ga002 講座『インターネット』の修了証

c0011875_10405726.jpg  gacco(無料で学べる大学講座)の2番目の講座ga002『インターネット』の修了証を頂いた。これも合格ラインぎりぎりだった。試験問題には、選択肢から答えるものと、論文形式のものがあるが、論文形式のものは、ga001の時と同様に回答しなかった。自分の文章を作るには、専門用語をきちんと確認し、曖昧な点を調査でつぶして行かねばならない。この作業が面倒なので、選択肢問題だけで勝負している。従って、受かってもぎりぎりである。

 ga003『国際安全保障論』を6月中旬から受講し、先日試験問題もやり終えた。例によって、論文問題は回答しなかったので、今回は合格ラインに1%足りなかった。しかし、現実世界の安全保障問題を研究者たちはどのように分析しているのかの一端を窺えて面白かった。ちょうど、日本では日本版NSC、集団的自衛権、集団安全保障などの議論が盛んである。
 この講義を受けて、真の世界平和は永久に実現できないだろうという持論に戻ってしまった。世界には世界政府とでも言うべき権力を持つ組織は存在しない。一国の統治もままならない国が少なくなく、世界の未来を示すものかと思ったEUも内実は問題が多い。
 人間も動物の一種であり、動物の世界は弱肉強食の世界である。人類の脳は、まだ弱肉強食から決別する方式を見出せていない。広い宇宙に進化した文明を持つ高等生物がいれば、情報を発信している筈だという考えの下、地球外知的生命探査(SETI)がずっと行われているが、その存在の兆候はまだないようだ。地球外生命の誕生はあると思っている。しかしながら、科学技術の発達はどんどん進んで物凄い兵器などはできそうだが、脳力が世界平和の方向にはあまり寄与せず、結局滅んでしまっているのではないか。

[補足(2014年8月9日)]c0011875_6213195.jpg
 ga003『国際安全保障論』は得点が合格ラインに1%足りないと思っていたら、試験問題にミスがあり、合格ラインが下がって、私も合格し修了証を頂けた。
by utashima | 2014-07-11 10:41 | パソコン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/22351014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 計算機の驚異的な発展を世界平和... 『世界史再入門』(浜林正夫著、... >>