リビングに新テレビ

 2007年11月24日、我が家のリビングに、新しいテレビが届いた。ソニーのBRAVIA KDL-32J5000である。32インチ。もう少し大きなテレビが欲しかったが(37インチ~40インチ)、置き場所の制約から、横80cm、高さ59cmの枠に収まる必要があり、32インチが限界だった。32インチでも、製品により、この枠に入らないものが多かった。という事で、あまり選択の自由はなかったが、良い買物をしたと思っている。13万2300円であった。

 古いテレビは、廃棄処分とした。リサイクル費用2835円を支払って処分してもらった。12年間、何の問題もなく動作してくれた。買い換える事にしたのは、本ブログの以前の記事に書いたが、画面の第3象限と第4象限の画像の歪が大きくなったからである。下が、廃棄直前の古いテレビである。ブラウン管方式の29型であった。テレビの下に、ビデオ・レコーダを置いている。
c0011875_20281365.jpg

 新しいテレビの設置・設定とビデオ・レコーダとの接続は、電気屋さんにやって戴いた。地上波デジタルのチャンネル設定は、以下のようになっている。
  1ch:NHK総合テレビ(東京)
  2ch:NHK教育テレビ
  3ch:NHK総合テレビ(水戸)
  4ch:日本テレビ(アナログでも4ch)
  5ch:テレビ朝日(アナログでは10ch)
  6ch:TBSテレビ(アナログでも6ch)
  7ch:テレビ東京(アナログでは12ch)
  8ch:フジテレビ(アナログでも8ch)
ビデオ・レコーダはまだ使えるので、アナログ放送を録画して観る予定。後3年ほどでアナログ放送は無くなり、ビデオ・レコーダはデジタル・チューナを持っていないので、そのままでは使えなくなるが、その頃までには寿命が来て、ハイビジョン録画のできるレコーダに変える事になろう。下に、新しいテレビを設置した様子を示す。NHKの大河ドラマを放送していた。
c0011875_2050594.jpg

 地デジのハイビジョンは確かに綺麗だ。画像の解像度が上がった事で、遠近感も増しているように感じる。
by utashima | 2007-11-24 20:28 | イベント | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/7525967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みーや★ at 2007-11-27 14:05 x
周囲が密閉されているテレビ台に見えますが、熱とかこもらないですか?
ブラウン管のテレビが12年も持ったのなら余計な心配かもしれませんけど。
Commented by utashima at 2007-11-27 21:49
熱は心配していませんでした。気にしたのは、音です。S-Forceフロントサラウンドと名づけられた映画館に近い音を出す仕組みが付いていますが、パネル全体が枠に入ると、左右の背後からの音が出て来ない気がして。
実は、スピーカーがどこに付いていて、どこから音が出るのか、取扱説明書にも書いてありません。4cm×15cmのスピーカーが2つある事は書かれています。後ろからの音も出易いように、上の記事の写真より、幾分前に出しています。一応ステレオ感もありますが、この枠の所為で音を幾分殺しているかも。また、パネルからの排熱の穴がパネルの上面にあるように思います。排熱を考えても、できるだけ前に置くのが良いと思います。


<< ウイルスセキュリティ・ZERO... 2007年インフルエンザ予防接種 >>