カテゴリ:目次( 13 )

『歌島昌由の近況』ブログの目次

                                『歌島昌由の近況』ブログの目次

 ブログ・システムは目次機能を持っておらず、過去の記事を読む場合は不便です。そこで、本ブログでは、2段階の目次ページを用意しました。

・このページは、このブログ全体の目次です。
・以下に記した各カテゴリ名をクリックすると、そのカテゴリの目次にジャンプします。そこで、読みたい記事のタイトル名をクリックして下さい。その記事を読む事ができます。

1. 宇宙機の軌道設計/ 解析
2. 宇宙開発トピックス
3. 歌島姓・尾道
4. 省エネルギー
5. つくば近傍探訪記
6. パソコン
7. 映画・ドラマ
8. 読書
9. 読書2
10.ブログ作成の経過
11.囲碁
12.イベント
by utashima | 2018-12-31 23:59 | 目次 | Trackback | Comments(2)

「映画・ドラマ」の目次

タイトルをクリックすると、その記事にジャンプします。

1. 『The Day after Tomorrow』 を レンタル DVD で観た
2. DVD映画『F-16』とGyaoの『カサブランカ』
3. 『ストランデッド』(有人火星探査を扱った2002年のスペイン映画)
4. NASA も協力したドイツの SF ドラマ 『トレニアム』
5. 2006年の正月休みに観た映画など
6. 9.11同時多発テロに似た映画
7. 『マイノリティ・レポート』をテレビで見た。
8. 5本もDVDを借りて来た
9. 映画『ソラリス』を途中で止めたが、・・・
10.DVD『タイムライン』、『2001年宇宙の旅』、『2010年宇宙の旅』を観た。
11.Gyao で 『アロー』 を観た
12.『ステルス』、『4日間の奇蹟』
13.映画 JFK を観た
14.近所のDVDレンタル店の閉鎖
15.映画『あした』(尾道が舞台)を観ました
16.20年遅れて、尾道三部作
17.『嵐が丘』
18.『イルマーレ(The Lake House)』
19.地デジの初ダビング
20.テレビ番組録画VHSテープのDVD-Rへのダビング開始
21.私が録画したテレビ番組のDVD-Rへのダビング完了
22.DVD-Rへダビング後のビデオテープの扱いの変更
23.PC で CPRM 対応 DVD(地デジ録画) の観賞が可能に
24.私の DIGA も 「ダビング10」 にバージョンアップ可
25.『ドレスデン』
26.VHS テープのダビングで昔の映画を見つけた
27.懐かしい映画2本
28.『ベン・ハー』を楽しんだ
29.廉い DVD-R へのダビングの現状
30.ダビング10へのアップデート完了
31.『デイ・アフター』のテームズ・バリア
32.DVDレンタル店が TSUTAYA に変わっていた
33.『告発のとき』
34.新尾道三部作の『ふたり』
35.大学時代に観た映画---『ひまわり』と『アンドロメダ病原体』
36.タッチ・CROSS ROAD ~風のゆくえ
37.『松井秀喜 MVPへの道』(NHK番組)
38.『あの、夏の日』と『エリン・ブロコビッチ』
39.レンタルDVDの再生環境
40.全DVD 再生環境 (PC ⇒ 再生専用機)
41.安い再生専用DVDプレーヤーを半年毎に使い捨て
42.『Flowers』 鑑賞後の会話
43.1755年リスボン大震災
44.『Bad Girls』
45.NHKアーカイブスにマイページを作った
46.『オーロラの彼方へ』を11年振りに鑑賞
47.『オレンジと太陽』(2011年)
48.BD版007(スカイフォール)を正常に再生できず
49.BD再生専用機を購入
50.マッサンの師匠が尽力したウイスキー
by utashima | 2005-01-01 04:44 | 目次 | Trackback | Comments(0)

