エディタ の テンポラリ・ファイル保存の功罪

 自作ソフトを使い、将来の天文衛星の軌道解析を行なっていた。5年~10年に及ぶミッション期間中の軌道計算を行ない、時々刻々の軌道要素や位置・速度などをテキスト・ファイルに出力。その後、これを幾つかのグラフにして検討。細かい値を確認するなどのために、エディタでそのテキスト・ファイルを開く。

 私は、エディタは「秀丸」を使っている。上記のテキスト・ファイルは非常に大きなファイルであり、読み込むのに数秒~10秒掛かる。上の一連の作業を色々な軌道に対して何度も行なっていると、「C ドライブの残容量が少なくなりました。・・・・」というメッセージが表示された。

 職場で使っている PC は、数週間前に確認した時には、C ドライブの残容量が 800MB 程度は存在した。その後、新しいソフトのインストールはしていないので、C ドライブの残容量が減る要因は考えられない。一連の軌道解析作業が影響しているとは思ったが。ソフトに詳しい若い人に相談に乗ってもらった。C ドライブのテンポラリファイルが格納されている色々なフォルダを調査してくれて、原因が判明した。感謝。「Documents and Settings」 の下の 「Local Settings」 の中にある 「Temp」 フォルダ内に HIDxxxx.tmp という大きなファイルが沢山あった。これらを削除すると、C ドライブの残容量は 1GB を超えた。後で、「秀丸」を調べて、このテンポラリファイルを残さない設定に変更すれば良い。

 自宅で、「秀丸」の設定を調べた。「秀丸」のメニューの右端にある「その他」を押し、上から 2番目の「動作環境(E)...」を押す。すると、下のウインドウが開く。この図は、「パフォーマンス」を押したところ。「テンポラリファイル再利用 あり」となっている。これが原因だった。
c0011875_10274397.jpg

「詳細(D)...」ボタンを押すと、下のウインドウが開く。
c0011875_10295548.jpg

赤丸を付けた所のチェックを外して、テンポラリファイルを残さない設定に変更した。会社の PC も同様に設定すれば、C ドライブの残容量の減少はなくなるだろう。

 C ドライブの残容量には以前から気を使っている。2 年位前に、OS が主記憶の一時格納場所として使うスワップファイルを、デフォルトの C ドライブから D ドライブに変更している。D ドライブは十分に空いているから。それ以降は、新規にソフトをインストールする時も、可能な限り、D ドライブに入れるようにしている。今回の処置により、C ドライブの残容量 1GB 前後を確保できる目処が付いた。一安心。
by utashima | 2006-05-27 11:24 | パソコン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/3956438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hirota at 2006-05-30 13:37 x
ディスクのクリーンアップをすると一時ファイルなどは消えるはずですが、定期的にやってないのですか?
それとも、Windowsの規約に従わないようなソフトで、クリーンアップでは消せないとか?
あと、僕はwebを見た後はブラウザを落とす前に毎回ディスク・キャッシュを空にしているんですが、やってますか?
Commented by utashima at 2006-05-30 18:46
時々、Cドライブの残容量を確認してクリーンアップをしています。
今回扱ったテキストファイルは、150MB程度のサイズがあります。見終わってエディタをクローズしても、その時のエディタの設定では同容量のテンポラリ・ファイルがCドライブに残っていました。これを知らずに、何度も同程度のサイズの別のファイルを開いては閉じる事を繰り返したのです。2時間程度の間に、Cドライブの残容量は、160MB程度にまで減りました。
ブラウザの件ですが、オプションに、終了する時にキャッシュを消すと言うものがあり、それをオンしています。


<< 学生の NHK 受信料 太陽-地球系 L2点周りのハロ... >>