カテゴリ:イベント( 145 )

久し振りの故郷--尾道--

 11月12日~13日は、久し振りに、故郷の尾道・向島に滞在した。ちょうど、『男たちの大和』の映画のロケセットが公開されている。このロケセットを始め、懐かしい島の色々なところを兄の運転する車で回った。

映画のロケセットは、日立造船向島西工場跡に作られている。下の写真は、大和の第一主砲塔の正面から写したもの。背後は、尾道水道、その向こうに尾道市の千光寺山が見える。大和には、3連装46cm砲が3つあり、2つが前部に、1つが後部にある。ロケセットでは、第二主砲塔だけが正確に作られており、第一主砲塔の3つの砲身は省かれていた。大和の建造費は、現在の貨幣価値に直すと、約二千数百億円との事。宇宙開発事業団の開発したH2ロケットの開発費とほぼ同じだった。
c0011875_231248100.jpg


 46センチ主砲の次に印象に残ったのは、以下の九六式3連装25ミリ対空機銃。この機銃を見てすぐに思ったのは、文房具のホチキスの針の装填方式。次に、右下の説明を読んで更に驚いた。この機銃は、日本軍がフランスのホチキス社から製造権を購入したもの。ホチキスという姓の兄弟がいて、兄がこの機銃を開発し、弟が文房具のホチキスを開発したと言う。半分冗談で、「この機銃はホチキスと似ている」と思った事が当たっていた。
c0011875_23251760.jpg


 下の写真は、大和のロケセットを横から眺めたもの。艦橋部は省かれている。
c0011875_23302479.jpg


 その後、向島一周のドライブに出た。向東町の小・中学校の横を通り、東端の歌地区に出て、島の南東部の海岸を走った。島の最高峰の高見山にも(車で)登った。下の写真は、高見山から尾道水道を見たもの。
c0011875_23321968.jpg

by utashima | 2005-11-14 21:51 | イベント | Trackback | Comments(3)

パンフラワーの展示

 つくば市役所桜支所の隣りにある桜総合体育館(旧圏民センター)で、2005年11月5, 6日に、つくば市文化祭(の桜会場)が開催されている。市民の色々な作品が展示されている。書画、絵画、陶芸、ステンドグラスの作品、パンフラワー、写真、生け花など。家内もパンフラワーのサークルに入っていて作品を出しているので、私も行ってみた。家内は毎年出品していると思われるが、私は今回初めて見に行った。以下に、出品した3つの作品を紹介させて頂く。
c0011875_1645128.jpg

c0011875_16453920.jpg

c0011875_16455886.jpg

 これらのパンフラワーを見た後、生け花の会場に行ってみた。造花のように見える生け花も多かった。パンフラワーは本当の花のように見える事を目指し、生け花は逆に脱自然を目指しているのかなと感じた。
by utashima | 2005-11-05 17:29 | イベント | Trackback | Comments(0)

我が家に FAX 開通 !

 数日前に筑波に激しい雷雨があり、数分間の停電があった。家に帰ってみると、電話の留守録機能が故障していた。通話に支障はなかったが、新築時に設置してから10年経っている事、Fax が付いていない事のため、買い換える事にした。

 先ず、インターネットで Fax が付いているだけの安い機種を探した。ほぼ機種が決まりかけた頃、家内が「ドアフォンも繋がるものでないとダメよ」と言う。ドアフォンの事は頭になかった。我が家にも大抵の家庭と同様に2つのドアフォンがある。門柱に取り付けられたものと玄関ドアの横に取り付けられたもの。これらのドアフォンとの接続はどうなっているのか、と考えていて、10年前を次第に思い出して来た。ドアフォン・アダプタという10センチ四方の薄い装置が、ドアフォンと電話機とを繋いでいる。通話できると言う事は、ドアフォン・アダプタも正常と言う事。