「読書2」の目次

タイトルをクリックすると、その記事にジャンプします。

168.『帝国の昭和(日本の歴史23)』(有馬 学著)の第5章
169.『帝国の昭和(日本の歴史23)』(有馬 学著)の第6章
170.『戦後と高度成長の終焉(日本の歴史24)』(河野康子著)の第1章
171.『戦後と高度成長の終焉(日本の歴史24)』(河野康子著)の第2章
172.『戦後と高度成長の終焉(日本の歴史24)』(河野康子著)の第3章
173.『戦後と高度成長の終焉(日本の歴史24)』(河野康子著)の第4章
174.『日本の歴史』全26巻を読み終えて
175.夏目漱石『こころ』
176.『大正十二年九月一日の大震に際して』(芥川龍之介著)
177.『日本大地震』(斎藤茂吉著)
178.『満韓ところどころ』(夏目漱石著)
179.『里山資本主義』(藻谷浩介、NHK広島取材班 著)
180.『世界史再入門』(浜林正夫著、2008年発行)
181.NASAはミュー粒子を使って小惑星の内部探査を検討
182.明治から昭和の戦争の歴史
183.『不平等をめぐる戦争(上村雄彦著)』を読んで
by utashima | 2001-01-01 14:52 | 目次 | Trackback | Comments(0)

「宇宙機の軌道設計/ 解析」の目次

タイトルをクリックすると、その記事にジャンプします。
1. 静止衛星の新しい軌道保持法の提案             1977年
2. 静止軌道半径の変動解析                    1978年
3. 月太陽潮汐力による長楕円軌道の近地点高度変動     1979年
4. 液体アポジエンジンによる軌道制御の初期検討       1982年
5. ランドサット3号のBrouwer平均要素の解析         1983年
6. 2トン級静止衛星の軌道保持精度の限界(東西方向保持) 1984年
7. 2トン級静止衛星の軌道保持精度の限界(南北方向保持) 1984年
8. 液体アポジエンジンによる最適制御の研究          1984年~86年
9. 太陽同期準回帰軌道の力学 第2版              1986年
10.フリーフライヤーの軌道解析                   1986年
11.空力を利用した軌道面変更の最適化              1987年
12.2ホーマン軌道変換と無限小推力軌道変換のΔV比     1989年
13.TRMM の Frozen Orbit への大気抵抗の影響      1990年
14.TRMM の高度変動                       1991年
15.電気推進による月 capture 軌道の検討            1993年
16.マスドライバによる月資源のL4点への輸送問題      1993年
17.TRMM 後継機のミッション軌道の検討           1994年
18.フォボスでのホバリングと定高度移動の検討        1994年
19.歪な形状の小天体のごく近傍での重力加速度計算     1994年
20.L1, L2 点間の弾道飛行                     1995年
21.いろんなサイズの小惑星の周回軌道の検討         1995年
22.再突入時の噴射方向の近似解析式              1995年
23.月軟着陸トラジェクトリの最適化                1996年
24.小型宇宙機によるフォボス探査計画              1996年
25.フォボス・ペネトレータの軌道運動解析            1996年
26.惑星ミッション用上段ロケットの検討              1996年
27.H2 ロケット 1 機による火星サンプル・リターン構想    1996年
28.衛星群による光干渉計に適した軌道              1997年
29.耐熱シールドを使わない衛星回収               1997年
30.人工クレータによる月・火星の地下探査            1997年
31.Eye Ball 衛星の trajectory 最適制御           1997年 
32.宇宙及び地上望遠鏡によるNEO検出シミュレーション   1998年
33.太陽-地球系L4,L5点近傍の軌道解析             1998年
34.L5ミッションの自律光学航法                  1999年
35.L5点から見た地球の観測等級                 1999年
36.黄道面内1AU軌道のドリフト                  1999年
37.作用圏境界軌道の共鳴安定性(学位論文の一部)      2000年
38.ソーラーセールの実現可能性の調査              2000年
39.ユリシーズ型太陽極軌道への軌道設計            2001年
40.Interferometric CartWheel と母衛星の衝突回避の検討   2001年
41.宇宙太陽発電衛星にはどんな軌道が良いか         2002年
42.宇宙太陽発電システム(SSPS)の軌道間輸送の検討    2002年~2003年
43.太陽-地球系L2点周りのゼロ ΔV リサジュ基準軌道の設計 2004年
44.高高度略円極軌道への潮汐力の影響           2004年~2005年
45.市販ソフトによる軌道設計/解析                 2005年
46.軌道設計に使っている最適化ツール              2005年
47.斜め観測による分解能の劣化倍数              2006年
48.太陽-地球系 L2点周りのハロー基準軌道の設計     2006年
49.耐熱シールドを使わない衛星回収(補足)           2006年
50.オール電化推進系の静止衛星のGTOからGEOへの軌道変換 2006年
51.地球ドリフト軌道でのシンプルなFormation Flight    2006年
52.ハロー軌道での Natural Formation Flight       2006年
53.新凍結軌道による超低高度衛星の軌道保持       2007年
54.オープンソースの軌道解析ツール(その1)         2008年
55.オープンソースの軌道解析ツール(その2)         2008年
56.火星の超低高度衛星の可能性                2008年
57.オープンソースの軌道解析ツール(その3)         2008年
58.オープンソースの軌道解析ツール(その4)         2008年
59.宇宙機軌道要素の座標系                   2009年
60.GMATのMJD定義                      2011年
61.ラグランジュ点の定性的説明(by 田中彰氏)      2011年
62.ラグランジュ点の易しい解説(by 田中 彰氏)      2011年
63.講義資料『軌道設計の応用』の公開           2011年
64.田中彰氏がブログ開設                   2012年
65.Excelのソルバーで最適化計算             2012年
66.20、30年前の解析検討が役立っているこの頃    2012年
by utashima | 2001-01-01 05:00 | 目次 | Trackback | Comments(2)

