「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

頚椎ヘルニア

 今年の8月末に腰痛を発症した事は、ここに記した。その後、順調に回復している。日々、腰痛体操、散歩、ぶら下がり運動を欠かしていない。

 実は、8月末に腰痛を発症した時、変な頭痛もあった。そして、整形外科に行く前に、行き付けの内科で診てもらった。その時、腰だけでなく、首もレントゲン写真を撮った。そして、頚椎もずれているとの診断を貰っていた。頚椎のずれにより、将来、肩から腕、指先にかけて、痛みや痺れが生じる可能性があると言われた。その時は、頭痛はすぐに治まっていた。

 それから約2ヵ月後の10月24日、とても寒い日だった。初冬の寒さと言われた。その朝、ちょっとした動作の後、右の肩から肩甲骨にかけて、痛みが発生した。寒さがきっかけとは思ったが、痛みの元には気付いていなかった。数時間して、頚椎のずれの診断の事を思い出した。といってもすぐには思い出せず、日記を調べてはっきり思い出した。この痛みは、頚椎のずれ又は頚椎ヘルニアから来ていることを確信した。1日経って改善しなければ、整形外科に行こうと考えていた。

 ネットでこのページを見つけた。首の筋肉を補強する必要があると書かれていた。そのページの最後に首の運動も紹介してあったので、腰痛体操と一緒に、この首の運動も続けている。そのお陰か、右の肩から肩甲骨にかけての痛みは、かなり消えてきた。私の過去の首へのダメージとしては、1986年10月に、ジェット推進研究所に1年間滞在した時に、止まっている時に追突された事がある。当時はまだ若く、首の筋肉も強かったので症状が出なかったのかも知れない。あるいは、この追突事故が無くても、頚椎ずれは存在したのかも知れない。

 いずれにしても、年を重ねると、筋肉がこれ以上弱くならないように維持する必要性を、痛感しているこの頃である。
by utashima | 2006-10-29 10:14 | 最近考えている事 | Trackback | Comments(2)

外壁再塗装

c0011875_1038918.jpg 1995年に我が家を新築して、既に11年が経過した。へーベル・ハウスでは10年目に外壁再塗装が標準のメンテナンス項目として推奨されている。昨年は次男の進学がまだ決まらず、それどころではなかった。今年、次男もほぼ希望通りのところに進学できたので、外壁再塗装を行なう決心をした。晴れの続く時期が望ましいので、10月頃にしたいと、5月頃に予約を入れた。

 10月中旬から約10日間で外壁再塗装をして貰った。最後に足場を解体する日に雨が降ったが、ほぼ天候には恵まれた。この間、私の乗っているオデッセイは、子供のために借りている数十メートル先の駐車場に置いた。約10日間は、右の写真のような状況であった。

 以下に、再塗装完了後の写真を掲げる。1995年に我が家が完成した頃は、デジカメもなく、多分写真を撮っていない。2001年にデジカメを買った時に撮った写真があったので、比較のために並べた。左が2001年の写真。右が再塗装後の写真。以前より、少し暖かい感じの色にして貰った。なお、作業の間、ご近所の方々には、ご迷惑をお掛けしました。ありがとう御座いました。

c0011875_10295450.jpgc0011875_1031825.jpg

 これから家を建てる予定の方々へ。私が家を建てる計画を作成中の頃(1990年代初め)、外壁再塗装のようなかなりお金の掛かるメンテナンスが10年目頃に発生するという情報は聞いていなかったと思った。確認のために、今回の作業をお願いした業者の方に質問すると、「当時はメンテナンスまで含めてご提案するようにはなっていなかった」との事。現在は、メンテナンスも含めたトータル・プランを説明しているようだ。
by utashima | 2006-10-28 10:35 | イベント | Trackback | Comments(2)

映画 JFK を観た

c0011875_1123755.jpg 近所の DVD レンタル店で、今、旧作を 1週間 100円で借りる事が出来る。正確な定義は知らないが、この店の旧作は、2年以上前に公開された映画のように思える。この際、数年前の映画に限らず、昔の良い映画を観てやろうと思っている。100円レンタルの期間がいつまで続くのかはっきりしないが。

