銀星囲碁12と互角の勝負に

 昨年12月から『銀星囲碁12』を使い始めた。12月末までの対戦状況を以前の記事に記している。10戦して私が1勝できるかどうか、という状況であった。ソフトの設定は、制限時間15秒とした最強(4段)で、私がいつも白を持っている。

 3月6日から現在までの14戦では、7勝7敗のタイである。今年の1月、2月と勝率0.1程度の対局を続ける間に、自分の欠陥が見えてきた。対戦していると、ソフトが巧い手を打ってきて、こちらが困る状況になると言う事が何度かある。局後にその時の状況を分析する。

 相手が人なら、殆ど負けない相手にそれほど真剣にはなれないと思うが、相手はソフトなので、いつも全力で対戦してくれる。僅か2,3ヶ月で4段の『銀星囲碁12』と互角に対局できるようになるとは、予想していなかった。

 囲碁ソフトは、今後も強くなり続けるであろうが、私もそれに挑戦して棋力を向上させたい。
by utashima | 2012-03-31 23:30 | 囲碁 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/17753677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 家内が国民年金第一号被保険者に NASA 探査機ミッションの3... >>