ウイルスバスタ 2007 へのバージョンアップの最悪の結末 (その4)

 ケーブルテレビの人の助言に従い、12月21日夜にブロードバンド・ルータを切り離した。そして、念のため再び 12月13日の復元ポイント(12月の Microsoft Update を実施する直前、VB2006 を使用中)まで戻した。VB2006 を再インストールした。PFW は定義通り「家庭用ネット1」。12月13日に行なった Microsoft Update はまだ保留。

2006年12月22日19時
 朝 9時に、朝日新聞のホームページに自動的に 5分毎にアクセスする設定にしていたが、回線に異常はなかった模様。この日一杯、正常である事を確認した。予定を変更して、ルーターの接続は最後にする事にした。23日に 12月の Microsoft Update を実行する予定。

2006年12月23日
 朝、問題なく PC を起動した。昼過ぎのネット囲碁対局も正常に終えた。残念ながら負けたが。この時点で、「12月のセキュリティ Update をしない状態+VB2006+ルーター無し」に問題はないと判断した。22日夜、この状態の復元ポイントを作成しておいた。
 23日、13時20分頃、Microsoft Update の12月分を実施した。PC を再起動。「さくらウォッチ」 は正常に時刻同期した。ブラウザで朝日新聞ホームページを5分毎に自動更新する設定にし、ネットが切れないか状況を見た。この状態の復元ポイントも作成した。
 16時。ここまで、ネット接続は正常。ルーターを繋いでみる事にした。PC の電源、モデムの電源を一旦切る。30分ほどモデムの電源を切って置いた後 (ルーターの取扱説明書に書いてあった)、モデムとルータを接続し、モデムの電源を入れた。その後、ルータと PC を接続してルータの電源を入れ、そして、PC を起動した。「さくらウォッチ」 は時刻同期が進まず、サイトを変更すると成功した。ブラウザも正常に各サイトを表示した。その後、VB2006 の PFW を 「家庭用ネット2」 に変更した。その後、PC を再起動した。再起動後、「さくらウォッチ」 は 1回で時刻同期に成功した。ブラウザの動作も問題なし。この状態の復元ポイントも作成した。1日程度使ってみる予定。

 この状態は、1週間前に VB2007 にバージョンアップした直前の状態である。1週間前は、VB2007 にバージョンアップしてネットが切れる症状が頻発した。

 ここまでの検討を振り返ってみると、途中の現象の中には私には説明できない事があるが、結果として、VB2007 を設定する前の正常だった状態に戻す事ができた。異常の原因はVB2007 だったと判断せざるを得ない。

 今後の対応であるが、VB2006 のサービスが終わるまで、今の環境を続ける予定。今後、1年位使えるだろう。2008年3月までの料金はトレンドマイクロ社に支払っている。余程の変化がない限り、VB2006 のサービスが終わる時は、別のウイルス対策ソフトへの移行を第一に考えたい。数年前にも VB には苦労させられたので。

 ルーター(WHR-AM54G54/U) のサイト(株式会社バッファロー) を調べると、ルーターのファームウェアの新しい版が存在した。ver.1.40。私のルーターは ver.1.30 であった。ダウンロードしておいた。12月23日はこのままで使用し、明朝、PC の電源を入れて正常であれば、ルーターのファームウェアを更新しよう。
by utashima | 2006-12-23 23:03 | パソコン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/5188745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ウイルスバスタ 2007 への... ウイルスバスタ 2007 への... >>