カテゴリ:イベント( 147 )

ハローワークでの手続きを終えた

 2017年3月31日でJAXAを完全に退職したので、土浦のハローワークに行き、雇用保険高年齢求職者給付金の受給手続きを行なった。つくば市のハローワークに行けば良いと思っていたが、念のためにそこに電話してみると、受給手続きは土浦ハローワークに行く必要がある事を教えて貰った。

 4月19日午前8時に土浦ハローワークに出かけた。数日前にJAXA人事部から送られてきた書類に必要事項を記入して持参した。次は5月12日(本日)午前8時に再び土浦ハローワークに出かけ、受給資格者として認定して頂いた。約1週間後に給付金が振り込まれる。

 久し振りに土浦市内を走った。4月19日の帰路はカーナビに従って走ったが、今日の帰路は昔良く走ったルートを走りたくなり、カーナビの案内を無視して懐かしい道路を走った。
by utashima | 2017-05-12 12:21 | イベント | Trackback | Comments(0)

家族の食事会(2017年4月)

c0011875_11225869.jpg 2017年4月30日夜、代々木公園駅付近の創作料理のお店「四季ごはん 晴れ間」で、子供たちが家族の食事会を開いてくれた。4月後半~5月初めは、私と家内の誕生日、私達の結婚記念日、長男の誕生日などが固まっている。2月に結婚した娘たちと、4月から都内の大学病院で後期研修医として活動を開始した次男のお祝いもある。今回は娘の配偶者も一緒。

 早目に家を出て、柏の高島屋で娘たちの買い物に付き合い、千代田線で代々木公園駅に向かった。お店では、生ビールの後、創作料理と共に、福井のお酒の黒龍を楽しんだ。

 食事が終わる頃、私たち夫婦・次男・娘夫婦にお祝いの品などを戴いたが、私は誕生日のお祝いとして、名前入りのウイスキー「竹鶴」を戴いた。これは飲み終えても保存しておこうと思うが、当分は飲まずに書斎の書棚に飾る積り。
by utashima | 2017-05-01 11:18 | イベント | Trackback | Comments(0)

私にも癌が出来ていた

 2017年3月16日に筑波大学病院(皮膚科)にて、左足太ももに出来ていたホクロ状のものを切除して貰った。今日、切除した部分の検査結果を聞いてきた。

 基底細胞癌が見つかった。当初、黒い中心部の周囲に淡い色の部分もあったが、淡い色の部分は完全には切除しなかった。しかし、検査の結果、淡い色の部分も基底細胞癌であった。基底細胞癌は殆ど転移しない癌らしいが、取り除くべきものらしい。進行も極めてゆっくりらしい。

 今日、外来手術で再び切除する選択肢もあったが、約3週間前に切除してやっと傷が奇麗になってきた所なので、今日の手術は遠慮した。そして、半年後に外来の予約をしてもらった。多分、その時に切除する事になろう。医師は、半年経っても殆ど変化は無かろうと言われた。

 診察の最後に、医師は患部の写真を撮った。半年後と比較するためであろう。私は、1か月毎に撮影してみようと考えている。今は黒い部分は無いが、今後現れるのか、膨らんでくるのか、などに注意して。2015年11月30日に交通事故で頭部に損傷を受け、糸で縫合して貰ったが、その時は、風呂上りに2,3日毎に家内に患部の写真を撮ってもらった。現象を正視するのは大切である。
by utashima | 2017-04-05 18:53 | イベント | Trackback | Comments(0)

JAXAを完全退職した

 昨日(2017年3月31日)にJAXAを完全に退職した。2012年3月末に60歳で定年退職となり、その後の5年間、月12日勤務の再雇用を務めた。この5年間は、現役時期と完全退職後の中間的な勤務であり、いきなり無職ではなく、段階を追った働き方を経験でき良かったと思う。ほぼ週3日勤務であり、色々な業務に直接的な担当者として関わるのは、会議などの日程調整が困難なので、裏方に回って若手を支援する事にした。

 2006年頃から参加してきた超低高度衛星技術試験機(SLATS)の計画は、当初の想定のようには進まず、2017年度に打ち上げられる事になっている。私のJAXA勤務の間に打ち上げられなかったのは残念だった。しかし、4月1日から成蹊大学理工学部の客員研究員(無給)になる事ができ、大学等とJAXAの共同研究(超高層大気密度の研究)に参加できる事となった。週一回行なわれるSLATSプロジェクトの会議にも参加できる事になり、感謝している。

