<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

エプソンのプリンタ PM-T960 を購入

 娘の要求で、我が家もプリンタを購入する事になった。1年位前から、エプソンの PM-T960 を第一候補と考えていた。理由は、ネットワーク機能が内蔵されているから。キャノンにはネットワーク機能を内蔵した機種はないようだ。今日、近所の家電量販店に歩いて行き、 PM-T960 を約3万円で購入した。10%のポイントが付くので、実質2.7万円である。重さが 10kg あるのは知っていたが、近いので歩いて持ち帰れるだろうと考えていた。実際に持ち帰り始めると、非常に重い。私は腰痛持ちなので、体の前で抱えるのは危険と考え、片手で持てるように取っ手を付けて貰った。30歩歩いては持ち手を左から右へ、右から左へと替えて、何とか持ち帰った。車で行くべきであった。今のところ、腰は大丈夫であるが、明日以降が心配。

 昼食を終えて、プリンタの設定に取り掛かった。プリンタは可動部分が多いので、あちこちがテープで固定されている。「準備ガイド」を見ながらテープを取り外して電源を入れ、ネットワークを設定した。アクセスポイントは Buffaloe の製品なので AOSS に対応しており、簡単に設定できた。ここまでは、評価できる。

 先ず私のデスクトップ PC にプリンタを使うためのソフトを設定した。途中で試し印刷があり、試みたら、紙詰まりで止まった。不良品に当たったかと厭な気分に。調べてみると、印刷後に紙が排出される前面の下部に、固定テープが幾つかそのままになっていた。「準備ガイド」には、その場所に固定テープがある事は書かれていない。原因が判り、一安心。

 Wordファイルの印刷もできた。しかし、両面印刷に失敗した。自動両面ユニットを一旦外して再び取り付けるようにとのエラーメッセージ。それをしても、両面印刷に失敗。再度自動両面ユニットを取り付け直すと今度は巧く両面印刷できた。自動両面ユニットは、後から付加した形になっており、安定動作に問題があるのではないかと心配している。プリンタは、昔から不具合の多い機器なので、自宅では使いたくなかったが、必要ならば仕方ない。

 WORDファイルの印刷の時、プリンタのプロパティを見ていると、「ドライバ自動更新」というボタンがあったので押してみた。最新のドライバがダウンロードされるのは良いが、そこまで。更新するには、先ず旧版ドライバをアンインストールする必要があると言う。これを「ドライバ自動更新」というのは、偽りに近いと思った。上記のボタンを押したら、最新版をダウンロードした後、旧版の削除も自動でやってくれるべき。この事は、エプソンのサイトにお願いしておいた。

[エプソンからの返事](2008年7月27日)
 エプソンからすぐに返事が来た。「ドライバ自動更新」ボタンを押すと、旧版の削除も自動でできるという内容だった。その事は、ここに記されていた。しかし、ここは FAQ であり、正規の説明箇所ではない。ドライバのダウンロードのページにリンクが貼られている「インストール法」には、必ず事前に旧版を削除して下さいと書かれている。
 エプソンからの上記の返事を受けて、ドライバの更新を自動ボタンで実施してみた。ダウンロードが終わり、解凍が終わったところで、「インストールしますか。」というウインドウが開く。ちょっと考えていると、すぐに、別ウインドウ「既に最新のドライバがインストールされています」が表示される。今回はこれを無視してインストールを続行し、正常にドライバの最新版への更新ができた。昨日は、ここでエプソンのダウンロードのサイトに飛び、調べていて、事前に旧版の削除が必須と言う表現を見つけた。
 途中で、不適切なウインドウが開く事、「ドライバ自動更新」の説明がFAQにしか書かれていない事、が問題点であろう。しかし、エプソンの早い対応には感謝する。また、固定テープを貼った箇所の説明が不十分だった事もエプソンに知らせていたが、これについては、今後の参考にさせて頂きたいとの返事だった。残念ながら、改善するとは書かれていなかった。

 プリンタを購入したのは20年振り。もっと簡単に設定できるかと期待していたが、裏切られた。
by utashima | 2008-07-26 22:05 | パソコン | Trackback | Comments(0)