「宇宙開発トピックス」の目次

タイトルをクリックすると、その記事にジャンプします。

1. 裏話の載っている論文
2. 衛星画像も表示できるGoogle Maps
3. デブリ同士の衝突
4. まだ軌道上にあったETS-Ⅳ
5. 軌道寿命を簡単に評価できるチャート
6. Ia型超新星は何故、距離指標になるか
7. MOC が Viking-2 を確認、Mars Polar Lander も ?
8. NASA の Total Solar Irradiance の観測
9. NASA の STEREO ミッションの軌道投入法
10. 最近の大きな静止衛星の情報
11.Space Systems/Loral 社の大型静止衛星の将来の打上げ方法
12.ロシアの潜水艦からの衛星打上げの実績
13.観測ターゲットを自律的に割り出す衛星
14.Mars Reconnaissance Orbiter の光学航法実験
15.ESA の 『ドンキホーテ計画』
16.小型から大型まで低コスト・ロケットを揃える SpaceX 社
17.ハリケーン「カトリーナ」に襲われたニューオーリンズの衛星画像
18.外国のロケット・エンジン開発ニュース
19.「きらり」(OICETS)衛星間光通信に成功、世界初!
20.小型衛星による災害監視
21.「だいち」のPrismセンサ画像(富士山)の立体視
22.エウロパ周回軌道の不安定性
23.系外惑星系の新しい軌道決定法
24.最近のΔ-DORの精度
25.Mars Reconnaissance Orbiter の高性能カメラ
26.Drag Free 宇宙機のための電気推進系
27.TPF-I の現状
28.最近のデブリ関係のニュースを聞いて
29.ハロー軌道での Forced Formation Flight
30.JWST にドッキング・ポート?
31.小惑星 Apophis の探査計画
32.25年飛行した TDRS-1 の軌道傾斜角
33.次の太陽活動極大期は弱い?
34.次の Solar Cycle の活動度
35.オーロラの実時間映像配信サイト
36.しし座流星群?
37.STEREO宇宙機がSolar Tsunami を2方向から観測
38.地球温暖化で超高層大気密度が減少
39.GAIA で太陽の兄弟星を探す
40.最近の静止衛星打上げ時の分離軌道
41.TRMMオンボード軌道情報の高精度化手法
42.隠れた物理法則(数理科学2011年7月号)
43.NASA火星探査機が遷移軌道8ヶ月間の放射線測定
44.NASA 探査機ミッションの3Dサイト2つ
45.NASA RBSPを近日中に打上げ
45.GOCE データによる大気モデル評価
46.ESAの新大気モデル(DTM2013)
47.イオとエンケラドスの離心率
48.NASA's Eyesの3D Phobos
by utashima | 2001-01-01 04:58 | 目次 | Trackback | Comments(0)

