「だいち」のPrismセンサ画像(富士山)の立体視

 2006年1月24日に打ち上げられた陸域観測技術衛星「だいち」の初画像が JAXA のホームページに公開された。プリズムという名のパンクロマチック立体視センサーの観測画像である。そのホームページには、立体化した富士山のムービーもアップされている。しかし、私は、2つの画像を左右の目で交差して見る立体視が好きなので、公表された2つの画像を 90度回転し、交差視で立体に見えるように配置してみた。以下の画像が、それである。衛星は、左から右に飛行している。これらの画像は、1 画面に収まるように RESIZE しており、JAXA ホームページからダウンロードした画像はもっとサイズが大きい。

c0011875_9144524.jpgc0011875_9145763.jpg

 ホームページには他に、清水港の画像も公開されており、自動車を 1台ずつ認識する事ができる。今後、他のセンサーの画像も公開されるものと思われる。期待したい。
by utashima | 2006-02-16 09:06 | 宇宙開発トピックス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/3535404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< CATVのプレミア・サービスへ... 梅園公園の梅 >>