「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

私が録画したテレビ番組のDVD-Rへのダビング完了

 ビデオカメラで撮った家族の記録の DVD-R へのダビングが完了したので、先ず、私が録画したテレビ番組のビデオ・テープを DVD-R にダビングした。僅かしかなく、机の引き出しに入っていた6本のビデオ・テープのみ。1週間でダビングを完了した。以下の内容である。

(1)The Specialist
 シルベスタ・スタローンとシャロン・ストーンが共演のアクション映画。外国出張からの帰路のジェット機内で観て面白かったので、レンタル・ビデオ店で借りた作品。これは、その後テレビで放送された時に録画したもの。これがきっかけで、それ以降、年に何本も映画を借りるようになった。

(2)True Lies
 アーノルド・シュワルツェネッガー主演のコメディ・タッチのアクション映画。垂直離着陸ジェット戦闘機のハリアーが登場する。

(3)シェラザード
 2004年7月にNHKで放送されたもの。実在の話を元にした長編小説。原作者は、浅田次郎氏であった。テレビで観た2004年当時は、私はまだ浅田氏の事を知らなかった。この小説はまだ読んでいない。いずれ読みたいと思っている。

(4)逃亡者
 ハリソン・フォード主演の作品。無実の罪の濡れ衣を晴らすための執念は凄い。この映画は、テレビで何度も観た。

(6)スパイダーマン
 現在、スパイダーマン3 がレンタル DVD 店の旧作コーナーに並んでいる。近日中に借りる予定。これは、その初作。

(7)戦場のピアニスト
 
(8)鉄人28号
 2004年にテレビ東京から約半年間放映されたアニメ。主な登場人物は、私が子供の頃に読んだ漫画の「鉄人28号」と同じであるが、ストーリーは新しい。

(9)かみちゅ
 尾道が舞台になっている事を、野尻抱介さんに教えて頂き、第10回と第11回の放送分を録画した。テレビ朝日で(多分)2005年6月28日より毎週火曜日26:40 から放映されていた。上のリンク先を調べても、何年の放送かの情報が極めて不足していて不親切である。ネットの情報は、何年も経ってからアクセスされる事もあるので、年の情報も記載すべきであろう。あまりに放映時間が遅いので、2回で録画を止めた。
by utashima | 2008-01-29 21:49 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(4)

プロパンガスから都市ガスへの切替

 昨年(2007年)11月に、都市ガスへの切替を検討中との記事を書いた。12月に筑波学園ガスと契約し、今年1月11日に私道部分のガス管敷設工事をして貰い、16日に我が家の敷地内のガス管敷設工事をして貰った。そして、昨日の24日に、ガス器具(コンロと風呂等給湯器)の調節をして貰い、プロパンガスから都市ガスへの切替を完了した。

 昨日今日と、問題なく使えているが、台所や洗面所などの蛇口の温度調節の勝手がちょっと違っている。蛇口のレバーを今までと同じ位置にすると、熱過ぎる湯が出る。従って、今までより低温側に設定して使っている。この点について、筑波学園ガスに問合せ中。単位体積当たりの発熱量は、都市ガスの方が小さいので、単に都市ガスに変えただけでは、逆に低温の湯が出ると思われる。給湯器の中のバルブ等の調節により、ガス流量をある程度自由に設定できるのかも知れない。
by utashima | 2008-01-25 23:28 | 省エネルギー | Trackback | Comments(0)

テレビ番組録画VHSテープのDVD-Rへのダビング開始

 VHS ビデオカメラで撮影したテープの DVD-R へのダビングを終えたので、テレビ番組録画 VHS テープのダビングを開始した。ビデオカメラで撮影したテープは、3倍モードで 1 時間の記録のものであった。この1本のテープを 1枚の DVD-R にダビングした。画質的には、複数本のテープを 1つの DVD-R に入れても問題ないと思ったが、面倒なので上記のようにした。正常にダビングが進むか気になった事と、懐かしいテープなので観たいという事のために、1時間のダビング中、映像をずっと観ていた。