「歌島姓・尾道」の目次

タイトルをクリックすると、その記事にジャンプします。

1. 歌島という姓について
2. 歌島という姓について(2)
3. 歌島という姓について(3)
4. まだ会った事のない親戚(歌島さん)からの連絡(1)
5. 『歌島地名考』 歌島郷土研究会 編集(1984年11月20日発行)
6. 『歌島地名あれこれ』 歌島郷土研究会編 1996年4月発行
7. まだ会った事のない親戚(歌島さん)からの連絡(2)
8. 2つの歌島
9. 『潮騒』を再び読み、その映画を初めて見た。
10. まだ会った事のない親戚(歌島さん)からの連絡(3)
11. まだ会った事のない親戚(歌島さん)からの連絡(4)
12. まだ会った事のない親戚(旧姓 歌島さん)からの連絡(5)
13. 尾道市東京事務所
14. NHK連続テレビ小説『てっぱん』
15. 尾道市東京事務所の3月22日の記事
by utashima | 2001-01-01 04:56 | 目次 | Trackback | Comments(2)

「つくば近傍探訪記」の目次

タイトルをクリックすると、その記事にジャンプします。

1. TX つくば駅
2. TX の万博記念公園駅
3. 近所のショッピング・モール、大型電気店、映画館
4. 『LALA ガーデンつくば』 と 『TX 研究学園駅』
5. つくば市立東小学校・谷田部東中学校 と 『LALA ガーデンつくば』
6. つくばスタイルフェスタ 2005
7. 上高津貝塚
8. 学園東大通りの紅葉
9. 洞峰公園の銀杏並木
10.宍塚大池
11.小田城跡
12.平沢官衛(ひらさわ かんが)遺跡
13.雪の梅園公園(2006年1月21日)
14.梅園公園の梅
15.梅園公園の梅の状況(2006年2月18日)
16.桜と気象研究所の鉄塔
17.懐かしい佐貫駅の周辺
18.2006年のつくば市の紅葉
19.並木ショッピング・センター新装Open
20.2008年の桜(平沢官衛横の大池と東大通り)
21.GWの赤塚公園
22.霞ヶ浦総合公園
23.2008年のつくば市の紅葉
24.GS・7-11跡に寺島薬局がオープン
25.2009年のつくば市の紅葉
26.気象観測用鉄塔の撤去
27.2010年のつくば市の紅葉
28.牛久助郷一揆道標
29.2012年秋の紅葉
30.予科練平和記念館
31.赤塚公園のバリケン親子
by utashima | 2001-01-01 04:54 | 目次 | Trackback | Comments(0)

