「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「遠い思い出」

 先週、「遠い思い出」という資料を記した。この年になると(今年57歳)ふとしたことで何十年も前の事を思い出すことがある。いつまでも思い出せる訳ではないだろうから、今の時点で遠い思い出を記しておくことにした。想定した読み手は、将来の私自身、私の子ども達、家内、遠く離れて住んでいる母(今年90歳)である。今日、大き目のフォントで印刷して母に郵送した。最近買ったプリンターが役立った。

 何歳頃の事まで思い出せるか。情景は思い出しても何歳の頃か分からないことも多い。はっきり年齢まで判断できる思い出は、幼稚園に通う頃の6歳頃であった。年代順に思い出そうとしても、何かの連想でいきなり別の年代の記憶に飛ぶこともある。兎に角、思い出すままに書いて行き、後で年代順に整理した。こうしていると、最初は思い出せなかった人の名前も、最後には思い出せることもあった。前後関係を間違えて思い出したものも、記憶を訂正できた事もある。今回は、6歳頃から結婚するまでの思い出を記した。

 内容は、当然のことながら、極めて個人的なもの。子供の頃の苦しい思い出、実を結ばなかった恋愛など。私の場合、苦しいことの方が多かった感じがしているが、或いは、誰でもそうなのかも知れない。長男が生まれた時、喜びと共に、この子もこれから苦労するのだろうなぁという思いが湧いてきたものだ。
by utashima | 2008-09-28 22:40 | 最近考えている事 | Trackback | Comments(0)

ヨモギ属花粉症の発症か

 9月になって、喉の痛み、咳で内科に行き、1週間程度薬を飲んだ。殆ど回復しているが、今日、花粉症のようなクシャミや鼻水。風邪と思っていた最近の症状は、花粉症だったのではないかと思い、ネットで調べてみた。こちらのサイトに、参考になる情報があった。8月~10月にヨモギ属(ブタクサも含む)花粉が飛び、喘息症状を伴う事があるらしい。喉の症状もあると。内科で貰った薬の中に、喘息の薬もあった。

 2年前に花粉アレルギー検査をしてもらった事があり、それによると、カモガヤ(イネ科)、ブタクサ、ヨモギ、スギがアレルゲンであった。上記の症状とも符合している。ヨモギ属花粉症は期間は比較的短いらしい。外出時は、マスクを掛けよう。
by utashima | 2008-09-20 13:01 | 最近考えている事 | Trackback | Comments(0)

次の太陽活動極大期は弱い?

 仕事の関係で、2012年頃がピークとなりそうな次の太陽活動極大期の予測値を調べている。太陽活動が強いと、大気密度が大きくなり、地球観測衛星などの高度が大きく低下するため、軌道保持の燃料がたくさん必要になる。

 次のグラフは、Space Weather Prediction Center (SWPC) の solar flux の予測値である。2008年9月5日発表のもの。
c0011875_21334787.jpg

赤い曲線が今後の予測値であるが、ここには2つの曲線が描かれている。SWPC では、どちらの予測値を選択すべきか、現時点で判断ができないと書かれている。予測値は毎月更新されるので、今後の予測に注目したい。高い方の予測では、前回の極大期とほぼ同程度の強さであるが、低い方はピークが 140 ほどであり、最近では例がないほど低い値である。

 2006年のこの論文(PDFファイル)の Fig.5 をみると、2012年頃の極大期と更に次の極大期の solar flux の予測ピーク値は、約 100 である。1700年頃のマウンダ極小期(PDFファイル)ほどではないが、太陽活動が弱くなりつつあるのだろうか。
by utashima | 2008-09-17 21:33 | 宇宙開発トピックス | Trackback | Comments(0)

『デイ・アフター』のテームズ・バリア

 昨日の日曜洋画劇場で『デイ・アフター』という映画を観た。2007年の映画。1000年に1度というスケールの高潮が英国の東海岸を襲い、ロンドンが大きな被害を受ける話。高潮からロンドンを守るために、1982年に完成したテームズ・バリアという可動式防波堤が主な舞台である。このような防波堤が存在する事も知らなかった。もしかしたら、CG で作った架空の構造物かと思って Google Earth で調べてみると、下の画像のように実在するものだった。
c0011875_20281724.jpg

 YouTube に、堤防がどのように動くのかを示す動画があったので、ここをクリックしてご覧下さい。
by utashima | 2008-09-15 20:09 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

自動車保険で娘の運転もカバー

 今日は会社は休みを取った。家内の非課税証明書が必要だったので、市役所に取りに出かけた。自宅から往復13km の距離。昨日から秋晴れのすがすがしい天気なので、運動も兼ねて自転車で出かけた。高低差が意外と多いので疲れた。帰路に着いた時、自動車保険の事で確認したい事があるのを思い出し、通り道にある車のディーラー店に寄った。お店では、飲み物をご馳走になれるだろうという事と、エアコンの効いた涼しい所で休憩できるという思惑もちょっとあった。

 さて、本題だが、娘(20歳)が近々車の免許を手にする。私のオデッセイを彼女も運転できるようにするには、自動車保険をどのような契約条件に変えるのが適切かの相談である。現時点では、年齢制限35歳以上、家族限定としている。この条件で、別居の子供は年齢に関係なく保険が適用されている。子供は偶の帰省時しか運転しないのでリスクが小さいと考えられているのだろう。

 今回対象となる娘は、私たちと同居している。そのため、今の契約では、保険でカバーできない。結局、35歳以上という年齢制限をなくした契約にする必要のある事が分かった。現在の年間保険料5万円余りから12万円余りに急増する。娘が21歳になると7万円余りまで下がるので、これからの1年間の負担が大きい。
by utashima | 2008-09-10 14:15 | 最近考えている事 | Trackback | Comments(0)