霞ヶ浦総合公園

c0011875_23244015.jpg
 娘の通っている大学の『父母と教職員の会』の茨城県支部の総会・講演会が、昨日(7月19日)霞ヶ浦国民宿舎で開催され、初めて参加してきた。会場の霞ヶ浦国民宿舎は、霞ヶ浦に面した霞ヶ浦総合公園の一角にある。
 講演会が終わった後、公園内を散策して来た。公園に入って目に付くのが風車(上の写真)。子ども達が小さい頃、ここに1度来た事があったように思った。風車の周りを一回りしてから、上に登って見た。

 海ではないが広大な水の景色は、筑波学園都市内では目にする事ができない。尾道の海を見慣れている所為か、水の景色は落ち着く感じがする。下の写真は、風車に登って撮ったもの。
c0011875_23252939.jpg

公園の一角では、少年サッカーチームの試合をしていた。

 この辺りは10年以上来ていないと思う。国道125号線と48号線の立体交差も多分初めて通った。予想通り、往きも帰りも迷った。
by utashima | 2008-07-20 23:07 | つくば近傍探訪記 | Trackback | Comments(0)

風呂給湯器の換装

 1週間ほど前から、風呂給湯器の調子が悪い。自動ボタンを押して風呂に給湯を開始すると、水量は設定水準になっても、温度が低い。そして、エラーメッセージが点滅している。筑波学園ガスの人に見て貰い、屋外機の蓋を開けてリセット・ボタンを押してもらうと、その日は正常に使えたが、翌日再び同じ症状が発生した。この風呂給湯器は、設置して13年が経過している。寿命と判断し、新しいものに換装した。

 筑波学園ガスにカタログを貰い、省エネ効果が大きくCO2排出量の少ない「ecoジョーズ」の製品に決めた。今までのものより、効率が10~15%高いらしい。今日(7月17日)、その新しい風呂給湯器が設置された。工事費込みで27万円余り。同居している家内の両親に、何割か支援して頂いた。感謝。
by utashima | 2008-07-17 23:28 | 省エネルギー | Trackback | Comments(0)

『拡がる宇宙地図』(矢野太平著)

 7月10日、散歩の途中に寄った書店で『拡がる宇宙地図』(矢野太平著)を見つけた。出版されたばかりの本である。著者は、数年前から検討が進められている JASMINE という位置天文観測衛星計画の中心人物の一人である。私も JASMINE ミッションの軌道設計の立場で、検討に参加させて貰っている。という事で、書店でこの本を見つけた時、「あっ、矢野さんの本だ!」と、すぐに手に取ってみた。定価は 1580円。すぐに購入した。

 紀元前からの位置天文学の歴史から始まり、第9章の宇宙機によるスペース位置天文学までが、述べられている。96頁に、古代に活躍した人たちと題して、タレス、ピタゴラス、ヒッパルコス、プトレマイオスなどの十数人の先人たちの業績が年表の形で整理されている。各人の生存期間も棒状に表示されており、分かり易い。

 天動説でも、各惑星の地球から見た方向はほぼ正確に表現できていた。しかし、天動説では距離情報を示す事はできず、「コペルニクスの地動説により、各惑星の日心距離の相対値が観測データから導かれる」事が、図も用いて分かり易く述べられている。この「」の事は、この本を読んで初めて知った。ケプラーはティコ・ブラーエの正確な観測データを使い、先ず地球の軌道を決めた事が書かれている。その時、火星の公転周期毎の観測データを利用する事で、太陽と火星の位置を固定点とみなすことができ、その2つの固定点からの地球方向から地球位置が決まる事が説明されている。この内容も初めて知った。ケプラーの巧い方法に感心した。

 まだ、半分しか読んでいないが、後半も楽しめそうだ。
by utashima | 2008-07-12 20:56 | 読書 | Trackback | Comments(1)

ダビング10へのアップデート完了

 2008年7月4日にダビング10が開始される事になった。私の使っている DIGA もアップデートの対象であり、6月30日から自動的にアップデートされるとパナソニックのサイトに書かれていた。アップデート完了を知らせるメールが DIGA に届いている事を、今日(7月3日)確認した。

 明日以降に HDD に録画した地デジ番組は、DVD-R に保存した後も HDD に残るので、ハイビジョンの映像を楽しめる。しかし、HDD 容量が 250GB しかないので、残しておける期間は1ヶ月程度が限界であろう。
by utashima | 2008-07-03 19:05 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)