「読書」の目次

タイトルをクリックすると、その記事にジャンプします。

1. 『ヒュースケン日本日記』と『新選組日記(永倉新八・島田魁日記を読む)』
2. 『氷に刻まれた地球11万年の記憶』(1800円)
3. 『鉄人28号』全10巻
4. 8マン全7巻
5. 『5万年前に人類に何が起きたか?』 (2000円)
6. 『ネアンデルタールと現代人』 (文春新書) 690円
7. 『ネアンデルタール人の正体』 (1400円)
8. 『気候変動の文明史』(安田喜憲著)
9. 『複雑な世界、単純な法則』 マーク・ブキャナン著
10.『考える脳 考えるコンピューター』(Jeff Hawkins & Sandra Blakeslee著、伊藤文英訳)
11.『リーマン博士の大予想』(カール・サバー著、紀伊国屋書店、2500円)
12.ダイソン自伝 『宇宙をかき乱すべきか』 1982年
13.『オイラー入門』 (W. ダンハム著) 2700円
14.『「ヨーロッパ合衆国」の正体』 (トム・リード著、新潮社)
15.『日本の地震災害』 (伊藤和明著、岩波新書、2005年10月発行)
16.『狂騒する宇宙』(ロバート・キルシュナー著、共立出版)
17.『国家破産以後の世界』と漫画『太陽の黙示録』
18.『素粒子の物理』(相原博昭著)
19.『人類が知っていることすべての短い歴史』
20.『JFK(ケネディ暗殺犯を追え)』と『2039年の真実』
21. 『大統領の陰謀』をやっと読み終えた
22.ボーズ粒子、フェルミ粒子、ボーズ-アインシュタイン凝縮、超流動、超伝導
23.最近のレーザー技術の進歩
24.『人類の住む宇宙』を読んだ
25.SF 短編集 『沈黙のフライバイ』 (野尻抱介著、ハヤカワ文庫)
26.不確定性原理と重力波検出法
27.『一般相対論の世界を探る』を眺めた
28.『出雲 神々への愛と恐れ』(西村京太郎著)
29.『地震予知の科学』
30. 『東京駅はこうして誕生した』(林 章著)
31.日経サイエンス2007年7月号の記事『スターストリーム』
32.『活動寫眞の女』(浅田次郎著)と京都
33.『フェルマーの最終定理』(新潮文庫)
34.『鉄道員(ぽっぽや)』(浅田次郎著)
35.『泥の河』(宮本輝作)
36.『拡がる宇宙地図』(矢野太平著)
37.『「日本」とは何か』(網野善彦著)
38.『小林・益川理論の証明』(立花隆著)
39. 『縄文の生活誌(日本の歴史01)』(岡村道雄著)
40.『王権誕生(日本の歴史02)』(寺沢薫著)
41.『シリーズ現代の天文学10 太陽』(日本評論社)
42.『大王から天皇へ(日本の歴史03)』(熊谷公男著)
43.『平城京と木簡の世紀(日本の歴史04)』(渡辺晃宏著)
44.『律令国家の転換と「日本」(日本の歴史05)』(坂上康俊著)
45.『道長と宮廷社会(日本の歴史06)』(大津透著) 第1章
46.『道長と宮廷社会(日本の歴史06)』(大津透著) 第2章
47.『道長と宮廷社会(日本の歴史06)』(大津透著) 第4章
48.『秀吉の枷』(加藤 廣著)
49.『武士の成長と院政(日本の歴史07)』(下向井龍彦著) 第1章
50.『武士の成長と院政(日本の歴史07)』(下向井龍彦著) 第2章
51.『武士の成長と院政(日本の歴史07)』(下向井龍彦著) 第3章
52.『武士の成長と院政(日本の歴史07)』(下向井龍彦著) 第4章(1)
53.『武士の成長と院政(日本の歴史07)』(下向井龍彦著) 第4章(2)
54.『武士の成長と院政(日本の歴史07)』(下向井龍彦著) 第4章(3)
55.『宇宙天気』(篠原 学著)
56.『武士の成長と院政(日本の歴史07)』(下向井龍彦著) 第5章
57.『武士の成長と院政(日本の歴史07)』(下向井龍彦著) 第6章 1.
58.『武士の成長と院政(日本の歴史07)』(下向井龍彦著) 第6章 2.
59.『武士の成長と院政(日本の歴史07)』(下向井龍彦著) 第6章 3.
60.『古代天皇制を考える(日本の歴史08)』
61.『頼朝の天下草創(日本の歴史09)』(山本幸司著)の第1、2章
62.『頼朝の天下草創(日本の歴史09)』(山本幸司著)の第3章
63.『頼朝の天下草創(日本の歴史09)』(山本幸司著)の第4章
64.『頼朝の天下草創(日本の歴史09)』(山本幸司著)の第5~7章
