<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新WWGoでの対局は有意義

 5月31日に新 WWGo でのランクが 1級と決まり、6月から正式に対局を開始した。6月30日までは無料で対局できると言うので、最近になく沢山(22局)の対局をした。調子の悪い時に頻繁に対局すると、負けが込む傾向があり、前半は 1級から 2級★に落ちた。その後、盛り返して、現在は 1級に戻った。下に 1ヶ月間のレーティング・グラフを掲げた。
c0011875_2150296.jpg

 1局の勝ち負けでレーティングが上下するのは初めての経験であり、以前の WWGo での無料対局以上に真剣になる。負けた対局では、直後でなくても棋譜を検討し、敗着を見つけるようにしている。今後、同じような敗着を打たないために。WWGo の無料対局では棋譜を残せなかったが、新 WWGo では自動的に残る。新 WWGo での棋譜は、日本棋院が使用している UGF フォーマットなので、UGFTOSGF というフリーソフトを使って、『銀星囲碁7』での SGF フォーマットに変え、『銀星囲碁7』で色々な検討をする事もある。

 1局の勝敗が直接レーティングに反映されるためか、以前の WWGo での対局の時と比べて、不利になっても最後まで諦めない人が多いように感じる。従って、中盤で有利になっても、油断できない。昨日も、中盤で大きく優位に立ち、勝てると思ったが、相手が必死で向かって来るのが分かる。1ヶ所で不用意な手を打ち、追い付かれてしまった。結局、半目差で勝ったが、これは偶然。上記のように棋譜を検討して、敗着になった可能性のある手を確認した。現時点では、上昇傾向にはないが、強くなれそうな気はしている。
by utashima | 2008-06-30 21:52 | 囲碁 | Trackback | Comments(0)

石油ストーブを片付けた

 我が家の書斎以外の石油ストーブは既に片付けているが、書斎は毎年6月中旬に片付けている。今年も、本日(6月22日)片付けた。因みに昨日は夏至。梅雨寒で暖房が欲しいと思う事があるのが、6月中旬まで片付けない理由。

 片付けるには、タンクに残っている灯油をポリ容器に移した後、ストーブ内に残っている灯油を完全に燃焼させるため、数時間燃焼させる。今日は、比較的涼しい一日だったので、助かった。灯油の残ったポリ容器を2つ、いつものガソリン・スタンドに持って行き、廃棄してもらった。
by utashima | 2008-06-22 17:52 | 最近考えている事 | Trackback | Comments(0)

瞬間PDF zero v2 の実力

 約1年前にこのブログで「分割・結合もできる PDF 作成ソフト」という記事を書いた。紹介した「瞬間PDFzero」 は良いソフトと判断したので、自宅の PC にインストールしている。しかし、既に Adobe の ELEMENT を購入していたので、使う事はなかった。会社では、Adobe Acrobat 7 を購入して使っており、やはり「瞬間PDFzero」 の出番はなかった。

 今日、職場である特殊な図を含む WORD ファイルを PDF化する必要が生じた。その図とは、2つのグラフを重ね合わせるために、一方のグラフの背景を透明にし、それをもう一つのグラフの上に重ねて作ったものである。WORD にそのような図を作成する機能がある。その図は2000年頃に作成した。それを当時の Adobe Acrobat で PDF化した時に、図が真っ黒に潰れる問題を経験していた。今日、できるかもと思って Adobe Acrobat 7 で PDF化してみたが、8年前と同様に真っ黒に潰れた。この点に関しては、全く進歩していない。極めて特殊な図ではあるが。私も、この図以外は作った事はない。

 そこで、無料の PDF化ソフトを試してみようと思った。職場では「瞬間PDFzero」 をインストールしていなかったので、最新版の v2 をインストールしてみた。何と、その図も正常に PDF化できた。自宅に戻って前版の「瞬間PDFzero」 でも PDF化を試みたが、正常だった。本家の Adobe Acrobat ができない事を無料ソフトがやってくれる。今後は、職場でも「瞬間PDFzero v2」 を使おうと思う。なお、Adobe Acrobat の最新版(ver.9)でどうかは分からない。
by utashima | 2008-06-18 21:39 | パソコン | Trackback | Comments(0)

甥の結婚式に出席

 昨日2008年6月14日、福島県郡山市で行なわれた甥の結婚式に出席した。朝7時10分頃に、家内と一緒にオデッセイで自宅を出発した。常磐自動車道と磐越自動車道で、郡山に向かった。走行距離は片道約200km。ドライブするのは、約8年振り。8年前は、長男のために購入したターセル1300(中古)を山形市まで届けるための一人ドライブだった。昨日のドライブは、8年前の行程のほぼ半分。8年前は9月末の初秋の良い季節で、稲穂の黄金色が綺麗だった。昨日は、梅雨のシーズンにもかかわらず晴れの天気で、走っていて気持ち良かった。

 いわきJCTで磐越自動車道に入り、数分走った頃だと思う。車のラジオ(NHK第一)から緊急地震速報が流れてきた。震源は岩手県。時速100kmで走っていたが何も揺れを感じなかった。後でつくば市の自宅で留守番をして貰っていた祖父に聞くと、かなりの揺れだったとか。震度4だったらしい。つくば市より震源に近いところを走っていたが、何故か感じなかった。その後もラジオから地震情報が流れて来た。新幹線が止まったり、高速道路が通行止めになったり、かなり大きな影響を与えている事が分かってきた。

