我が家に FAX 開通 !

 数日前に筑波に激しい雷雨があり、数分間の停電があった。家に帰ってみると、電話の留守録機能が故障していた。通話に支障はなかったが、新築時に設置してから10年経っている事、Fax が付いていない事のため、買い換える事にした。

 先ず、インターネットで Fax が付いているだけの安い機種を探した。ほぼ機種が決まりかけた頃、家内が「ドアフォンも繋がるものでないとダメよ」と言う。ドアフォンの事は頭になかった。我が家にも大抵の家庭と同様に2つのドアフォンがある。門柱に取り付けられたものと玄関ドアの横に取り付けられたもの。これらのドアフォンとの接続はどうなっているのか、と考えていて、10年前を次第に思い出して来た。ドアフォン・アダプタという10センチ四方の薄い装置が、ドアフォンと電話機とを繋いでいる。通話できると言う事は、ドアフォン・アダプタも正常と言う事。

 既設のドアフォン・アダプタを使うとなると、電話機のメーカーは今までの電話機と同じメーカーにしなければならない。我が家では Panasonic を使っている。機種選定をやり直し、2つの子機と Fax が使える機種を選択した。
 次に問題になったのは、電話機の設置場所。今までは壁に掛けて使っていた。今回、Fax の付いた機種となると、壁掛けはできない。今まで掛けていた壁の下には、背の低い小物入れタンスが置いてある。その上に置こうと考えた。ここまでの検討の後、近所の大型家電販売店に行き、Fax 電話機を購入して来た。

 古い電話機を取り外し、新しい電話機を小物入れタンスの上に置き、壁の穴から出ている電話線コード(6極6芯)を更に取り出そうとして困った事になっているのに気付いた。この電話線コードは、壁の向こうに設置しているドアフォン・アダプタから伸びている。しかし、10センチ余り足りない。次男が電話線の延長コードが販売されている事を思い出し、すぐに電気店で買って来た。その電話線延長コードを繋ぐと、新しい電話が使えるようになった。ホッと一息ついた。
c0011875_2134372.jpg
 しかし、確認のためにドアフォンを押してみたが、反応がない。電話機の取扱説明書を読み返したが判らない。次男が気付いた。ドアフォン・アダプタからの電話線コードは6極6芯でなければならないと書いてあった。次男が電気店から買って来たのは、6極4芯であった。今度は私が電気店に行き、6極6芯の延長電話線コードを探した。ところが、見当たらない。店の人に聞くと、メーカーから取り寄せる事はできるが、普通は販売していないと言う。ドアフォン・アダプタからの電話線コードはメーカー毎に独自の仕様であり、Panasonic の場合、2メートルの長さのものが、ドアフォン・アダプタに付属している。店員の話では、延長しても通信できるかどうか判らないという。よって、電話線コードの延長は諦めた。

 小物入れタンスの上に、1辺が40センチ程度の立方体形状の本箱を置き、その上に電話機を置いて、ドアフォン・アダプタからの電話線コードを繋げる事にした。そして、次男と一緒に、家具店と日曜大工店を回って適当な家具がないかと探した。3000円~7000円程度のものが2つほど候補に上がった。次男が携帯電話のカメラでそれらを撮影し、帰ってからみんなで写真を見て検討した。結局、日曜大工の得意なお祖父さんに自作して貰う事になった。

 右の写真が、完成した状態である。画面左上の壁に付いている黒い物体が、古い電話機を支えていたものであり、そこからドアフォン・アダプタからの電話線コードが出ている。壁の穴を塞ぐためにそのまま利用している。

 最後まで解決を延ばしていた事がある。ドアフォン・アダプタはどこにあるかという事。10年前に入居した時、壁の向こうの部屋の押入れの側壁にそれらしい装置を見たような気がした。その部屋はお祖母さんが使っており、押入れの中を見せて貰った。上下の押入れと天袋の側壁を見たが見つからない。家の間取り図も、お祖母さんの部屋の押入れに付いている事を示している。住宅メーカーに電話して質問すると、床下や天板の上などに設置する事はないとの事。再度、お祖母さんの押入れを調べさせて貰い、天袋の側壁にその装置を見つけた。1回目に何故見つからなかったのかと疑問に思ったほど。将来、ドアフォン・アダプタからの電話線コードが切れたりしたら、私達では交換は困難であろうと思った。電気屋さんに工事をお願いする事になろう。
by utashima | 2005-08-11 21:00 | イベント | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/2479801
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ブリザド at 2005-08-13 14:31 x
FAX導入成功、おめでとうございます^^
我が家のFAXは2台目です。ネット時代にFAXもなんだかな~ と思う時もありますが、週に一度は利用する機会があるため手放せません^^;
Commented by utashima at 2005-08-13 15:47
確かに、職場ではメールが殆どで、Fax は何年も使っていない気がしています。消耗品の補充が必要な商品は購入したくないのですが、家族の要求なので仕方なく。
Commented by at 2006-02-26 22:58 x
半年前の記事を今更読んだのですが、これ、個人的に馴染みのある機種です。写真で見間違いをしていないとするなら、OEM品がNTTで出てる奴ではないかと(でんえもん262DCL)
これはドアホンボックス外付けで2台のドアホンが扱える機種なんですが、メーカー純正じゃなくても、市販の電話用モジュラーコードで使えると記憶しています。
Commented by at 2006-02-26 22:58 x
コードは6極6芯になるので、コード単品の店頭売りは確かに珍しいのですが、通信用ケーブル屋の類(愛三電機等)では扱ってますし、既製品の長さ(0.5、1.5、3.0、5.0(m))であれば、6極6芯なので取り寄せに時間はかかるでしょうがNTTでも売ってます。
NTTに電話して、「U-ドアホンボックスの6極6芯コード、長いのが欲しいんですが」で長さを先のものから選んで言えば、手配してくれるかと思います。ドアホンボックスは多分、UではなくEのほうが同タイプの互換品だと思いますが、コードの規格は一緒ですから。
Commented by at 2006-02-26 22:59 x
あとは、壁のアウトレットパネルも秋葉原の高架下で売ってたりしますね。今の壁掛け金具の代わりに塞ぐ分だけなら、部材代は300~800円程度でしょうか。壁と繋ぐベースの枠と全体を塞ぐプレート(1個口)、中央からコードを出すための丸穴のパーツ(ベースの枠に固定する)。それくらいでしょうか。秋葉原を庭にしている人が身近に居れば、買ってきてもらうのもありかと思います。電気工事業者でも小分けしてくれるかもしれませんね。

以上、電話工事者の駄文でした。
Commented by utashima at 2006-02-27 00:09
コメント有難う御座います。電気店の人が「ドアフォン・アダプタの延長コードは、長くすると動作するかどうか」というので、その時点で諦めました。日曜大工も好きでないので、今も写真の通りです。
Commented at 2012-05-13 16:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< H2 ロケット 1 機による火... [9]忍者ツールズの異常動作 >>