EarthQuake 3Dソフト

c0011875_12453097.jpg 今年の2月に「窓の杜ニュース」で EarthQuake 3D というフリーソフトを知った。過去1週間以内に発生した世界各地の地震を3D地球儀上に表示するもの。米国の国立地震情報センター(NEIC)がWeb公開している最新の地震データを読み込み、地震のマグニチュードの数値とそれに応じた大きさの同心円を、発生した地域の上に表示。同心円の色は、地震の発生日時が新しいほど白く描かれる。

 右の図は、今日(2005年5月21日)実行した画面。これは過去1週間のマグニチュード約5以上の地震だけを表示した。 環太平洋地震帯で地震が多い事が判る。 それと、スマトラ沖地震が起きた辺りで、いまだに地震が続いているのが判る。日本付近も地震列島の面目躍如の多さ。
by utashima | 2005-05-21 12:45 | パソコン | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/1842716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ブリザド at 2005-05-21 21:22 x
このEarthQuake 3Dソフト、歌島さんが動かしているのを拝見したことがありますが...静止画ではなく、動画での表示は感動物です~^^
何だか、ずっと見てると新しい法則性を発見できそうな気に...(^▽^;)
Commented by utashima at 2005-05-21 22:08
このマップを見て、まだ表示できていないものがあるのに気付きました。(多分)震源の深さです。同心円の中心から直線が伸びてマグニチュードが表示されていますが、この直線の長さを深さに比例させるとかは、如何でしょうか。それにしても、このようなソフトが日本から出ないのが残念です。
Commented by kodama at 2005-05-22 07:43 x
オンラインならこんなのや
http://www.iris.edu/seismon/

前世紀にはこんなのがありました。
http://www.sensorium.org/breathingearth/index-j.html

ちなみにUSGSではこんな予報を公開しています。
http://pasadena.wr.usgs.gov/step/
Commented by utashima at 2005-05-22 09:36
 EarthQuake 3Dへ繋がる歴史が想像できるサイトの紹介、感謝。最初の iris.edu のものは、2D版ですね。次の breathingearth は3D表示ですが、地球は自転しない。地震を表わす小球が世界中で出没する様は面白いというか異様と言うか。これらの経緯を経て、EQuake3D が出て来たのですね。
 最後のUSGS の予報サイトは、私のブログでも紹介しています。
Commented by kodama at 2005-05-22 10:20 x
ううっ、今気づきました。。。orz
ときにUSGSのは去年から公開してるよですが、報道は御存じでそうか?

****

今夜おひまでしたらどぞ。(^^;
http://wwwsoc.nii.ac.jp/ssj/kondan05-JM.html


<< エキサイト・ブログで、図のアッ... 日米の地震に関するホームページの公開 >>