 これからダビングするテープは、殆どが 3倍モードで6時間のもの。内容は、映画やドラマ、教養番組などが中心。DIGA の「おまかせダビング」機能を使い、6時間の記録を 1枚の DVD-R にダビングするのが最も簡単。3つの映画が録画されている 1つのテープを、試しにこの方法でダビングしてみた。DVD-R の再生画質は、元の3倍モードの VHS テープの映像と比べて、劣化しているとは思えなかった。従って、今後も、6時間分を 1枚の DVD-R にダビングする。3つの映画の先頭にジャンプするメニュー画面も自動的に作られており、便利である。ダビングに 6時間も掛かるので、見ている訳にはいかない。夜、寝ている間にダビングする事にした。

 但し、今回気になった事が 1つある。映画などは二ヶ国語放送の事が多いが、上記のようにダビングすると、DVD-R の音声は、主音声(日本語)と副音声(英語)が混ざっていた。ちょっと聴き難い。DIGA のマニュアルを見ると、VHS テープに録画した機械のメーカーによっては、このような事があるらしい。その場合は、ビデオの再生環境の設定において、「音声」を陽に「主音声」としておけば良いらしい。実際にやってみて、この事を確認した。
by utashima | 2008-01-22 21:48 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

ビデオカメラで撮ったテープのDVD-Rへのダビング完了

 今年(2008年) 1月2日から、VHS テープを DVD-R にダビングする作業を開始した。本日(1月20日)、VHS ビデオムービーカメラで撮影した全テープ (VHS-Cテープ11本) のダビングを終えた。振り返ると、1988年6月に初めてビデオカメラを購入した。19万円もした。VHS-C カセットに記録するもの。確か Victor 製だったと思う。これを 8 年間使い、1996年に Panasonic 製の NV-A20 という同じく VHS-C カセットに記録する機種に買い替えた。こちらは 8 万円余りだった。これは、まだ持っているが、ここ数年は使った事がなく、動くかどうかも分からない。

 これらの2機種を使い、1988年~2000年の約12年間で 11本のテープに録画した。長女は 1988年に生まれているので、生まれてから小学6年生までの大きなイベントはほぼ録画している。長男は 7歳から、次男は 3歳からの記録となる。
 もっと撮影しておけば良かったと思っているが、当時はバッテリ性能が悪く、1時間連続の撮影は難しかった。カメラ自体も重かった。でも、苦労して撮影したデータを無駄にせずに DVD-R に保存できたのは良かった。

 今後は、据え置き型の VHS レコーダに録画したテレビ映像のテープを、DVD-R にダビングする予定。
by utashima | 2008-01-20 19:59 | イベント | Trackback | Comments(0)

オデッセイのバッテリ交換

c0011875_14115398.jpg 今日、灯油18ℓ を買うため、いつものガソリン・スタンドに出かけた。待っている間に、バッテリも点検してもらおうと思った。数日前から、1 回のエンジン・キー回転ではエンジンが掛からず、2回キーを回しているから。半年前の 2007年5月の車検時に、バッテリが弱っていると言われていた事も思い出した。今日計ってもらうと、12V あるべき電圧が 8V 程度だった。

 交換して貰った。JOMOバッテリの 80D23L というタイプのもの。19800円だった。右の写真が、交換後のバッテリ。小円窓内の色で状態を表示している。写真の青色は正常。3年又は8万kmまでの保証付き。現在、新車から 11.5年乗っていて、87600km の走行距離。よって、3年が先に来る。3年以内に交換する事態になると、保証書を持って行くと、無償で交換してくれる。

 前回交換した時期を調べると、2003年5月の車検時だった。ホンダの販売店で交換して貰っていた。約4.5年もった事になる。

 なお、80D23L という表示については、こちらのサイトに説明がある。この事を初めて知った。
by utashima | 2008-01-20 14:11 | イベント | Trackback | Comments(0)

地デジの初ダビング

 先日、テレビ(地デジ)で面白そうな映画を放送していたので、DIGA のハードディスクに録画しておいた。昨日、それを DVD-R にダビングする事を試みた。DVD-R を VRモードにフォーマットしたが、「CPRM 対応ディスクでないので、ダビングできない」というメッセージが出た。取扱説明書を読んで、著作権保護のために、デジタル放送のダビングは1回だけ、という事を思い出した。因みに、CPRM とは、"Content Protection for Recordable Media" である。こちらのサイトに解説されている。

