コウモリが屋根裏に

最近、深夜に2階の寝室の天井から小動物の足音が聞こえる。北側の窓の下に糞が落ちている。コウモリが疑われた。

今日の午前にヘーベルハウスの人とコウモリなどの専門家に来て頂き、調査して貰った。
 (1)北側窓下のコンセントを外して壁の中を撮影した。大量のコウモリの糞が見つかった。
 (2)天井裏に入るのは、構造上困難と言われ、北壁内の調査だけとした。
   コウモリが入り込んでいる事が確実となった。7月頃は繁殖期らしく、屋根裏に子供のコウモリが居る可能性がある。
 (3)壁内の糞は、コウモリなどの専門家に強力な掃除機で取り除いて頂いた。丼6杯分程の糞が出てきた。

今後の対策は、
 (a)コウモリが入り難くなる様に、シャッターを毎朝夕に開閉する。
   我が家のシャッターは開でも閉でも隙間があるが、侵入経路が違うため、コウモリにはストレスとなる。この窓のシャッターを常に開としていたのが、コウモリの侵入を容易にした原因らしいと言われた。
 (b)8月頃、必要と判断すれば、シャッター上部の隙間を覆うブラシ状のものを取り付けて貰う。これを付けると、コウモリの出入りが難しくなる。
 (c)最近のシャッターは、隙間が殆ど無いタイプらしいが、それに変更するには、かなりのコストが掛かるため、不採用とした。

コウモリの習性(専門家から伺った話)について
 ①7月は子育ての時期。
 ②朝4時頃~午後7時頃(日が沈んで少し暗くなった頃)は、屋内で休んでいる。
 ③午後7時頃から1回約2時間の外出(餌取)をする。これを翌朝4時頃まで繰り返す。

コウモリは法律で保護されており、駆除してはいけない。何故保護されているのかと聞くと、蚊を食べてくれる等の良い面があるためらしい。
by utashima | 2017-07-10 19:27 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/26804119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 自転車のタイヤ交換 普段利用するガソリン・スタンドを変更 >>