WWGoも完全有料化へ

 私は、何年間も WWGo の無料会員として、ネット囲碁対局を楽しんできた。しかし、今までの WWGo のサービスは、2008年6月30日で終了となる。これに替わる新しい WWGo サービスは、こちらのサイトとなる。

 利用料金は、こちらに掲載されている。全て有料のサービスとなる。4つのサービスの内、「学習コース」という月額1050円のもので申し込んだ。これは、月に4局までの対戦ができるもの。それを超える対局は、262円/局が必要となる。私の最近の対局数は、6局/月前後。この場合、「学習コース」が最も得となる。昨日申し込んだが、会員証が届くまでは利用できない。それまでは、今までの WWGo で対戦しよう。

 新しい WWGo での対戦では、自動的に棋力が判定される。申し込み時は3段として申告したが、対戦を経ても 3段を維持できるか。対局時間の設定が今までと同様にできるか、判らない点もある。私の今までの対局時間の設定は、秒読み方式というもので、持ち時間10分、秒読み1手60秒、考慮時間60秒×10回という設定。新 WWGO でも、この方式を選択できるが、秒読み1手の秒数は30秒が基本だと思う。今の WWGo でもそうである。私は、その値を60に変更し、同意してくれる相手とのみ対戦している。1手30秒で対戦した事もあるが、あまりに短過ぎる。囲碁は考えるゲームなので、そこまで慌しい対戦は好まない。新しい WWGo でも60秒を選択できるかどうか。
by utashima | 2008-05-03 14:01 | 囲碁 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/8781173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< GWパズル掲載の経費削減について ヤマダ電機のポイント集め >>