ウイルスバスタ 2007 へのバージョンアップの最悪の結末

 少し前に、ウイルスバスタの登録を更新した。その結果、VB2007 にいつでもバージョンアップできる状態になっていた。

 暫く VB2006 のまま使っていたが、数日前に思い出して VB2007 にバージョンアップした。数時間位(はっきり覚えていない)は問題なかったが、使っているとネットに繋がらなくなった。ファイアウォールの設定に問題があると思い、VB2007 の設定を見た。パーソナルファイアウォール (以下 PFW と略す) が 「家庭内ネットワーク1」 になっていた。これは、CATV モデムと PC を直接繋いでいる場合の設定と書いてある。今の環境は、無線 LAN 付きのブロードバンド・ルータを間にかませて PC にケーブルで接続しており、その場合は 「家庭内ネットワーク2」 になると書いてある。そのように変更した。変更後の数時間は問題なかった。しかし再びネットに繋がらなくなった。

[補足]
 ブロードバンド・ルータを導入したのは、2006年4月。それまでは、ケーブル・モデムに PC を直接接続していた。VB2006 の PFW は 「家庭用ネット1」 だった。その状態で、4月にブロードバンド・ルータを接続したが、VB2006 の PFW の設定は変更しなかった。それ以後の半年間、問題なく使用できて来た。

 Windows XP のファイアウォールでも良いと思い、それを設定してみたが、繋がらない。ファイアウォールを全く外すと、繋がる。

 仕方ないので、VB2007 をアンインストールし、VB2006 に戻した。何と、VB2006 でも繋がらなくなった。ソフトの設定ではやるべき事は全てやったと考えたので、ケーブル・モデムとブロードバンド・ルータをリセットしてみた。すると、VB2006 で使えるようになった。VB2007 にするのは怖いので、当分このまま使う積もり。偶にケーブル・モデムの異常のために、リセット・ボタンを押す事があるので (年に1,2回かな)、今回の異常の原因がモデムにあるのか、VB にあるのか不明。[2006年12月21日の補足:ケーブルテレビのサポート係りの人から、私のモデムの動作は、正常ですとのコメントを貰った。] XP のファイアウォールや VB2006 に戻しても繋がらなかった時はモデムに原因があったと考えられるが、最初に VB2007 を設定した時にモデムに悪影響を与えた可能性はないのかな。[2006年12月21日の補足:ケーブルテレビのサポート係りの人によると、ウイルスバスタの設定が、モデムに悪影響を与える事は、まず考えられないとの事。] 良く判らない。

 完全に復旧したと思い、ネット囲碁対局をした。100 手余り進んだ所で、回線が切れた。偶々かと思い、PC を再起動した後、再びネット囲碁対局をしたが、回線断を再現した。この時点で、VB2007 をインストールする前の復元ポイントに戻す決意をした。この機能は Windows ME の時代に使ったことがあるが、できれば使いたくない機能。でも、そんな事は言っておれない。12月13日の時点に戻した。復元は正常に終わったが、「VB2006 のファイルが異常なので再インストールせよ」との表示が出た。VB2006 を再インストールし、多分完全に12月13日の状態に戻った。ネット囲碁対局が正常に出来て完全と言えるが、今日はその元気は無い。腹立たしい数日間だった。

 ここまで書いて、これをアップしようとして、ネットに繋がらなくなった。まだ、問題が残っている。今回の問題は、今までに経験した中で最悪かも。まだ、解決していない。
by utashima | 2006-12-19 23:11 | パソコン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/5168123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ウイルスバスタ 2007 への... 最近のレーザー技術の進歩 >>