Google デスクトップの再インストールは取り止め

 職場の PC の C ドライブ残容量が減ったため、Google デスクトップをアンインストールしていた。その数日後に、復元ポイントの情報も最新のものだけを残して削除した。そのお陰で、 C ドライブ残容量は、2GB 近くになっていた。当分余裕があると判断し、便利だった Google デスクトップを再びインストールしてみた。

 Google デスクトップをインストールすると、最初に PC 内の全てのファイルのインデックスが作成される。その時、通常の PC 使用に影響を与えないように、CPU がアイドル状態の時だけインデックスを作成するようにできる。これがデフォルトである。数年前に同じ PC にインストールした時は、本当に他の操作の邪魔になる事はなかった。ところが今回は違った。WORD を使っていると、文字入力さえ表示が追いつかない状態になる。とても耐えられる状態ではない。結局、Google デスクトップのインストールは取り止めた。家庭の PC では快調に動いているが。

 Google デスクトップのヘルプセンターを見ると、考えられる主な原因として3つの事が書かれている。

  (1)ハード ディスクのデフラグが必要な状態になっている。
  (2)ブラウザのキャッシュが一時ファイルでいっぱいになっている。
  (3)気付かないうちに不要なサードパーティ製のソフトウェアがインストールされている。

(1)は有り得る。でも、デフラグはしたくない。(2), (3)は該当しない。結局、次に PC が換装された時にインストールする事にした。
by utashima | 2006-08-04 19:17 | パソコン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/4275909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Google Earth で見... Google Earth で見... >>