<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

無線LAN BBルーターの設定

 3月26日、我が家に無線LAN BB ルータを初めて導入した。Buffalo の製品と I-O Data の製品を調べてみた。アクセスポイントと子機のアダプタがセットになっているものが経済的なので、それに絞って比較した。I-O Data の製品は、子機がCard Bus PCカード タイプのものであったので、USB2.0 に接続できる Buffalo の製品を選んだ。

 今回、無線ルータを導入する必要が生じたのは、今まで遠くの大学で勉強していた長男が卒業して帰って来て再び一緒に住む事になったからである。私のパソコンはルーターから有線で接続し、息子のパソコンは無線で接続する。先ず、有線で私のパソコンを接続し、問題なくインターネットに繋がる事を確認した。Buffalo の製品には、AOSS (AirStation One-Touch Secure System) という機能があり、無線で接続する子機との間の設定がボタン一つで簡単にできる事になっている。ところが、やってみると、接続できない。接続できない場合の対策がマニュアルに書かれており、それに従って色々と試みた。先ずした事は、アクセスポイントと子機との距離が2メートル余り(息子のパソコンは隣の部屋にある)あるので、アクセスポイントだけを離して子機の横に置いた。マニュアルには、AOSS 接続の時は、信号強度が弱いので、50 cm 程度まで接近させる事と書いてあったから。しかし、AOSS では接続できなかった。その後、息子のパソコンのウイルス検索ソフトをアンインストールして試みたり、アクセスポイントのチャネルを別のものに変更したりしてみた。しかし、全て失敗だった。

 メーカーに設定のために出張を依頼する事もできるようになっており、費用がかなり掛かるが、仕方ないかなと思い始めていた。アクセスポイントを私の部屋のパソコンの横に戻し、そこで AOSS による接続を再び試みたら、やはり接続はできなかったが、信号強度は十分にある事が判った。この頃には、Buffalo に対して、かなり不信感を持って来た。せっかくの AOSS が何の役にも立たない。メーカー出張を依頼する前に、AOSS を使わず、手動で設定する事を試みた。無線規格として、11g/b を選択し、セキュリティとして WPA-PSK(AES) を選択し、WPA-PSKの事前共有キー(63文字以下の半角英数字記号)として、適当に決めた60文字以上のキーを設定した。そして、息子のパソコンでアクセスポイントの検索をし、見つかったものに対して、そのキーを入力すると、無事に接続できた。キーは、60分間隔で自動的に変更される事になっている。これは、アクセスが連続している時は、60分毎にキーが変更されるという事だと思う。一旦電源を切ったりすると、再び、最初に設定した60文字以上のキーが使われるのであろう。この辺りについては、ちょっとネットで調べたが、判らなかった。限界までの長さの事前共有キーを設定し、AES という現時点では解読方法が存在しない暗号方式を使っているので、ほぼ安全と考えて良かろう。

 そして、待望のネット速度を調査した。息子のパソコンで Gyao の映画を表示させておき、私のパソコンでネット速度を計った。私のパソコンだけの時は 6Mbps であったが、4Mbps余りに落ちていた。しかし、私のパソコンで同じ映画を表示させても、2つのパソコンの表示は滑らかで何の問題もなかった。よって、CATV の契約については、プレミア・サービスに変更する必要はないと判断した。

 それにしても、AOSS は何だったのか。腹立たしい気持ちが残る。

 最後にもう一つ問題点を記す。今回は、有線の設定を行なったすぐ後に無線の設定を行なった。無線の設定を行なう時、当然にセキュリティの事を考える。しかし、全ての人がすぐに無線の設定を行なうとは限らない。例えば、2台は有線ですぐに接続し、暫く後に購入する PC を無線で繋げる場合もあろう。無線接続をするまでは、セキュリティの事は考慮しない人が多いのではないか。無線接続をしない時は、無線機能をオフにする設定が可能になっている。出荷時の状態では無線機能がオンになっている。しかしながら、マニュアルには、この事の記載は無い。無線接続はしていないから、安心だと思っていると、電波は暗号化されずに送信されていて、誰でも受信できる状態になっている。この辺りの事は、マニュアルにしっかり書いておくべきと思う。
by utashima | 2006-03-26 23:04 | パソコン | Trackback | Comments(0)

斜め観測による分解能の劣化倍数

 災害監視などのように観測頻度の高い事(ある地点の観測が要求された時に短時間後に観測できる)が重要な衛星ミッションの場合には、直下視だけでは沢山の衛星数が必要になる。そこで、ある程度の観測性の劣化を許容して斜め観測をする事がある。ポインティング観測という。2006年1月24日に打ち上げられた陸域観測技術衛星「だいち」に搭載されている AVNIR-2 (可視近赤外放射計)は、進行直交方向に±44度のポインティング観測が可能になっている。ポインティング観測時の幾何学的関係を下図に示した。オフナディア角θが大きくなると、斜めから見る事になるだけでなく、衛星と観測点との距離も大きくなるため、分解能が悪くなってしまう。斜め観測における直下視観測時の分解能との比を、私は「分解能の劣化倍数」と呼んでいる。
c0011875_222425.jpg

