ネット回線速度増強と電話の統合

 今日、我が家の電話(KDDIのメタル・プラス電話、基本料金1500円)を、ACCSのケーブル・プラス電話(基本料金1396円)に切り換えた。基幹回線をNTT回線でなく、各地のケーブルTV回線を利用する電話システムである。そのついでに、ネット回線も今までの6Mbpsから100Mbpsに増強して貰った。

 ネット回線には30Mbpsのサービスもあるが、100Mbpsとケーブル・プラス電話を一緒に契約する事で比較的大きな割引があるので、100Mbpsに決めた。TV の方は、以前から再送信サービス(ほぼ地デジのみ)を利用している。こちらは、2016年3月までは年間2310円だが、それ以降は月額735円に上がる。
 今までと今後の月額料金をまとめると、以下のようになる。

                 今まで       今から2016年4月まで    2016年4月以降
TV再送信サービス      193円           193円             735円
ネット回線          3990円(6M)       4515円(100M)      4515円(100M)
電話             1500円           1396円            1396円
プースタ・レンタル                      315円             315円
  合計            5683円          6419円            6961円

 実際に100Mbps回線でインターネットを利用してみた。7年目に入った古いPC(xp)でも20~30Mbpsの速度が出ている。職場でのネット速度と同程度である。工事の人が持ち込んだPC(xp)では90Mbpsが確認された。その人の話では、xpでは約40Mbpsが上限との事。その人のPC は改造したもの。最近の新しいPC(Windows 7)に替えれば、50~60Mbpsが出るのかも知れない。

[補足(2012年5月19日)]
 電話回線をケーブル・プラス電話に替えるために行なった工事は、リビングに隣り合った祖母の部屋の天袋に設置されているドアホン・アダプタ(Panasonic製)の横に、電話用のケーブルモデム(CM6560TV, NEC製)と周波数変換器を設置した事。祖母の部屋のTV端子に接続している。1995年に設置したドアホン・アダプタは、現在も同じ型番の製品が使われている事をPanasonicのホームページで知って驚いた。

 100Mbpsに増速するには、プースタを交換する必要があった。1995年に新築した時、ACCSはTVサービスだけだった。我が家にはTV端子が計8ヶ所にあり、信号レベルを上げるためにプースタを設置していた。
 2000年3月にACCSはネットサービスを開始、私はすぐに申し込んだ。その時、外から取り込んだケーブルを2つに分け、1つをそれまで使っていたプースタに接続し、もう一つを直接私の部屋のネット端子に接続した。つまり、ネット回線はプースタを経由していなかった。取り付けられていたプースタには、ネット回線も増強する機能は無かった。この辺りの事は、今回の工事を見ていて知った。6Mbpsまでは、それで良かったが、それ以上高速の回線とするには、ネット回線のブーストも必要になった。TV台数が少なければ、プースタは不要かも知れない。
 TVとネットの両方をブーストする機器に取り換え、その費用を月315円のレンタル料として支払う事とした。

 TV視聴料金は、1995年から再送信サービスを利用している。ほぼ地上波12チャンネルだけのサービスである。地上波以外の色々な番組も視聴できるサービスは、2台目以降も5割程度の月額費用が必要であり、我が家のように台数が多いと、負担できない(したくない)。その点、再送信サービスは、台数に依存しないのが助かる。2016年4月から再送信サービスも約3.8倍に値上げになる事をACCSに電話して知った。ちょっとショックだったが、やむを得まい。

[補足2(2012年5月19日)](xpでは約40Mbpsが上限との事。その人のPC は改造したもの。)
 xpの標準設定では、遅い回線の時代に妥当だったパラメータ設定になっているため、現在のブロードバンド回線の能力が十分に発揮できないようだ。レジストリを高速回線に合わせて適切に変更すれば、速くできるらしい。私は、自信が無いので、xpの標準設定で使っている。
by utashima | 2012-05-18 18:31 | パソコン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/17982062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 田中彰氏がブログ開設 『開国と幕末変革(日本の歴史1... >>