World Community Grid 参加のその後

 2007年3月11日に、World Community Grid に参加し、約2週間が経つ。最初の2,3日は、画面の右下のタスク・トレイの CPU メーターMONICA は、60~80% を示していたが、その後はずっと 90~100% となっている。下の図を参照。赤の背景に白抜きの 100 がそれ。
c0011875_1544636.jpg

 しかし、PC を使っていて、重くなったという感じはない。WCG では、使用した CPU 時間に個々の PC の相対性能を乗じた量をポイントとして加算している。タスク・トレイの WCG のアイコンをダブル・クリックすると、下の画像の画面が表示される。
c0011875_1545056.jpg

 現在のポイントが 5347、私の PC の総合性能が、WCG 参加者の平均の 1.48倍である事などが判る。WCG のサイトを見ると、現在の参加メンバは約27万。その中で、私のポイント・ランキングは、約19万番目。毎日少しずつランキングが上がっている。上がっても、何も得るものは無いが。WCG の計算で、良い薬などができれば良いと思う。現在は、「筋ジストロフィー治療支援」、「Fiocruz ゲノム比較」、「がん撲滅支援」、「ヒトたんぱく質解析」、「FightAIDS@Home」 の5つの計算が行なわれている。どれも、医学関係だ。他の分野の研究にも使えば良いと思うが。

 ちょっと気になっているのが、ソフトのインストール等の時に、タスク・トレイにある WCG のアイコンを右クリックし、表示されるメニュー中の exit を選択して外す作業が増えた事。この作業が必須かどうかは判らないが、安全のためにそうしている。
by utashima | 2007-03-24 15:47 | パソコン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/5772644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ブリザド at 2007-03-24 20:14 x
PS3のFolding@homeでも、早くバックグラウンドで動く様になって欲しいです(PS3用プログラムはPS3メーカ側が用意したみたいです)^^;
Commented by utashima at 2007-03-24 21:59
IBM等はWCGのシステムで実績を積み、色んな会社や政府機関にグリッド・システムを売り込む事を考えているのでしょうね。

ちょっと調べてみると、NTT西日本がフレッツ・ユーザーに対して、1時間当たり2円を支払うサービスを2005年から開始しているようです。このレートで計算すると、1日10時間提供すると、年間7300円。ちょっとした小遣いになりそう。でも、それ以上の電気代を支払っているから、儲からない。なお、NTT西日本が計算依頼者から貰う金額は、PC時間提供者に支払う金額の約10倍でした。儲け過ぎの気もします。今後、グリッド提供社が増えて競争が激しくなると、PC時間提供者の収入も増えるのでしょうか。お金とは別に、遊んでいるCPUの有効利用は良いですね。

グリッド・システムにも、セキュリティ・ホールがある事も有り(人間の作るものだから当然か)、ちょっと心配も。


<< 尾道鉄道 SF 短編集 『沈黙のフライバ... >>