 既設のドアフォン・アダプタを使うとなると、電話機のメーカーは今までの電話機と同じメーカーにしなければならない。我が家では Panasonic を使っている。機種選定をやり直し、2つの子機と Fax が使える機種を選択した。
 次に問題になったのは、電話機の設置場所。今までは壁に掛けて使っていた。今回、Fax の付いた機種となると、壁掛けはできない。今まで掛けていた壁の下には、背の低い小物入れタンスが置いてある。その上に置こうと考えた。ここまでの検討の後、近所の大型家電販売店に行き、Fax 電話機を購入して来た。

 古い電話機を取り外し、新しい電話機を小物入れタンスの上に置き、壁の穴から出ている電話線コード(6極6芯)を更に取り出そうとして困った事になっているのに気付いた。この電話線コードは、壁の向こうに設置しているドアフォン・アダプタから伸びている。しかし、10センチ余り足りない。次男が電話線の延長コードが販売されている事を思い出し、すぐに電気店で買って来た。その電話線延長コードを繋ぐと、新しい電話が使えるようになった。ホッと一息ついた。
c0011875_2134372.jpg
 しかし、確認のためにドアフォンを押してみたが、反応がない。電話機の取扱説明書を読み返したが判らない。次男が気付いた。ドアフォン・アダプタからの電話線コードは6極6芯でなければならないと書いてあった。次男が電気店から買って来たのは、6極4芯であった。今度は私が電気店に行き、6極6芯の延長電話線コードを探した。ところが、見当たらない。店の人に聞くと、メーカーから取り寄せる事はできるが、普通は販売していないと言う。ドアフォン・アダプタからの電話線コードはメーカー毎に独自の仕様であり、Panasonic の場合、2メートルの長さのものが、ドアフォン・アダプタに付属している。店員の話では、延長しても通信できるかどうか判らないという。よって、電話線コードの延長は諦めた。

 小物入れタンスの上に、1辺が40センチ程度の立方体形状の本箱を置き、その上に電話機を置いて、ドアフォン・アダプタからの電話線コードを繋げる事にした。そして、次男と一緒に、家具店と日曜大工店を回って適当な家具がないかと探した。3000円~7000円程度のものが2つほど候補に上がった。次男が携帯電話のカメラでそれらを撮影し、帰ってからみんなで写真を見て検討した。結局、日曜大工の得意なお祖父さんに自作して貰う事になった。

 右の写真が、完成した状態である。画面左上の壁に付いている黒い物体が、古い電話機を支えていたものであり、そこからドアフォン・アダプタからの電話線コードが出ている。壁の穴を塞ぐためにそのまま利用している。

 最後まで解決を延ばしていた事がある。ドアフォン・アダプタはどこにあるかという事。10年前に入居した時、壁の向こうの部屋の押入れの側壁にそれらしい装置を見たような気がした。その部屋はお祖母さんが使っており、押入れの中を見せて貰った。上下の押入れと天袋の側壁を見たが見つからない。家の間取り図も、お祖母さんの部屋の押入れに付いている事を示している。住宅メーカーに電話して質問すると、床下や天板の上などに設置する事はないとの事。再度、お祖母さんの押入れを調べさせて貰い、天袋の側壁にその装置を見つけた。1回目に何故見つからなかったのかと疑問に思ったほど。将来、ドアフォン・アダプタからの電話線コードが切れたりしたら、私達では交換は困難であろうと思った。電気屋さんに工事をお願いする事になろう。
by utashima | 2005-08-11 21:00 | イベント | Trackback | Comments(7)

『ウェブログのアイデア!』を10名さまにプレゼントに応募

『ウェブログのアイデア!』を10名さまにプレゼントという企画があったので、運試しという事で応募させて頂いた。
by utashima | 2005-03-19 21:03 | イベント | Trackback | Comments(0)

九州大学航空工学科 同窓生の忘年会

 2004年12月18日(土)、九州大学航空工学科の1974年卒業生を中心とした忘年会が、東京駅八重洲口近くのアマートアマート(イタリア料理店)で開催された。以下の写真は、2次会でのもの。ここ3年程、連続して開催している。今回は、卒業以来の再開(約30年振り)の人もいた。来年は是非、母校のある博多で開催しようと誓い合った。c0011875_8185682.jpg
by utashima | 2004-12-19 01:12 | イベント | Trackback | Comments(0)