Arcadia で住んだ家

 Google Maps の street view の機能で、mixi の友人の日記が盛り上がっていた。この機能はネットのニュースで見たことはあったが、余り気に留めなかった。上記の mixi の日記を見て、日本もサービス・エリアに入って来た事を知った。現時点で、東京、大阪、札幌が対象エリアである。つくば市は、まだである。

 この機能を知って、東京と埼玉に住んでいる息子達のアパート前の通りを street view で眺めてみた。私は残念ながら、彼らのアパートには行った事がない。マウスを使って360度の眺めを見る事ができた。上からの衛星写真では分からない情報が得られる。私と同様、彼らのアパートを訪れた事のない祖父母にも street view を見せてあげた。その後、1986年からの1年間を過ごしたロサンゼルス郊外の家を眺めてみた。そこも street view のエリアであった。ここである。2年程前に Google Maps の画像を見た時から、当時住んだ家は建て替えられているように想像していたが、今回、street view を見て、その事を確信した。建て替えられた家以外は、20年前と変わっていない。

 今年の秋に宇科連(宇宙科学技術連合講演会)が開催される淡路島もサービス・エリアだった。参加を予定しているので、出発前に眺めておこう。
by utashima | 2008-08-05 21:41 | パソコン | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/9379517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちょーなん at 2008-08-06 00:05 x
懐かしいね。あのホッドーグじゃないと通じなかったお店。
そのほかは何んとなくしか覚えてないけど、きれいなstreetだったんだね。
今行ったらもっと楽しめたのになぁ。
Commented by utashima at 2008-08-06 08:22
覚えていたんだね。そのハンバーガー店との間のアパートに住むアメリカ人の小さい女の子が来て、一緒に遊んだ事もあった。
Commented by utashima at 2008-08-06 08:58
お母さんに聞くと、その女の子と一緒に遊んだのは、次男だったようだ。


<< 家庭用プリンタ複合機の使い勝手 エプソンのプリンタ PM-T9... >>