65.『蒙古襲来と徳政令(日本の歴史10)』(筧 雅博著)の第1章
66.『蒙古襲来と徳政令(日本の歴史10)』(筧 雅博著)の第3章
67.『蒙古襲来と徳政令(日本の歴史10)』(筧 雅博著)の第4,5章
68.『蒙古襲来と徳政令(日本の歴史10)』(筧 雅博著)の第6章
69.『蒙古襲来と徳政令(日本の歴史10)』(筧 雅博著)の第7章
70.『蒙古襲来と徳政令(日本の歴史10)』(筧 雅博著)の第8章
71.『蒙古襲来と徳政令(日本の歴史10)』(筧 雅博著)の第9章
72.柘植俊一著 『反秀才論』
73.『太平記の時代(日本の歴史11)』(新田一郎著)の序章~第2章
74.『太平記の時代(日本の歴史11)』(新田一郎著)の第3章
75.『太平記の時代(日本の歴史11)』(新田一郎著)の第4章
76.『太平記の時代(日本の歴史11)』(新田一郎著)の第6章
77.『室町人の精神(日本の歴史12)』(桜井英治著)の第1章
78.『室町人の精神(日本の歴史12)』(桜井英治著)の第2章
79.『室町人の精神(日本の歴史12)』(桜井英治著)の第3章
80.『室町人の精神(日本の歴史12)』(桜井英治著)の第4章
81.『室町人の精神(日本の歴史12)』(桜井英治著)の第5章
82.『室町人の精神(日本の歴史12)』(桜井英治著)の第6章
83.『室町人の精神(日本の歴史12)』(桜井英治著)の第7章
84.『一揆と戦国大名(日本の歴史13)』(久留島典子著)の第1章
85.『一揆と戦国大名(日本の歴史13)』(久留島典子著)の第3章~第5章
86.『一揆と戦国大名(日本の歴史13)』(久留島典子著)の第6章~終章
87.『周縁から見た中世日本(日本の歴史14)』(大石直正、高良倉吉、高橋公明著)の第1部の序章と第1章
88.『周縁から見た中世日本(日本の歴史14)』(大石直正、高良倉吉、高橋公明著)の第1部の第2章
89.『周縁から見た中世日本(日本の歴史14)』(大石直正、高良倉吉、高橋公明著)の第1部の第3章
90.『周縁から見た中世日本(日本の歴史14)』(大石直正、高良倉吉、高橋公明著)の第2部の序章
91.『太陽の黙示録』全巻を完読
92.『周縁から見た中世日本(日本の歴史14)』(大石直正、高良倉吉、高橋公明著)の第2部の第1章
93.『周縁から見た中世日本(日本の歴史14)』(大石直正、高良倉吉、高橋公明著)の第2部の第2章
94.『周縁から見た中世日本(日本の歴史14)』(大石直正、高良倉吉、高橋公明著)の第2部の第3章
95.『周縁から見た中世日本(日本の歴史14)』(大石直正、高良倉吉、高橋公明著)の第2部の第4章
96.『周縁から見た中世日本(日本の歴史14)』(大石直正、高良倉吉、高橋公明著)の第2部の終章
97.『津波災害--減災社会を築く』(岩波新書、河田惠昭著)
98.『周縁から見た中世日本(日本の歴史14)』(大石直正、高良倉吉、高橋公明著)の第3部の第1章
99.『周縁から見た中世日本(日本の歴史14)』(大石直正、高良倉吉、高橋公明著)の第3部の第2章
100.『周縁から見た中世日本(日本の歴史14)』(大石直正、高良倉吉、高橋公明著)の第3部の第3章
101.『周縁から見た中世日本(日本の歴史14)』(大石直正、高良倉吉、高橋公明著)の第3部の終章
102.『織豊政権と江戸幕府(日本の歴史15)』(池上裕子著)の第1章
103.『織豊政権と江戸幕府(日本の歴史15)』(池上裕子著)の第2章
104.『織豊政権と江戸幕府(日本の歴史15)』(池上裕子著)の第3章
105.『織豊政権と江戸幕府(日本の歴史15)』(池上裕子著)の第4章
106.『織豊政権と江戸幕府(日本の歴史15)』(池上裕子著)の第5章
107.『織豊政権と江戸幕府(日本の歴史15)』(池上裕子著)の第6章
108.『織豊政権と江戸幕府(日本の歴史15)』(池上裕子著)の第7章
109.『織豊政権と江戸幕府(日本の歴史15)』(池上裕子著)の第8章
110.『織豊政権と江戸幕府(日本の歴史15)』(池上裕子著)の第9章
111.『天下泰平(日本の歴史16)』(横田冬彦著)の第1章
112.『天下泰平(日本の歴史16)』(横田冬彦著)の第2章
113.『天下泰平(日本の歴史16)』(横田冬彦著)の第3章
114.『天下泰平(日本の歴史16)』(横田冬彦著)の第4章