 昨日は、車の通行証と職員IDカードを守衛所に返却した。その時、社章も返却する事を知り、1日遅れて今日、NASDAとJAXAの2つの社章を返却した。その時、守衛所の受付の女性がNASDAの社章を見て「これは何ですか」と聞く。「JAXAに変わる前のNASDAの社章です」と答えると、「初めて見ました」との事。

 昨日は、職場の忘年度会(年度の終わりの飲み会)が開かれたので、私も参加した。最後に、花束と寄せ書きとチタン・ビアカップ(私の名前入り)を戴いた。有難う御座います。退職する私のための特別な会は、60歳の定年退職時に開催して頂いており、「今回は辞退します」と複数の人からの声掛けに返事していた。
by utashima | 2017-04-01 21:29 | イベント | Trackback | Comments(0)

左足太腿のホクロの切除手術

 いつ頃からか記憶がないが、左足太腿に直径4mm位のホクロor傷跡のようなものがある。大きさはずっと変化していないと思う。先日、近所の皮膚科で診てもらったら、悪性のものではないと思うが、念のために大学病院で診て貰ってくださいと言われ、筑波大学病院の皮膚科への紹介状を戴いた。

 3月13日に紹介状を持って筑波大学病院を訪れた。祖父の付き添いで来た事はあるが、自分の事で来たのは、20代後半以来である。近所の皮膚科と同じ見立てであったが、16日の臨床検討会で処置の判定をする事になった。臨床検討会とは、その科の医師が10名程度集まり、全員で診断をする会のようだ。

 3月16日の臨床検討会に臨み、ルーペを持った大勢の皮膚科の医師に患部を診て貰った。基底細胞がんの可能性を排除できないので、切除する事になった。切除した部分を検査すれば、基底細胞がんか何でも無いかが分かるらしい。仮に基底細胞がんであっても、それは殆ど転移しないらしいので、患部を切除してしまえば安心との事。3月16日その日に外来手術を受けた。麻酔注射が痛かったが、切除は痛みもなく終了。縫合して貰って帰宅した。

 1週間後の3月23日(本日)、抜糸して貰った。この1週間は、浴槽には入れず、シャワーの後は消毒してカットバンを貼るという事を続けた。今日1週間振りの風呂は快適だった。切除部の検査結果は、4月5日に聞きに行く。

 
by utashima | 2017-03-23 22:15 | イベント | Trackback | Comments(0)

書斎の椅子を良品に替え、ベッドを1階に移した

 この4月から次男が都内の病院で勤務する事になり、3月に入って引越の準備が本格化した。都内に借りたアパートが狭いので、荷を減らすために持ち物を廃棄したり、梅園の私の家に移したりした。私が貰ったのが良品のオフィス用椅子。次男は5万円程度したと言う。今まで使っていた椅子は、近所のHOMACで購入した5000円のもの。2年半使ってきたが、廉い椅子は嫌になって来ていた。暫く使っていると肘置きを固定しているネジが緩んでくる。職場で使っている椅子の値段を聞いてみると、5000円に比べて1桁上であった。いつか買い替えたいなと思っていたので、次男から椅子は要らないかと聞かれた時、すぐに欲しいと返事した。良い椅子に満足している。

 廃棄するものは、つくば市のクリーンセンターに持ち込んだ。高エネ研の北側にあった。私は初めて持ち込んだ。祖父が使っていたソファーベッドが古くなったので一緒に廃棄し、替わりに結婚した娘が使っていたベッドを1階に移した。8本のネジを外すと、4つ程の大きな部分に分解でき、一つずつ階段を通って1階に持って行った。家内と二人で作業した。祖父の部屋で組み立てる時、問題が発生。ネジで固定できない。暫く原因が分からなかったが、接合部の厚さに違いがある事に気付き、8本のネジは全てが同じ長さではない事にやっと気付いた。ベッドを移動させるのは疲れる。
by utashima | 2017-03-12 22:56 | イベント | Trackback | Comments(0)

娘の結婚披露宴の準備支援

 今年2月に結婚した娘夫婦が、数か月後に結婚披露宴を開く事を計画している。娘が今日、我が家にやって来て、アルバムから写真を数十枚選択し、「披露宴で使いたいからスキャニングしてJPEGファイルにして欲しい」と頼まれた。娘の夫の写真も合わせて50枚弱。

