液晶テレビのバックライト用インバータ基板の交換

 購入して約2年になる20インチのシャープ製液晶テレビ LC-20GH1 の画面が、チラついたり暗くなったり真黒になったり。祖父が使っているテレビである。購入先のヤマダ電機に電話し、その翌日に症状の確認のために来てくれた。バックライト用インバータ基板の故障と診断された。更に翌日、その基板を交換して貰った。バックライト自体は問題なかった。ヤマダ電機の「The 安心」に入っていたので、費用は全て無料だった。

 職場や自宅の PC の液晶ディスプレーは、4,5年使って来たが問題なかった。2年で故障というのは、早過ぎると思って修理に来てくれた人に聞いてみた。稀ではないとの返事。液晶テレビの裏側を開けた事がないので興味があり、インバータ基板の交換の時、祖父と一緒に作業を眺めていた。同じシャープ製の20インチ型でも、機種により基板の構造は違っているとの事。今回のものは、初めての機種だったようだ。インバータ基板の交換の場合、機種により、交換し易いものとそうでないものとがある。今回の機種は、最悪のものだった。交換対象の基板は端が見えていた。しかし、それを外すには、殆ど全て (4~5枚) の基板を順番に外す必要があった。多分、薄くするために、修理のやり易さが犠牲になっているのだろう。

 リビングで使っている 32インチの液晶テレビも、約2年になる。大丈夫かな。
by utashima | 2009-11-01 17:29 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/12810730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 職場のPCの故障・交換 『武士の成長と院政(日本の歴史... >>