新WWGo で1級(3k) にレーティングされた

 新WWGo でのレーティング対局数が 20 となり、私のランクは、1級(3k) とランク付けされた。旧WWGo での経験から、3段仮として対局を始めたが、10局の対戦の間に、1級仮(3k)まで 3ランク降下。このランクで 5勝5敗となり、仮の字が取れて 1級(3k) となった。

 1級(3k) の位置は、実際に戦った印象では適切と感じている。しかし、3ランクも降下し、囲碁の世界のランクが分からなくなった。「段級位」というサイトをみると、詳しく書いてあった。その中のサイバー標準というのが最も誤解を生じない基準らしい。私の場合、それは 3k である。日本で一般的な呼称は、日本棋院認定のランクであろう。上記サイトを見ると、3k は、初段~2段の中間なので、希望も含めて、2段と自称する事にする。

 昨日、ランクが決まって最初の対局を同じランクの人と行なった。中盤まで優勢に進み、終盤に入るところで、勝ちを決めに行き、少々無理をした。相手に逆襲され、大きな石を取られそうになった。私の中では、9割方観念していたが、相手が攻撃の手を緩めた。その隙に大石の生きを図り、逃げ切った。局後、棋譜を再生し、相手が攻撃の手を緩めたところを詳細に検討した。相手が緩めずに攻めてきた場合、私の大石に生きがあったかどうか。私の結論は、大石に生きはなかった、である。相手にそのまま攻められていれば、負けていた碁である。私が勝ちを決めに行った時、無理をしなければ安全に勝てたのであろう。
by utashima | 2008-06-01 09:41 | 囲碁 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/8962765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 自動通帳繰越機 25年飛行した TDRS-1 ... >>