 郡山市内に行くのに、行程の計画段階で、磐越自動車道の郡山東 IC で降りるか、東北自動車道に乗り換えてから郡山 IC で降りるか、迷った。Google Maps を調べると、郡山 IC から式場に行くルートの選択が難しく思われたので、郡山東 IC を降りて東側から郡山市に入るルートを選択した。実際に走ってみて、道に迷う事もなく、正解だった。

 結婚式に出席予定の人達の中に、地震のために遅れたり、来られない人もおられたが、感動的な結婚式だった。お幸せに。
by utashima | 2008-06-15 10:00 | イベント | Trackback | Comments(0)

娘のノートPCの選択

 大学2年生の娘は、レポート作成やエクセルを使う必要がある時に、私の PC を使っている。2年生になると、レポートの量も増えるらしく、娘のノート PC を購入する事にした。

 娘のノート PC 用に、以前から10万円を確保している。この予算内で選択するが、OS の選択で悩んだ。娘の大学は、Windows Vista を使っている。これに合わせるのが、一つの判断であろう。娘が大学の先生に聞いてみると、XP でも問題ないとの事。購入するノート PC の初期設定は私がすることになる。私の周りの OS 環境は、全て XP である。個人的には Vista の操作法は覚えたくない。と言う状況で、娘と協議し、XP のマシンを購入する事にした。

 近くのヤマダ電機には、XP 搭載のノート PC はなかった。ひたち野うしくに出来たケーズデンキでは、2,3のマシンがあった。但し、CPU はシングル・コアで、メモリも 512kB と少な目。光学ドライブも DVD の書き込みができないものだったり。私が今自宅で使っているデスクトップ PC を購入した DELL のサイトを覘いてみた。ビジネス用に販売している Vostro 1000 というノート PC が私の要求にぴったりだった。OS は XP professional、CPU はAMD Athlon™ 64X2 デュアルコア・プロセッサ TK-57 (1.9GHz, 512KB L2キャッシュ)、メモリは 1GB。これに、MS Office 2007 personal とマウスを追加して10万円。これを注文した。この製品は、「Windows XP Professional へのダウングレードサービス付き Windows Vista Business」というもので、Vista Business へのアップグレードをいつでも出来るように、インストール用 DVD が付いている。でも、私の予想では、XP のままで最後まで使うと思う。
by utashima | 2008-06-07 16:54 | パソコン | Trackback | Comments(4)

自動通帳繰越機

 子ども達に生活費を送金する時、以前は、私の給料日の翌日に銀行や郵便局に出向いていた。1、2年前から、1週間程度早めの土曜日に出向いて送金するようにしている。Week Dayの朝は、銀行なども混んでいるし、私も忙しい。土曜日に、ウォーキングしながら銀行や郵便局に出かけている。今日も出かけたが、多少暑く疲れ気味だったので、自転車にした。

 銀行で記帳したとき、通帳が一杯になり、「後日、窓口で新しい通帳を貰ってください。」といったメッセージが出た。「朝、窓口に行くのは嫌だな。」と思った。なにげなく横を見ると、「自動通帳繰越機」という装置がある。これを使えば、窓口に行かずとも、新しい通帳を発行してくれそうだ。早速試みた。数分掛かるが、朝窓口に行くより良い。この装置は、いつ頃から設置されているのだろうか。メッセージも変更しておくべきだろう。
by utashima | 2008-06-07 15:16 | 最近考えている事 | Trackback | Comments(0)

新WWGo で1級(3k) にレーティングされた

 新WWGo でのレーティング対局数が 20 となり、私のランクは、1級(3k) とランク付けされた。旧WWGo での経験から、3段仮として対局を始めたが、10局の対戦の間に、1級仮(3k)まで 3ランク降下。このランクで 5勝5敗となり、仮の字が取れて 1級(3k) となった。

 1級(3k) の位置は、実際に戦った印象では適切と感じている。しかし、3ランクも降下し、囲碁の世界のランクが分からなくなった。「段級位」というサイトをみると、詳しく書いてあった。その中のサイバー標準というのが最も誤解を生じない基準らしい。私の場合、それは 3k である。日本で一般的な呼称は、日本棋院認定のランクであろう。上記サイトを見ると、3k は、初段~2段の中間なので、希望も含めて、2段と自称する事にする。

 昨日、ランクが決まって最初の対局を同じランクの人と行なった。中盤まで優勢に進み、終盤に入るところで、勝ちを決めに行き、少々無理をした。相手に逆襲され、大きな石を取られそうになった。私の中では、9割方観念していたが、相手が攻撃の手を緩めた。その隙に大石の生きを図り、逃げ切った。局後、棋譜を再生し、相手が攻撃の手を緩めたところを詳細に検討した。相手が緩めずに攻めてきた場合、私の大石に生きがあったかどうか。私の結論は、大石に生きはなかった、である。相手にそのまま攻められていれば、負けていた碁である。私が勝ちを決めに行った時、無理をしなければ安全に勝てたのであろう。
by utashima | 2008-06-01 09:41 | 囲碁 | Trackback | Comments(0)