 最近の 1ヶ月間に、『アラビアのローレンス』、『戦場のピアニスト』、『サンダーバード』、『JFK』を観た。どの映画も素晴らしかった。『アラビアのローレンス』は実話と知っていたので映画を観た後、特に調べる事はしなかったが、『戦場のピアニスト』は実話かどうか気になって調べた。実話だった事を知った。ピアニストのシュピルマンは、第二次大戦後も生き続け、2000年に88歳で生涯を終えた。一方、彼を救ったナチス将校のホーゼンフェルト大尉は、ソ連軍の捕虜となり、1952年にソ連の捕虜収容所で死亡している。

 ケネディ大統領暗殺の真犯人は、未だはっきりしていない程度の事しか知らなかったので、『JFK』を観て、驚くと共に考えさせられた。米国の民主主義とは何だったのかと。ネットで調べると、色々と本も出版されていた。その中から、2つを選んで読んでみる事にした。『JFK(ケネディ暗殺犯を追え)』(ジム・ギャリソン著)『2039年の真実』(落合信彦著)。前者は、映画『JFK』の主人公であるジム・ギャリソン検事の著作と言うことで選んだ。

 右は暗殺現場(テキサス州ダラス市)を Google Earth で表示したもの。黄色線が大統領パレードの経路。赤丸の地点で狙撃された。ピンク色の線が、ウォーレン委員会が報告した弾丸の流れ。赤の線は、色々な証言から、実際にケネディ大統領の頭部を射た弾丸の流れではないかと言われているもの。
by utashima | 2006-10-21 10:49 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

接触軌道とは

 必要があって、10年以上前に自分で導いた摂動に関係する式を記したメモを読み返していた。そのメモを理解するには、通常の(平均ではない)ケプラー軌道要素が、接触軌道の6要素であることが本質的に重要であった。

 ネットでは、「接触軌道」がどのように説明されているか興味を持ったので、Google で検索してみた。ある天文台のページには、以下のように説明されていた。
天体の軌道要素は惑星の摂動によって刻々と変化している.接触軌道とは,ある瞬間における天体の位置と速度を,そこでの値として持つ軌道のことを言う.また,その“瞬間”のことを接触元期という.

 これでは、殆ど説明になっていないと思う。別のサイトでも似たような不十分な説明であった。そこで、外国のサイトも含めて検索してみた。Answers.com というサイトには、一つの言葉に対して、複数のサイトの説明が記載されている。osculating orbit という所には、Science and Technology Dictionary の説明として、
(astronomy) The orbit which would be followed by a body such as an asteroid or comet if, at a given time, all the planets suddenly disappeared, and it then moved under the gravitational force of the sun alone.

と書かれていた。これは極めて判り易く、曖昧さのない的確な説明と思った。「摂動源となる全ての惑星が突然に消えて・・・」というのが良い。地球周りの軌道では、惑星が消えるだけでなく、地球の重力ポテンシャルも瞬時に球対称になる訳である。つまり、接触軌道要素というのは、ある瞬間の宇宙機(or 天体)の位置・速度ベクトルを、(二体問題として)ケプラー軌道要素に変換したものという事である。二体問題に従う軌道を、ケプラー軌道というので、上の説明の括弧の部分は冗長ではある。
by utashima | 2006-10-14 19:47 | 最近考えている事 | Trackback | Comments(0)

Drag Free 宇宙機のための電気推進系

 Drag Free 宇宙機の打上げが近づいている。Drag Free 宇宙機というのは、重力ポテンシャル以外の原因による加速度を完全にキャンセルして飛行する宇宙機のことである。キャンセルされる加速度の原因としては、大気抗力と太陽輻射圧がある。
c0011875_14432569.jpg
歴史的背景
 Drag-Free 宇宙機というのは新しいものではなく、既に幾つか飛行していたようだ。このサイトによると、U. S. Navy's TRANSIT Navigation Satellites が、Drag-Free を採用していたようだ。目的は、予測の難しい大気抗力を完全にキャンセルする事で、衛星の将来の位置を予測し易くする事だった。1970年代から80年代に、6機の衛星が飛行したらしい。その他にも Drag-Free 衛星が飛んでいたかも知れない。