115.『天下泰平(日本の歴史16)』(横田冬彦著)の第5章
116.『ボーイング787 vs. エアバスA380』(ブルーバックス)
117.『天下泰平(日本の歴史16)』(横田冬彦著)の第6章
118.『科学 2011年10月号』(岩波書店)
119.『天下泰平(日本の歴史16)』(横田冬彦著)の第7章
120.『成熟する江戸(日本の歴史17)』(吉田伸之著)の第1章
121.『成熟する江戸(日本の歴史17)』(吉田伸之著)の第2章
122.『成熟する江戸(日本の歴史17)』(吉田伸之著)の第3章
123.『成熟する江戸(日本の歴史17)』(吉田伸之著)の第4章
124.『成熟する江戸(日本の歴史17)』(吉田伸之著)の第5章
125.『開国と幕末変革(日本の歴史18)』(井上勝生著)の序章
126.『開国と幕末変革(日本の歴史18)』(井上勝生著)の第1章
127.『開国と幕末変革(日本の歴史18)』(井上勝生著)の第2章
128.『開国と幕末変革(日本の歴史18)』(井上勝生著)の第3章
129.『開国と幕末変革(日本の歴史18)』(井上勝生著)の第4章
130.『開国と幕末変革(日本の歴史18)』(井上勝生著)の第5章
131.『開国と幕末変革(日本の歴史18)』(井上勝生著)の第6章
132.『文明としての江戸システム(日本の歴史19)』(鬼頭 宏著)の第1章
133.『文明としての江戸システム(日本の歴史19)』(鬼頭 宏著)の第2章
134.『文明としての江戸システム(日本の歴史19)』(鬼頭 宏著)の第3章
135.『文明としての江戸システム(日本の歴史19)』(鬼頭 宏著)の第4章
136.『文明としての江戸システム(日本の歴史19)』(鬼頭 宏著)の第5章
137.『文明としての江戸システム(日本の歴史19)』(鬼頭 宏著)の第6章
138.『文明としての江戸システム(日本の歴史19)』(鬼頭 宏著)の第7章
139.『維新の構想と展開(日本の歴史20)』(鈴木淳著)の第1章
140.『維新の構想と展開(日本の歴史20)』(鈴木淳著)の第2章
141.『維新の構想と展開(日本の歴史20)』(鈴木淳著)の第3章
142.『維新の構想と展開(日本の歴史20)』(鈴木淳著)の第4章
143.『維新の構想と展開(日本の歴史20)』(鈴木淳著)の第5章
144.『維新の構想と展開(日本の歴史20)』(鈴木淳著)の第6章
145.『明治の脚気』(岡本拓司著)---数理科学の2013年2月号
146.『明治人の力量(日本の歴史21)』(佐々木隆著)の序章と第1章
147.『大隕石衝突の現実(天体衝突からいかに地球をまもるか)』日本スペースガード協会著
148.『明治人の力量(日本の歴史21)』(佐々木隆著)の第2章
149.『明治人の力量(日本の歴史21)』(佐々木隆著)の第3章
150.『明治人の力量(日本の歴史21)』(佐々木隆著)の第4章
151.『明治人の力量(日本の歴史21)』(佐々木隆著)の第5章
152.ジャレド・ダイアモンド氏の著作を読みながら
153.『明治人の力量(日本の歴史21)』(佐々木隆著)の第6章
154.『政党政治と天皇(日本の歴史22)』(伊藤之雄著)の第1章
155.『政党政治と天皇(日本の歴史22)』(伊藤之雄著)の第2章
156.『高エネルギー加速器とは』(数理科学2013年8月号の記事)
157.『政党政治と天皇(日本の歴史22)』(伊藤之雄著)の第3章
158.『政党政治と天皇(日本の歴史22)』(伊藤之雄著)の第4章
159.『零戦(その誕生と栄光の記憶)』(堀越二郎著)
160.『政党政治と天皇(日本の歴史22)』(伊藤之雄著)の第5章
161.『政党政治と天皇(日本の歴史22)』(伊藤之雄著)の第6章
162.『政党政治と天皇(日本の歴史22)』(伊藤之雄著)の第7章
163.『政党政治と天皇(日本の歴史22)』(伊藤之雄著)の第8章
164.『帝国の昭和(日本の歴史23)』(有馬 学著)の第1章
165.『帝国の昭和(日本の歴史23)』(有馬 学著)の第2章
166.『帝国の昭和(日本の歴史23)』(有馬 学著)の第3章
167.『帝国の昭和(日本の歴史23)』(有馬 学著)の第4章
by utashima | 2001-01-01 04:52 | 目次 | Trackback | Comments(0)