 私のPCは書斎にあり、ネットワーク・プリンタは次男の部屋に置いている。写真を1枚プリンタに設定し書斎に戻ってPCからスキャニングを実行、できたJPEGファイルを確認して、別の写真をプリンタに持って行く、という事を数十回行なった。1.5時間程度で全て完了した。ファイル群をUSBメモリに入れて、娘に渡した。

 1枚ずつ娘の写真を眺めて作業するのは楽しかった。その中に、2,3歳の頃の娘が、洗面所でコップを持って水遊びをしていた時、私がかけた声で振り向いた写真があった。その写真は私は以前から好きで、テレフォン・カードにしていた。そのカードは残念ながら無くしてしまっていたが、写真は残っていて良かった。
by utashima | 2017-03-11 15:12 | イベント | Trackback | Comments(0)

2017年の初詣

 2017年の初詣に出かけた。いつもの千勝神社。次男・長女・家内・私の4人で。昨年も2日に行き、空いていたが、今日は経験した事のない混み具合だった。何故こんなに混んでいるのか分からなかった。本殿の前から長い行列。列の末端は石段を降りた辺り。約30分並んで待った。晴れてそれほど寒くなかったので苦にはならなかった。

 帰りはイオンモールつくばのレストランで遅い昼食。4人がそれぞれ異なるステーキを頼み、食べ比べた。
by utashima | 2017-01-02 17:31 | イベント | Trackback | Comments(0)

『遠い思い出』5編を作成

 私は今年65歳。最近は、子供達に何を残せるかと考える事がある。すると、父の事を思い出す。父は9年前の2007年に88歳で亡くなった。父は尾道市向東町の歌(向島の東の端)という地区に生まれ育った。父の子供時代の事は、殆ど知らない。唯一父から聞いた話は、子供の頃、歌から対岸の尾道まで泳いで渡ったという話。誰でも同じと思うが、自分がまだ40代、50代の頃は、父から昔の話を聞きたいと思う事はなかった。仮に今父が生きていても、記憶が曖昧で話せないのではなかろうか。

 私は子供達にお金を残す事は出来そうにない。だが、自分の記憶はしっかりしているので、私の子供の頃から現在までの思い出を残そうと考えた。私は中学生と高校生の時、日記を書いていた。九州大学に進学した時、それまでの日記は尾道の家に置いたままにした。20年位前に母から「日記を送ろうか」と聞かれた時、「要らない。処分して。」と答えてしまった。今思うと、残念な事をした。大学時代は日記を書いていなかったが、結婚前から再び日記を書き始め、現在まで続けている。

 数年かけて、以下の5編の『遠い思い出』を作成した。

(1)『遠い思い出(6歳~29歳までの記憶)第2版』
 この期間は、上記の様に日記を廃棄していたので、記憶に頼って作成した。初版は2008年に作成し、尾道の母に送っている。2008年に作成した時、小学3年まで住んだ日立造船の社宅の間取りを思い出して懐かしかった。その後、高校卒業まで住んだ向東町彦の上沖の住居の間取りも思い出して描いた。この住居は、兄が立て替えたので、残っていない。

(2)『遠い思い出(結婚~鳩山転勤まで)』
 1980年に結婚してから、1990年に埼玉県鳩山町に異動になるまでの思い出。

(3)『遠い思い出(鳩山時代の記憶)』
 1990年から1995年までの鳩山町に住んだ思い出。

(4)『遠い思い出(筑波復帰〜学位取得まで)』
 1995年に筑波宇宙センターに戻り、2001年に博士号を頂くまでの思い出。

(5)『遠い思い出(2001年4月~2016年まで)』

以上の5つはスマフォに送れるように、各々約2MB以下のファイルとし、家内と3人の子供達にメールで送った。
by utashima | 2016-09-29 23:11 | イベント | Trackback | Comments(0)

小惑星Utashimaの発見時の写真

c0011875_15183968.jpg 昨日(2016年8月16日)、日本スペースガード協会から、小惑星Utashimaの発見時の額入り写真と関連資料のアルバムを送って頂いた。有難う御座います。美星スペースガードセンターで発見した時の2000年9月24日の観測写真である。観測時の等級は18.8との事。

 送って頂いた写真では、矢印の左側に小さい白点が見えるが、それが小惑星Utashima。ブログに貼り付ける時に500kBを越えていると圧縮されるようで、ブログ上では分かり辛いかも知れません。
by utashima | 2016-08-17 15:18 | イベント | Trackback | Comments(0)