 今日、CPRM 対応の DVD-R を買ってきた。先日買った CPRM 非対応のディスクより、2割程度高いようだ。HDD から CPRM 対応 DVD-R へのダビングは正常に行なわれた。このダビングを行なうと、HDD 内のデータは消去される。DVD-R はハイビジョンでないため、パナソニックのコマーシャルで言っているように、この映画は非ハイビジョンで観るしかない。今後は、HDD に録画したものをハイビジョンで楽しんだ後、必要なものだけ DVD-R に移動させる事にしよう。
by utashima | 2008-01-12 16:09 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

カシオのソーラー電波時計の修理

 約2年使ったカシオのソーラー電波腕時計が故障し、1月5日頃、近所の電気量販店を通して修理を依頼した。1週間後の今日、修理を終えて受け取ってきた。修理費はゼロ円だった。修理作業報告書を見ると、二次電池を交換している模様。

 去年の3月、長男の電波腕時計(ソーラーだったかどうか覚えていない)を修理に出した事があった。思い出して、その時の記事を読んでみた。症状は、デジタル部は正常だが針が動かないというもので、今回の私の時計と同じ症状だった。でも、長男の時計がソーラーでなかったとすれば、二次電池は使っていない筈なので、原因は別だったと思われる。長男の時計の時も修理費はゼロ円だった。カシオは、良心的な修理をしてくれる事を再確認した。先日購入した新しい腕時計は、バックアップとして保管しておこう。
by utashima | 2008-01-12 12:06 | 最近考えている事 | Trackback | Comments(0)

VHS テープの DVD-R へのダビング (2)

 1月1日の最初の VHS から DVD-R へのダビングに続いて、本日(1月5日)、3本のダビングを行なった。

 1日は、VHS から直接 DVD-R にダビングする(「おまかせダビング」というモード)事に失敗し、一度、HDD にダビングしてから DVD-R にダビングした。1時間分のダビングに2.5時間以上掛かるものであった。

 今日は、再び、VHS から直接 DVD-R にダビングする事に、別の方法で挑戦した。「録画時間を指定してダビング」というモードを使った。そのモードの中に更に2つのサブモードがあり、1本ずつ試した。途中で止まることなく、1時間の VHS-C テープを 1.5時間で DVD-R にダビングできた。3本目は、1日と同じ方法(「おまかせダビング」というモード)でダビングしてみた。今度は何の問題もなく終了した。1日の異常の原因は不明だが、最も簡単な方法なので、今後も「おまかせダビング」モードを使おう。
by utashima | 2008-01-05 13:38 | イベント | Trackback | Comments(0)

2008年の初詣

 2008年の初詣は、子ども達のスケジュールに合わせる為、3日に出かけた。昨年までは、大生郷天満宮に行っていた。家内の母の足が不自由なため、今年は、石段のないと思われる神社を探して出かけた。千勝神社に詣でた。牛久沼の西側にある。我が家から車で30分の距離である。前日の2日に、私一人で道を確認する目的で出かけた。地図をしっかり見て出かけたにも関わらず、3回道を間違えた。その内1回は、通り掛かった人に逆の向きに進んでいる事を教えて貰った。渋滞も無く、千勝神社の駐車場に着いた。空きスペースがかなりあり、混み合って困る事はなさそうと思った。駐車場に一時停止しただけで、すぐに帰路に着いた。

 翌3日、家族全員7人がオデッセイに乗って初詣に出かけた。流石に、迷う事無く目的地に到着。千勝神社の正門に向かって進むと、無いと思っていた石段が数十段あった。上に上がると、別の駐車場があった。こちらも空きがあったので、オデッセイを上の駐車場に移動させた。前日の調査が不十分であった。帰りは、往路と別の道を走ってみたが、小さい畦道を走る事になり、往路を戻る方が良かった。来年もここに詣でようと思う。
c0011875_21123526.jpg

by utashima | 2008-01-04 21:12 | イベント | Trackback | Comments(0)

