卓上時計の買い換え

c0011875_1625524.jpg 1991年12月に、我々宇宙開発事業団 (NASDA) 職員は、右の写真の卓上時計を会社から貰った。何の関連で貰ったのかは、覚えていない。書斎の机上において使ってきたが、スヌーズ機能も付いており、毎朝の目覚ましにも利用した。

 スヌーズ機能オンオフのスライド・スイッチの接触不良のため、同じカシオの同等の時計に買い替えた。スヌーズ機能は、約30分間、5分おきにアラームが鳴り続ける。起きて書斎に来て、スヌーズ機能を一旦オフにし、翌朝のためにすぐにオンしておく事を毎日繰り返した。約18年間使ってきた。そのため、スライド・スイッチの接触が悪くなったようだ。


c0011875_16283933.jpg 今回新しく購入したのが、右の写真の時計である。同じカシオ製。980円である。旧時計にない新しい機能は、電波時計機能と温度計測機能である。温度計測の精度は、±2度と書いてある。別の温度計と比べると、2~3度高めに表示される。

 スヌーズ機能のオンオフは、旧時計と同じスライド・スイッチで行なう。私の使い方では、スヌーズ オンの設定にてアラームが鳴っている時、あるボタンを押せば、翌日のスヌーズは有効のまま、約30分先までのアラーム音は解除して欲しい。こうすると、毎日スライド・スイッチを動かす必要が無く、接触不良も発生しない。しかし、18年も使えれば、十分かな。
by utashima | 2009-05-17 16:12 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/11556398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 13年乗ったオデッセイの車検 次の Solar Cycle ... >>