携帯電話の故障、回復

 2010年3月にドコモ・ショップでSH-03Bという携帯電話を購入し、使い続けている。2012年3月に無料点検サービスを受け、バッテリーを無償で交換して貰った。それから2年8カ月が経過。

 今朝(2014年12月1日)出勤のために家を出る時に、いつものように充電器から携帯電話を外し、電源が入る事を確認してポケットに入れ、出社した。昼前に携帯電話を触ってみたが、電源が入らない。何も予兆が無かったので、驚いた。バッテリーを交換してから2年8カ月も経っているので、電源の異常だろうとは思っていた。夕方、帰宅途中にドコモ・ショップに寄る事にした。

 昼休みには、直らなかった場合、何に替えようかと思いをめぐらした。この携帯電話で、月2000円余りを出費している。スマートフォンにすると、6000円以上になりそうなので、すぐに選択肢から消した。NEC、Panasonic、富士通、シャープから、まだガラケーが販売されている。これらの中から選択しよう等と考えていた。

 夕方、ドコモ・ショップに行くと、故障対応の待ち時間が約1時間。新しいスマートフォンを眺めたり、まだ販売されているガラケー同志を比較したりして、時間をつぶした。順番が回って来て、携帯電話を店の人に渡した。バッテリとメモリーカードを取り出した。バッテリが少し膨らんでおり、劣化しているとの事。バッテリとメモリーカードを元に戻すと、電源が入った。中のデータも消えていない。バッテリは劣化しているので新品とすぐに交換したいが、在庫がないということで、注文して帰ってきた。家で充電して、問題なく使えている。
by utashima | 2014-12-01 22:50 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/23150761
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 『携帯電話の故障、回復』のその後 朝日新聞の特典電子版を使用開始 >>