ソーラー電波腕時計の買い替え

 今日の昼頃、机上に置いている腕時計(カシオのソーラー電波腕時計、WVA-400J)が止まっているのに気付いた。バッテリーインディケータがレベル3(時計機能停止の1歩手前)を示していた。数分間、直射日光に当てた。レベル2まで回復し、自動的に電波を受信して、デジタル部の時計表示は正常に戻った。アナログ部(3針表示)は、ずれた時刻のまま動作している。出かける用事があり、昼間の室内の明るさのところに置いて、数時間出かけた。帰宅してから、取扱説明書を見て、アナログ部をデジタル部の時刻に合わせる処置を試みた。最初に或るボタンを押したところで、リカバリーマークが点灯し、針が止まった。取扱説明書によると、電池に大きな負担が掛かった時にそのようになる。室内の明るさでは改善しなかった。明日は晴れのようなので、窓際の直射日光が差し込む所に置いてみよう。

 この時計は、昼間は腕にはめて出社し、夜は外して書斎の PC のディスプレーの前に置いている。このような使い方で約2年間問題なく使えて来た。従って、明日の直射日光の下での長時間充電で回復するとは予想していない。腕時計が無い状態が続くのは困るので、近所の家電量販店で新しいソーラー電波腕時計(WVA-430J)を9800円で購入した。今まで使っていた時計の後継機種である。

 もし、電力不足になった時計が普通に購入したものなら、新しいものを購入した時点で廃棄していたであろう。この時計は、2005年11月に尾道に帰省した時に、父から貰ったものである。それから約2年間使ってきた。その間、2007年4月23日に父は他界し、その時計が父から貰った最後の品となった。この2年間、電波時計の便利さを体感できた。その時計の取扱説明書の最後のページを見ると、購入は2004年6月のようだ。という事は、購入から約3.5年経っている。もしかしたら、バッテリーが劣化しているのかも知れない。カシオのホームページを見ると、

  Q12. ソーラーセルや二次電池の寿命はどれくらいあるのですか?
  A12. 基本的に実使用上問題ない寿命を確保しています。

と書かれている。「実用上問題ない寿命」というのが判らない。私は、少なくとも5年程度は期待したいが。明日の充電の結果を見て、回復しなければ、修理に出そう。直らなくても、手元に置いておこうと思う。

 取扱説明書をしっかり読んでいると、回復の可能性もあるのでは、と思い始めた。1日の使用電力を充電するに要する時間は、蛍光灯下の室内では約8時間らしい。今まで、会社では腕にはめている事が多く、充電時間は、帰宅後に PC のディスプレーの前に置いている6時間程度。その6時間の内、私が1階に降りている間は書斎の電気は消すので、更に短い。2年間、少しずつ過放電になっていたのかも知れない。今後は、会社でも時計は外して、机上に置く事にしよう。そして、時々、バッテリー残容量をチェックし、減っていたら直射日光に当てる等のメンテナンスをしよう。

 実は、新しい電波腕時計を買う時、電池式の方が光による充電時間を気にしないで済むので良いかなと思った。店の人に聞くと、店では電池交換できず、カシオに送るらしい。カシオのホームページを見ても、ネットで電池交換を依頼すると、戻るまで最短で5日掛かると書いてあった。電池交換に1週間程度も掛かると知って、再びソーラーを選んだ。昔は、時計の販売店で電池交換をしてくれた。電池交換が、5年、10年も不要の時計ならば、それを寿命と考えても良いかなと思ったりするが、でも、近所の店で電池交換できない製品に疑問を感じている。

[追記:2008年1月4日]
 今日の午前中、古い方の時計を窓際に置いて充電し、バッテリーをレベル1の Hi にまでできた。しかし、アナログ表示の針を合わせる処理に進めると、昨日と同様に、リカバリーマークが点灯し、針が止まった。修理に出す事にした。
by utashima | 2008-01-03 22:18 | 最近考えている事 | Trackback | Comments(3)