車場まで行ってみたら、すぐに入れた。詣でた後、御神籤と牛の干支置物を買った。数年前に別の所に初詣に出かけていた時は、露店で達磨を売っていたのでしばしば購入したが、今年からは干支置物にしようかな。初詣からの帰りに、ファミリーレストランで遅い昼食を摂った。
c0011875_15563891.jpg

c0011875_15565429.jpg

by utashima | 2009-01-02 15:56 | イベント | Trackback | Comments(0)