録画失敗のBD-Rを交換

 2016年1月にPanasonic製BD-R(25GB)10枚セットをヤマダ電機で購入した時、「録画に失敗した時は持って来て頂ければ、録画できない事を店で確認し、新ディスクと交換します」と言って下さった。この時のBD-Rセットは2枚正常に録画できていた。今日、3枚目を使って録画しようとした。しかし録画に失敗。夕方にヤマダ電機に領収書と共にBD-Rを持参した。10分程度待っている間に、録画できない事を確認して頂き、新BD-Rを頂いた。
 今までに録画に失敗したBD-Rは何十枚あったか分からない位。ネットで購入した事が多いので、不良品だから交換して欲しいと電話しても、断わられていた。

 最近は、ヤマダ電機とネット購入との価格差は殆どなくなり、上記のように持参すれば交換に応じてくれる事が分かったので、ヤマダ電機で買おうと思う。価格差が開けば、考え直すが。

 なお、BD-R DL(50GB)は、Panasonic製でも録画できない事が稀ではないので、当面は25GB版の購入としている。

[追記(2016年5月7日)]
 上記の10枚セットの最後の1枚を使ってダビングを試みた。すぐにエラーが出て終了。2度と記録できなくなった。今日、ヤマダ電機に持ち込んだら、上記の時とは異なる対応。「6か月前からディスクの交換には応じない事にした」と言う。上記の10枚セットを買う時、店員に交換を確認しているが、それは今年の1月後半。今日の店員がいい加減な返事をしたのか、前回の店員が店の方針を知らずに対応したのか、分からないが、困ったものだ。今回は、店からPanasonicへ連絡してくれる事になったが。どんな返事がPanasonicから来るか。

[追記(2016年5月8日)]
 先ほどPanasonicから電話があった。不具合のあったBD-Rを着払いで郵送してくれたら、新しいディスクを送ると言う。
 私が送る時、ディスクが壊れないように、緩衝材の入った封筒などを購入して送らねばならない。郵送料だけの負担では済まない。更に、このような事態は、今回限りではなく、今後も続く筈。10枚セットの中の数枚は書き込みに失敗するのが今までの状態。よって、私は、Panasonicの提案をお断りした。
 私が提案したのは、不良品を店に持参し、店からPanasonicに送って戴くと言う方法。多くの商品がこのような方式になっていると思う。しかし、先例がないとかの理由を付けて、OKして貰えなかった。
 PanasonicのBD-Rは最も品質が良いと思っているが、それでも私の経験では10%程度の不良品がある。このような不良品を買ってしまったユーザーへの対処法は考え直すべきと、Panasonicの人に伝えて、この件は終わりとした。
by utashima | 2016-03-24 17:43 | パソコン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/25444507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< NASAはミュー粒子を使って小... 20、30年前の解析検討が役立... >>