GOCE
 近い内に打ち上げられる Drag-Free 衛星の一つは、GOCE (Gravity Field and Steady-State Ocean Circulation Explorer) である。2007年にロシアの Rockot で打ち上げられる予定である。右図が飛行中の GOCE。地球重力場を高精度に測定するミッションである。RESTEC のホームページにも、このように紹介されている。約2年間、高度 250km を、イオン・エンジンの推力で大気抗力をキャンセルしながら飛行する予定。日本が関係した衛星で最も低高度を飛行したのは、NASA との共同ミッションの TRMM (Tropical Rainfall Measuring Mission) であり、高度350km を飛行した。現在は高度400km 余りを飛行している。TRMM の高度保持制御は、通常のヒドラジン・スラスタが使用されており、Drag-Free ではない。GOCE は、TRMM よりも更に 100km 下を飛行する事になる。

 GOCE で使用されるイオン・エンジンの性能に関心があり、調べてみた。この PDF ファイル(System CDR Executive Summary) に記載されている。1.5mN~20mN までの推力を連続的に選択でき、その分解能は、12μN であった。喉から手が出るほど欲しい性能である。

LISA-Pathfinder (Smart-2)
 こちらは 2009年に打上げが予定されている LISA Pathfinder である。アインシュタインが予想した重力波を検出する宇宙機の LISA (Laser Interferometer Space Antenna) の実証ミッションである。LISA は、NASA においては無期限延期の扱いとなっているが、その技術実証を行なう LISA Pathfinder は ESA が予定通り打ち上げようとしている。LISA Pathfinder のミッション軌道は、太陽-地球系のL1点ハロー軌道のようである。LISA Pathfinder は 、1~100μN を発生する FEEP (Field Emission Electric Propulsion) という電気推進系を使用して、Drag-Free を実現する。この場合は、太陽輻射圧をキャンセルする。この FEEP の推力ノイズは、0.1μN 以下との事。

 ヨーロッパは、1μN ~20mN の広い推力範囲において、高精度の電気推進系を持つ事になる。
by utashima | 2006-10-07 17:06 | 宇宙開発トピックス | Trackback | Comments(2)

息子達の初運転

c0011875_16375472.jpg 10月7日、次男が自分の車(先日購入した3年物のホンダ FIT)を運転して、つくば市内の店に買い物に出かけた。助手席に母親を乗せて。彼の初乗りである。彼は今年の9月に運転免許を取得。彼は、埼玉県の所沢市に住んでおり、そこで運転する事になる。事故なく車を利用して欲しい。

 私が学生の頃は、車を持つと言う事は、極めて例外的な事であった。私は九州大学の航空工学科の学生であったが(1970年~1974年)、1クラス20名弱の中で車を持っていたのは1~2名だったと思う。私は3年生の夏休み(1972年9月)に運転免許を取ったが、その直後はとても車を欲しかった記憶がある。最近は、東京都内で暮らしているのでない限り、車は必需品になりつつある。それに、息子たちは運動部の部活に入っており、練習や試合に車が必要のようである。

 という事で、6年前の長男の時から、車を持つ事を許可して来た。長男は山形大学に通っていたので、つくば市で一緒に選んだ車(4年物のトヨタ ターセル)を、私が山形市まで運転して持って行った。初秋の常磐道は、黄金色の稲穂がとても綺麗だった。山形市のインターチェンジ近くの運動場で部活をしていた長男と待ち合わせ、彼を拾って彼のアパートまで行き、一服。それから彼の運転で、山形駅まで送って貰った。これが彼の初乗り。彼は、その後、車を運転して部活に合流した。私は、東京に戻る新幹線を待ちながら、長男が無事に部活の場所まで行けるか、その後も大丈夫か、気になったものだった。

 6年経ち、長男は事故もなく大学を卒業し、研修医として独立してくれた。6年間ターセルは故障なく走り、今も彼は使っている。
by utashima | 2006-10-07 16:30 | 最近考えている事 | Trackback | Comments(2)