JPL に滞在した20年前の日記を読み返した(8)

 Synergetic Plane Change Maneuver の研究のまとめも終わり、日本から家内の両親を迎えての1週間のドライブ旅行も無事に終え、10月25日の帰国に向けての準備を行なった1ヶ月間を振り返る。

 9月28日、S.C.Wu 博士に再び会い、論文を貰った。彼は GPS を使った衛星の軌道決定の研究をされていたと思う。彼のオフィスには、何度かお邪魔した。この時、私が近い内に帰国するという事で、研究以外の雑談もした。彼は、中国系の人で、カナダの大学で博士号をとり、1975年から JPL で研究されていた。話をしていると、彼が、数年前に私を JPL で見た記憶があると言う。確かに、1982年の夏に JPL に1日だけ打合せで来ていた。それは、NASDA の ETS-Ⅲという高度数百kmの技術試験衛星の打上げ支援のために、アメリカ東海岸にある GSFC(Goddard Space Flight Center) に、同僚と約1ヶ月滞在した時であった。日本に帰る時に、JPL に寄った。この時は、GSFC の衛星管制センターのエアコンの効き過ぎた場所で徹夜作業をしたために、私は風邪を引いており、しんどい会議だった。

 10月1日午前7時45分頃、大きな地震があった。数回に亘って揺れた。丁度朝食を摂っていた。味噌汁がこぼれ、花瓶が倒れた。震度は4位と感じた。ラジオでは、マグニチュード6程度と言っていた。震源は、住んでいた家から 10km 程度しか離れていなかった。アメリカ西海岸も、日本のように地震の多いところであるが、10月1日の地震以外は記憶に残っていない。この地震の後は、早く日本に帰りたいと思ったものだ。

 この地震の日の前日に、Efron 氏の車と私の車を交換していた。乗ってみて気に入れば、Efron 氏が私の車を購入してくれる事になっていた。地震の後、車庫に行き、Efron 氏の車が大丈夫な事を先ず確認した。帰国の数日前に、Efron 氏に車を買って頂いた。

 地震の後、JPL に出勤し建物を見ると、ひび割れが何箇所かに見えた。この日、1年間の滞在の感謝とお別れのメモを記して、同じフロアのメンバーに配布した。後で Efron 氏から、「みんな、興味深く読んでいたよ。」と教えてくれた。日本での仕事の進め方や職場環境などを、JPL のそれらと比較して記したので、興味を持って戴けたのだろうと思う。

 10月4日には、私の1年前に JPL に滞在していた H 氏が、出張先の Palo Alto から、Arcadia に来られ、一緒に食事をした。H 氏は、Arcadia の家と車(追突事故で廃車にしてしまった)を、私たちに回してくれた方である。食事の後、Burbank 空港まで送って行った。

 10月6日の朝、JPL の Bldg 301 (私の区画がある) から駐車場まで、7kg の小荷物を 2個持って歩いた。日本に送る資料を郵便局に運ぶため。重いので、途中で2,3回休んだ。車で郵便局に行き、受付のカウンターに持ち上げた時、ちょっと腰が痛いと思った。それから、次第に腰が伸びなくなった。その日は、午後3時頃、早退した。翌日、病院へ行った。腰に2本注射された。10月9日まで休んで、回復してきた。私は、2006年8月頃から本格的な腰痛になったが、20年前の上記の事は忘れていた。その後は、手押し車を借りて、小荷物を駐車場まで運んだ。

 帰国の数日前に、Arcadia の借りた家を大家さんに返し、近くのモーテル(Santa Anita Inn) に1泊した。そこで、Efron 氏の奥さんに車を引き渡した。その翌日、リトル東京にあるホテル ニュー大谷に行くが、足がない。JPL での仕事仲間 (インド人の Prem さん) が、車でホテル ニュー大谷まで送ってくれた。感謝。

 10月24日(日本時間)、16時前に成田空港に着いた。筑波宇宙センターの仲間が迎えに来てくれていた。18時に、竹園宿舎に到着。1年間の空白など何もなかったような気持ちだった。竹園宿舎の仲間の人達が家の準備をしてくれていて、とても嬉しく、感謝の気持ちで一杯になった。上下水道やガスなどの手配は全て終わっていた。

***********************************
 8回に分けて書いてきた 20年前の JPL 滞在記は、これで完結。私は、出不精で、基本的に生活環境の変化を嫌う性格であり、長期の海外研修に行くという事は、元々希望していなかった。行こう、行かねばなるまい、と心を決めたのは、家内の以下の言葉であった。

  「海外研修に行かないか、と上司から声が掛かった時、断わらないでね。」

日本に帰った直後も、現在も、行って良かったと思っている。その後の私の職業人生が変わるきっかけになった。
by utashima | 2007-08-13 14:46 | イベント | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/6705735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-06-08 20:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 2007年の盆休み 電球形蛍光灯の寿命 >>