 下図にオフナディア角に対する分解能の劣化倍数を4つの高度に対して示した。地球の曲率も考慮している。「だいち」の高度は約700kmなので、AVNIR-2 の±44度のポインティング観測では劣化倍数は約2.4倍となる。グラフからも判るように、オフナディア角が小さい領域では、高度及び地球の曲率の影響は小さい。なお、地球の曲率を無視した近似では、劣化倍数は、1/(cosθ)^2となる。
c0011875_21523598.jpg

by utashima | 2006-03-19 21:52 | 宇宙機の軌道設計/ 解析 | Trackback | Comments(7)

DVD『タイムライン』、『2001年宇宙の旅』、『2010年宇宙の旅』を観た。

 近所のGEOは、今も100円でDVDを1週間貸してくれる。会員になる時に、1本当たり50円引きのチケットを多数貰っているので、50円で1つのDVDを借りられる。先週から、『タイムライン』、『2001年宇宙の旅』、『2010年宇宙の旅』を観た。

 『タイムライン』は、14世紀フランスの修道院の発掘をしている人たちが、時間転送装置で14世紀のその時空間に行く話。中々楽しめた。でも、1度観ただけでは判らない点があり、2回観るとすっきりした。

『2001年宇宙の旅』は過去に2回観た。その後20年以上になるので、もう一度観たいと思った。『ソラリス』と同じように説明は最小限で構成されている。というより、『ソラリス』が真似たのであろう。木星に着いてモノリスを見付け、作業ポッドに乗って接近した船長が観た映像から、意味不明になるが、そこまでは判り易い。

 続けて、『2010年宇宙の旅』も観た。こちらの映画は多分初めて観たのだと思う。これを小説で読んだのは、1997年だった。当時、職場で木星ミッションを考える事があり、偶々『2010年宇宙の旅』を読んでいて、木星大気を利用したAerobrakingが出て来たので記憶に残っている。小説では、中国の宇宙船も木星に向かっていたが、映画では省略されていた。
by utashima | 2006-03-17 21:12 | 映画・ドラマ | Trackback(1) | Comments(4)

まだ会った事のない親戚(歌島さん)からの連絡(3)

 3月12日、3人目のまだ会った事のない「歌島」さんから、メールを戴いた。2005年6月の最初の方と家系図的には近い位置の方であった。ご連絡、有難う御座いました。
by utashima | 2006-03-12 18:44 | 歌島姓・尾道 | Trackback | Comments(1)

エレベータの停止階指定ボタンのキャンセル

 私の職場は 4 階建てビルの 3 階である。降りる時は階段を使っているが、上る時はエレベータを利用してしまう。1 階でエレベータに乗り 3 階に上がる時、偶に手が滑って 2 や 4 を押す事がある。その場合、停止階の取り消しはできないものと思っていた。今日、3 を押すべきところを 2 を押してしまった。もう一回押すとキャンセルになれば良いなぁ、と思いつつ、何気なく押してみた。すると、驚いた事に 2 のランプが消えて 2 階での停止がキャンセルされた。このような機能が実装されている事を初めて知った。ネットで調べてみると、このサイトに同様の事が書かれている。キャンセル法も幾つかの方法があるようだ。
by utashima | 2006-03-09 00:48 | 最近考えている事 | Trackback | Comments(4)

映画『ソラリス』を途中で止めたが、・・・

 近所の GEO で DVD 映画『ソラリス』を 50円で借りて来た。先週は、1本 10円だったが、まだお得な値段のサービスが続けられている。『ソラリス』は半分まで我慢して観た。そこまでに、惑星ソラリスの異様な映像(惑星表面から磁力線のようなものが、あちこちから出ている)や、その周りを回っている宇宙ステーション、それにドッキングする宇宙船などが出て来て、映像的には多少興味の持てるものがあったが、それだけで映画を最後まで観ようという気にはなれなかった。最後まで見ると、何か感動する場面があるのかも知れないが、半分まで見て視聴者を引き付けられない作品は、失敗作であろう。勿論、最後まで引き付けられて観た人も多いと思われるが、私には失敗作であった。既に死んでいる妻が同じ宇宙ステーションに現れる。ソラリスの環境が、人間の脳にそのような錯覚を引き起こすのだろうと思って観ていたが、馬鹿馬鹿しくなった。

 が、hirotaさんが原作の話をコメントして下さり、最後まで観ようという気持ちになり、観ました。後ろのコメントをご覧下さい。

 『タイムマシン』も一緒に借りて観た。こちらは楽しめた。タイムマシンを映像にして見せるために、スタッフたちは苦労したようだ。苦労の甲斐があって、時間旅行している間の時間が流れる映像描写は面白かった。80万年後の地球は幻滅させられるものであったが。
by utashima | 2006-03-05 23:01 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(6)