VHS テープの DVD-R へのダビング開始

 2008年、明けましておめでとう御座います。本年も宜しくお願いします。

 年末に 10 年間使ってきた VHS レコーダが故障し、急遽 DVD レコーダ (VHS も使用可) を購入した。買った直後は、私は使わないだろうと思っていた。娘が必要とするだろうと考えて、大晦日に DVD-R を 10 枚買っておいた。それを眺めていると、私も使いたくなってきた。目的は、20 年位前から撮影してきた VHS ビデオカメラのデータを DVD-R にダビングする事。今 DVD に保存しなければ、残せないと思った。その VHS ビデオカメラは、1988年6月12日に19.3万円で買ったもの。記録するカセットは、VHS-C カセットであった。

 探してみると、VHS-C カセット (3倍モードで 60 分録画可能) が 10 数本あった。1988年~1999年の約 10 年間の撮影であった。手始めに、最も古い 1988年6月~1989年9月に撮影したテープを DVD-R にダビングする事にした。旧 NASDA の竹園宿舎の 402 棟に住んでいた時の映像である。20 年前のテープを再生できるか、不安であったが、問題なかった。1月1日の深夜から作業を開始して、終わったのは、午前3時30分。約 4 時間掛かった。開始が夜遅いのは、家族がテレビを観なくなる深夜まで待つ必要があったから。ダビング速度は 1 倍速なので、1 本の VHS-C カセット(60分のデータ)のダビングには1時間少々で良いと予想していたが、初めての事もあり、上記のように 4 時間も掛かった。今後は少し早くできるが、2.5 時間は必要であろう。その理由を、以下に簡単に記す。

 当初、VHS から DVD-R へ直接ダビングを試みた。16分程進んだ所でエラーメッセージのようなものが表示され、ダビングが止まった。HDD には、そこまでのデータがダビングされていた。このエラーの原因は判らないが、テープが古い事も関係しているのかも知れない。そこで、次に別の方法を試みた。(1) VHS から HDD にダビングし、その後、(2) HDD から DVD-R にダビングする方法である。(1)の時も、途中で数回、ダビングが止まった。しかし、止まった所からダビングを簡単に再開できた。この時、別ファイルとして HDD に保存された。(2)の作業では、HDD 内の数個のファイルを指定して、それらを 1 つの DVD-R にコピーできた。

 今後は、1 週間に 1 カセットの速度で、DVD-R にダビングして行こうと思う。上記の (1) の作業時は、どこでダビングが止まるか予測できないため、ずっとダビングされている画像を見ている必要が有る。今回、約20年前の映像を観て、とても懐かしかった。長男7歳、次男3歳、長女-4ヶ月(生まれる4ヶ月前)から始まり、長女が11ヶ月のところまでの映像。家内は良く頑張って来たな、と思った。
by utashima | 2008-01-02 14:42 | イベント | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/7887816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bigakira at 2008-01-03 12:43 x
あけましておめでとうございます。
帰国するとまたお世話になるかと思いますが本年もどうぞよろしくお願いします。

確かにそろそろVHSもDVDに移す頃合いですね。
2年前に8ミリフィルムを親が持ち出してきたときにはどうすればいいか途方に暮れました。
結局業者に高いお金を払ってDVDに移してもらいました。

僕は娘の成長をDVテープで取っているんですが今から頑張ってマメにDVD-Rにコピーしなければいけませんね。でもすぐにBlueRayとかに変えなくちゃいけないんでしょうけれど。
Commented by utashima at 2008-01-03 15:49
1988年10月生まれの長女の0歳~11ヶ月のビデオを見ていると、当時の事が思い出されます。bigakiraさんは丁度その頃ですね。頑張って下さい。帰国をお待ちしています。


<< ソーラー電波腕時計の買い替え テレビ録画機の更新(DVDレコ... >>