28年前の新婚旅行(その12)

c0011875_21113153.jpg 5月12日は、午前中に、ピッティ広場、ボボリ庭園、ミケランジェロ広場を回った。この地図を参照下さい。右の写真は、ミケランジェロ広場から眺めたフィレンチェの街。左の端に、ベッキオ橋が見える。

 午後、ローマに鉄道で帰った。間違って、1等専用列車に乗ってしまった。別料金が必要だった。車掌がやって来てその料金を請求するが、手持ちの現金は殆どなく、支払えない。クレジット・カードとドルのトラベラーズ・チェックのみ。車掌は渋い顔をしていたが、諦めて行ってしまった。御免なさい。

 5月13日、いよいよ帰国の朝。顔を洗っていると、電話が鳴った。モスクワ経由の日航機が故障のために乗れなくなり、別便を探しているので、すぐにロビーに来るようにとの事。南回りのアリタリア航空の便に空席があり乗れることになった。一安心だが、15時間位で帰国できる筈が、23時間位掛かることに。途中の寄航地は、ドバイ、バンコク、香港。寄航地では、待合室に出てくつろぐ事ができたので、余り疲れなかった。

 成田に着いたのは、21時頃。タクシーで筑波に着いたのは、23時頃。2週間の新婚旅行が終わった。色々なハプニングがあったが、総じて楽しい旅であった。

 ロンドンからパリに行く時のハプニングは、ホバークラフトに乗れない事が分かった事と、代替手段として苦労して手に入れた列車にも乗り遅れて急遽航空便を予約しなければならなかった事、の2つが重なり、本当に大変だった。にも拘らず、列車に乗り遅れた事は、今回ブログにまとめるまで綺麗に忘れていた。ブログ記事の元ネタは、旅行から帰った後にすぐに書いておいたが、今回それを読み返して思い出した次第。振り返って考えると、この列車の乗り遅れが、新婚旅行における最大のピンチだったと思う。それを忘れると言うのは、どういう神経作用によるのだろうか。本当に困った事は、記憶から消そうとするのだろうか。

 今回、Google Maps 上で、訪れた場所を確認して行った作業は、楽しいものだった。殆どの場所の位置関係を思い出したが、ザールブリュッケンで泊めて頂いたホフマンさんのお宅の場所だけは同定できなかった。当時の住所は知っているが、Google Maps で検索すると、多分違う場所が表示される。近くに川が無いのである。
by utashima | 2008-10-16 21:13 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/9942218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ガソリンと灯油の価格変化(20... 28年前の新婚旅行(その11) >>