<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

テレビ録画機の更新(DVDレコーダの購入)

 数日前、VHS ビデオデッキが故障した。再生時に音は出るが映像がでない。調べてみると、このデッキは10年前に2万円で買ったもの。約1ヶ月前にテレビを買い替えたばかりである。故障は続くものだなぁ。ビデオデッキを主に使っているのは、長女。大学のサークル活動やアルバイトのため、観たい番組を観る事ができない事が多いから。

 購入する録画機の候補として、低コスト順に以下の4つを考えた。制約条件は、過去に録画した VHS ビデオ・テープも再生できること。
 (1)安い VHS ビデオデッキを買う。
 (2)(HDD+DVD)レコーダと VHS ビデオデッキを1つずつ買う。
 (3)(VHS+HDD+DVD)レコーダを買う。
 (4)(VHS+HDD+ブルーレイ)レコーダを買う。

(1)は最も低コストだが、ハイビジョンで録画番組を観る事のできない娘がかわいそう。
(4)は10万円を超えるコストとなり、我が家には時期尚早。
(2)は設置場所が限られており、断念。
結局、(3)を選択した。

 事前に、ネットで調べて、panasonic のDIGA DMR-XP21V を第一候補として頭に入れて、近所の家電量販店に行った。ポイント分も値引きと考えると、価格.comの最安値よりも安かったので、すぐに購入した。HDMI ケーブルは別に買う必要があった。

 購入して持ち帰り、すぐに設定した。当初、アンテナ・ケーブルを、地上デジタルでなくアナログの方に差し込んだために、地上デジタルの放送局設定ができない不手際や、HDMI ケーブルをレコーダの方のみに接続してテレビ側は忘れていたドジがあったりして多少手間取ったが、無事に設定できた。家電製品も機能が増えて、操作がどんどん面倒になる。多分、私はこのレコーダを殆ど使わないだろう。
by utashima | 2007-12-30 00:32 | イベント | Trackback | Comments(2)

日本語の迷惑コメントに注意

 暫く前から、エキサイトブログは、半角英数記号のみのコメント・トラックバックを受付けない設定が可能になっている。沢山来ていた英文の spam コメント・トラックバックを排除する目的である。このお陰で、 spam コメント・トラックバックは来なくなっていた。

 ところが、数日前から、日本語での spam コメントが 2,3 続けて来た。見つけるとすぐに削除している。この種の spam コメントの中には、ウイルスを撒き散らす目的を持つサイトから送り付けられたものも有る様である。 spam コメント送信者の名前部分を押して、送信者のサイトにアクセスする事は危険です。
by utashima | 2007-12-28 19:01 | ブログ作成の経過 | Trackback | Comments(0)

『鉄道員(ぽっぽや)』(浅田次郎著)

 『地下鉄に乗って』で浅田次郎氏の作品に引かれ幾つかを読んだが、『鉄道員』は未読だった。近所の書店では見つからず、ネットで注文して手に入れた。短いが、思いが広がる作品だ。読んだ後、いつものレンタル DVD 店で『鉄道員』を借りてきた。最近購入したハイビジョン液晶テレビに安い DVD プレーヤーを接続して観た。もちろん DVD だからハイビジョン画質ではないが、横長の液晶画面一杯に北海道の冬景色が広がる。PC でも観た。PC のディスプレーは比率4:3の画面なので、両端を切り捨てるか、上下の幅を狭めるかの2通りの選択肢があるが、私は後者で観ている。映画も良かった。定年まで数年であり、最近肉親(父)を亡くした私には、長女が誕生直後に死の危険があったという歴史も合わせて、今がこの作品から最も多くのものを感じられる時のように思った。
by utashima | 2007-12-09 12:01 | 読書 | Trackback | Comments(0)

北京五輪アジア地区最終予選 (日本×韓国)

 北京五輪アジア地区最終予選の日本-韓国戦を、初めから終わりまでテレビで応援した。最近はプロ野球に関心がなくなり、テレビで観る事はない。でも、日本-韓国の戦いという事で観始めたら、最後まで目を離せない熱戦だった。4対3で日本が勝った。9回に出て来た上原は凄かった。

 最近購入した液晶ハイビジョン・テレビで観た。画質が良いのは当然として、音もサラウンド機能が良かった。家具の枠に半ばはまった状態なので気になっていたが、応援の音や球場のアナウンスの音もそれらしく聞こえて来る。
by utashima | 2007-12-02 23:39 | 最近考えている事 | Trackback | Comments(0)

ウイルスセキュリティ・ZERO の使用感

 約1ヶ月前に、ウイルス対策ソフトを、ウイルスバスタ 2006 からウイルスセキュリティ・ZERO に替えた。その後、約1ヶ月間使用しての感想を記す。ウイルスセキュリティ・ZERO を以下では単に ZERO と記す。

 PC 起動時に、ウイルスに感染していないか等の数項目の診断結果が小さいウィンドウに表示されるのは、安心する。ウイルスバスタ2006 に比べて、特に動作が軽くなったという印象はない。この1ヶ月間に、2~3回ソフトが自動更新された。会社から帰宅してみると、「自動更新されたので、PC を再起動して下さい」というウィンドウが開いている。ウイルスバスタ2006 の時には、再起動を要求する更新は少なかったように思う。しかし、今のところ別に負担にはなっていない。

 ZERO のメールチェックにまだ十分慣れていない。私が送信した宛先のアドレスは自動的に受信許可リストに追加される。過去に受信した主なメールのアドレスを事前に許可リストに簡単に追加できる。この状態で、新しいところから来るメールの殆どが、spamメールと判定されている。判定のレベルを 0~100 の範囲で設定できる。当初は多分 50 になっていたのだと思う。レベルを上げると、許可される可能性が大きくなるようになっているらしい。1週間程度前にレベルを 70 に上げたが、やはり殆どの新規受信メールが spam に判定されている。
 今日、ZERO を調べてみると、「許可リストにないメールは全て振り分ける」という箇所にチェックが入っていた。この意味をヘルプで調べると、全て spam メールのフォルダに入れる、という事だった。これを知って今までの動作を理解できた。上で、自信なく「殆ど」と書いたが、全て spam メール扱いだったのだ。このチェックを外し、判定のレベルを 50 に戻した。これで暫く様子を見よう。

 毎月1日に全ハードディスクの全ファイルをウイルスチェックする設定にしている。今日の12時にそれが動作した。内蔵C, D と外付け F を合わせて、約40GB のファイルがある。これらのチェックに約1時間掛かった。この程度の時間であれば、月1回なので我慢できる。

 正常メールが spam 判定される事がなくなり、偶に判定漏れの spam メールが正常メールに紛れ混む程度になれば、ZERO に不満はなくなる。
by utashima | 2007-12-01 14:42 | パソコン | Trackback | Comments(0)