『携帯電話の故障、回復』のその後

 12月1日に突然、携帯電話が起動できなくなったが、原因ははっきりしないがバッテリが劣化していたので、新バッテリを購入し、今日郵便で届いた。

 バッテリ交換するには、取扱説明書を見ると、最初に「電源を切ってから・・・」と書かれている。携帯は暫く放置していたので画面は真っ暗なので、この状態が電源が切れている状態と誤解してバッテリの交換を済ませた。ところが、電源ボタンを押しても何も表示されない。仕方ないので、ドコモ・ショップに行って、解決。

 「電源を切る」というのは、電源ボタンを長押しして切る事を意味していた。購入した当初は覚えていたが、何年も「電源を切る」事が無かったので、完全に忘れていた。バッテリ交換後は、多分強制的に電源が切れた状態になっているのだと思う。電源を入れるには、電源ボタンの長押しが必要。ところが、いつものように、ちょっと押すだけで電源が入ると誤解していて、起動しないと思い込んだというのが、今回の真相。

 情けない話でした。
by utashima | 2014-12-05 19:12 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/23169364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 年末の車(FIT)整備2014年 携帯電話の故障、回復 >>