震災による自宅損傷の修復完了

 2011年11月29日、東日本大震災による自宅損傷の修復を終えた。と言っても、修復費用10万円余りの軽微な損傷であったが。11月29日9時から4名の工事関係の人が来て下さり、15時過ぎまでに、修復を完了して頂いた。

 2011年3月11日、東日本大震災の日の夕方、17時頃に帰宅した。帰路の信号機の半数程度は消えていた。家に着いて玄関の外灯が点いているのを見て、ホッとした。しかし、玄関の扉を開けると、悲惨な状況が飛び込んできた。更に進んで、リビングとダイニングに入ったが、食器、書籍などが飛び出して部屋中に散らばり、液晶テレビも倒れていた。足の踏み場がなく、ガラスの破片もあって不用意に裸足で入るのは危険な状態だった。何をどうしたらよいか、茫然自失。家内の両親は怪我もなく無事だった。

 義父と共に、リビングに座る場所を確保するために、少しずつ片付けを開始した。家内と娘は、埼玉県越谷市に出かけていたが、無事に夜遅く帰って来た。弘前大学に進んでいた次男は、春休みを筑波で過ごすために、3月11日の昼に車で筑波に向けて出発していた。途中で大地震に遭い、高速道路が使えなくなり、一般道に降りて、通行止めを避けながら、深夜に筑波に帰って来た。彼の車にはカーナビが無く、かなり苦労したようだ。大震災後の片付けに、次男の力は大きな助けになった。感謝している。家族全員、無事だったのは、何よりであった。

 この付近の震度は、6弱であった。この家は、今まで震度5までは問題なく耐えていた。震度6弱により、階段の両側の内壁の接合部が破損していた。家具が倒れた部屋では、家具が倒れる時に内壁に穴を開けていた。暫くしてへーベルハウスから被害の調査に来られ、修復工事の予定・見積もりを聞いた。我が家は、軽微な被害だったので、修復工事は最後にして貰った。今後、震度6以上の余震が来ない事を願っている。
by utashima | 2011-11-29 17:13 | イベント | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/17148949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hirota at 2012-02-03 18:45 x
歌島さんとこは僕よりひどかったんですね。
僕は覚悟して家に帰ったら、縦長の食器棚すら倒れてなくてガラスのコップが2つ転がってただけでした。
なぜあの揺れで食器棚が倒れなかったのか不思議な上に身長程度の高さから落ちたはずのコップたちが割れてないのも不思議でした。
Commented by utashima at 2012-02-03 23:16
竹園付近では大した事は無かったという話も聞いています。並木付近は我が家と同様に室内の被害があったとか。地盤の違いなのでしょうか。今回の震災で、諸行無常、形あるものは壊れる、を実感しました。


<< 『天下泰平(日本の歴史16)』... 『天下泰平(日本の歴史16)』... >>