銀星囲碁10の評価(22局対戦後)

 22局対戦後の銀星囲碁10の評価を行なう。銀星囲碁10では、以下の5つの型から1つを指定して対戦する事ができる。一般型、三連星、小林流、中国流、ミニ中国流である。前半3つで対戦してみた。後半2つは、まだ未経験である。

 一般型:5勝5敗
 三連星:5勝5敗
 小林流:1勝1敗

である。戦った印象では、三連星が最も手強かった。しかし、数局対戦する内に勝てるようになった。現時点で判断すると、私の方が多少強いと感じている。しかし、石が接近して来て、攻め合いになると、要注意である。銀星囲碁10の読みはかなり正確である。相手の石を取り込んだと思っていたら、後で動き出されて負けた事もある。
by utashima | 2010-01-09 12:12 | 囲碁 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/13442060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みーや★ at 2010-01-12 17:03 x
囲碁ソフトをやり始めてみたのですが、6級で壁に当たってしまいました。
詰め碁で正解の手順を示されてもなぜそうなるのかが理解できないという感じです。
このあたりは数をこなせば身につくものなのでしょうか?
Commented by utashima at 2010-01-12 18:44
詰碁は私も苦手です。
正解の手順が納得(理解)できない場合、頭で考えるだけでなく、実際に囲碁ソフトで(或いは石を置いて)、別の手順をやってみる事だと思います。
正解以外の手順では、相手が生きる手がある訳なので、それを探してみては如何ですか。
Commented by みーや★ at 2010-01-18 17:27 x
おかげさまで6級を取ることができました。
ソフトは間違い手順でもミスが確定するまでは進めることができるので、苦手な問題は延々とやってました。
今度は、2目作るのか、相手の石を取りに行くべきなのか、という判断が難しいです。
ゆっくりステップアップしていきたいと思います。
Commented by utashima at 2010-01-18 19:30
どんなソフトを使っているのですか。
Commented by みーや★ at 2010-01-19 09:35 x
プレイステーションポータブルの、“梅沢由香里のやさしい囲碁”です。
通勤途中等にぽちぽちとやってます。


<< PC での DVD再生に若干の不安 『武士の成長と院政(日本の歴史... >>