「ブログ作成の経過」の目次

タイトルをクリックすると、その記事にジャンプします。

1. ブログの立ち上げ
2. 他のホームページとのリンク
3. バックアップについて
4. 外部ホームページへのボタンの設置法
5. アクセス・カウンタの設置、アクセス解析の導入
6. ブログ作成の新たな目的
7. 1万カウント達成
8. 新しいカテゴリの追加
9. 忍者ツールズの異常動作
10.不愉快なサイトからのトラックバックの拒否設定
11.2万カウント達成
12.カテゴリ「つくば近傍探訪記」を追加
13.携帯電話でもブログ閲覧可能に
14.不愉快なトラックバック URL の情報
15.目次機能の充実
16.カテゴリ「パソコン」の追加
17.海外からのアクセス増加
17.5万カウントの感謝とタグ機能の試行
18.全記事へのトラックバックを拒否設定に
19.トラックバック禁止を緩和
20.カウンタの設定を変更
21.日本語の迷惑コメントに注意
22.カテゴリ「省エネルギー」の追加
23.カテゴリ「歌島姓について」を「歌島姓・尾道」に変更
24.カテゴリ毎の目次が満杯に
by utashima | 2001-01-01 04:50 | 目次 | Trackback | Comments(0)

「囲碁」の目次

タイトルをクリックすると、その記事にジャンプします。

1. 今年を2段として終えられるか
2. 2005年は3段としてスタート!
3. 2005年の初勝利(3段)
4. 3子のアタリに気付かずポカ
5. 3月は2段として対局
6. WWGoで対局できない事態に困っている
7. 約1週間振りに対局が可能に
8. 3ヶ月ぶりに3段に昇段
9. 4段になり損ねた?
10.3段相手に苦しい戦いを凌いだ
11.3段を辛うじて死守
12.6連敗の後、やっと1勝
13.今月は6連敗の後、12勝3敗の高勝率で3段を維持
14.初めての4段に!
15.記念すべき4段初勝利
16.2005年最後の対局
17.やはり4段は早過ぎました
18.4段→3段→2段→3段
19.銀星囲碁7の実力
20.『銀星囲碁7』 は弱い初段か
21.最近の私の囲碁対局
22.6月は 4 段に復帰
23.4段で3ヶ月目に入る(過去最長)
24.思い通りの1局
25.私の囲碁学習を振り返って
26.WWGoも完全有料化へ
27.新WWGoで最初の勝利
28.新WWGo で1級(3k) にレーティングされた
29.新WWGoでの対局は有意義
30.2008年12月は絶好調
31.ugf から sgf への変換
32.囲碁「上達カルテ」で初の満点
33.銀星囲碁10 は強い!
34.銀星囲碁10とのその後の対戦
35.2009年最後のネット対局
36.銀星囲碁10の評価(22局対戦後)
37.羽根直樹本因坊サイン入り扇子
38.銀星囲碁12と対戦して
39.銀星囲碁12の段級位設定機能
40.銀星囲碁12と互角の勝負に
41.置き碁の棋譜変換
42.日本棋院サイトで棋譜変換機能を発見
43.計算機の驚異的な発展を世界平和に繋げられないか
44.囲碁クエストの9路盤でやっと1級に
45.囲碁クエスト(9路盤)でやっと初段に
46.アマ8段の銀星囲碁17との対戦
47.3級設定の銀星囲碁17は私より強い
48.銀星囲碁17(3級設定)で初勝利
by utashima | 2001-01-01 04:48 | 目次 | Trackback | Comments(0)