Intel Graphics Driver の更新

 自宅の PC (DELL Dimension 4700C) の Intel Graphics Driver を、思い切って、最新のものに更新した。

 数週間前の夜寝る前、いつものように バックアップの作業をしていた時、ディスプレーが青色になり(所謂ブルースクリーン)、英文のエラーメッセージが画面一杯に表示された。このような現象は、この PC では初めてである。文章中のエラーコードを書き留めていないので正確なことは分からないが、ビデオ・ドライバに問題ありと思った。この時は、PC を再起動して、バックアップ作業をして電源を落とした。その後、数週間、問題なく使っていた。

 4月3日朝、PC を起動しようとすると、以下のエラーメッセージが表示された。マウスで左クリックすると、見易く表示されます。
c0011875_16563296.jpg

この時は、自動的に再起動され、正常に立ち上がり、現在まで問題なく動作している。

 以前に、Intel Graphics Driver が問題を発生させた事があったのを思い出した。この時の調査結果は、新しいドライバがまだ存在しないという事だった。DELL のサイトでダウンロードできるドライバを調べてみると、2006年10月に新しい Intel Graphics Driver が存在した。今までの不具合は、この新ドライバに更新する事によって解消すると判断した。多少の不安はあったが、このドライバを DELL のサイトからダウンロードし、インストールした。通常のアプリケーションのインストールの時には外さないソフト (ブラウザ、Explorer、Google Desktop、HDD Health等) まで終了させて。10秒程度で新ドライバの設定は無事に終了した。コントロール・パネルのシステムを開いてドライバが更新された事を確認した。次の画面である。
c0011875_17101573.jpg

この画面では、作成日時が2006年3月となっているが、DELL のサイトでは2006年10月である。この半年の間に DELL が動作確認したのであろうか。これで、Google Earth を思いっ切り使っても、落ちる事はなくなるだろう。
by utashima | 2008-04-06 16:43 | パソコン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/8603457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今度は別メッセージのスクリーン 2008年の桜(平沢官衛横の大... >>